スポンサーリンク

『着信履歴』|洒落怖名作まとめ【長編】

スポンサーリンク
『着信履歴』|洒落怖名作まとめ【長編】 長編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

着信履歴

 

今ここで昔のことを懺悔します。
明日にでも死ぬのではないかと思うと毎日が嫌になります

ここに書こうと思った発端は一昨日のことでした。
「本当にあった怖い話」がやってましたよね。スザンヌとかがゲストで。
その時に「着信履歴」という話がありました。
友達を置いていったら入らないはずのその友達の着信が…
というやつです。私は以前、それと全く同じことをしてしまいました。

いや、それ以上に危ないことを。
ここに書けば「パクリ乙」だとか煽られるのでしょうが、私はそれを望んでいます。
私はあれを幻だとか気のせいだと思いたいのです。
不可思議で、どう考えてもおかしいことが
立て続けに起こったのですから。私はそれを信じたくないのです。
前置きが長くなりましたが、今から懺悔したいと思います。

そうですね、あれは5年ほど前のことでしょうか。
私は「着信履歴」と同じことを、同じ場所でしたのです。
私と友人A,B,友人Aの友人であるC(ほぼ赤の他人です)がAの車であるセレナに乗って
地元の山の方へ行っていた時のことです。
山の方、と言っても歩けば30分程度で麓の自宅に帰れるほどの距離で、
そこには心霊スポットがありました。
あんまり大きく噂は流れていないのですが、知人達の間では結構流れているのです。

そのトンネルの中に入ると女が追いかけてくる、だとかありきたりな話でしたが
そこの近くの林では地元の自殺数の90%を占める自殺者が首を吊って死んでいる、
というのは知っていました
私たちはそこへ行き、「着信履歴」と同じことをBにしました。
そのトンネルの入り口にそこそこ大きな石があり、
それに触れると祟られる、という噂があったので
私たちはそこへ行くようBをけしかけ、置いてけぼりにしたのです。

今思い出すととてもひどいことをしました。
私たちは麓へ徒歩でも歩いていけることに安心したのか
Bを車の中へ入れず、そのまま家に帰ってしまったのです。
「今度会ったら謝ろう」と言って、私たちはその日解散しました。

次の日、Bの家に近かったAから電話があり、「Bが帰ってきていない」みたいでした。
家には鍵がかかっており、Bは家にいるときは絶対に鍵をかけない人間だったので、
まだ帰ってないと判断したみたいです。
私はCに連絡し(電話番号は聞いていました)、
Bの件を話して、あそこへ行こう、と言いました。
Cは罪悪感もあったのか、すぐにokの返事をし、
Aの家まで行くことになりました(Cと私は家が近所でした)

自転車でAの家に向かい、車であの場所へ。
ついた時、異変を感じました。あの石が無くなっていたのです。
私たちは首をかしげ、周りを見渡してみると、林へ続く獣道に石が転がっていました。
まるで誰かに投げられたかのように。
林の奥の方へ行くと、微かに腐臭がしました。

その林は結構入り組んでいて
見つからない死体もあるそうです。
私たちはあまり木を見ないように(林だから無理なのですが)進んでいきました。
もしかしたら、と私は木を見て歩きました。Bが自殺しているかも、という万が一を考えたのです。

ですが私の目には薄暗い林の木しか見えなく、私たちは戻ることにしました。
とりあえず、Bの部屋に行くことになりました。
大家さんに事情を話して鍵を貸してもらい、大家さんと一緒に部屋へ。
鍵をあけて入ったとき、微かに、ほんの微かにですが、あの林の臭いがした気がします。
玄関を抜け、リビングに入ったとき、私は腰を抜かしそうになりました。

Bが首を吊って死んでいました。
さらに、顔はとても笑顔で、しかし目だけは笑っていませんでした。
ニヤニヤ、という表現が合うのか合わないか、
という顔で私たちを見下げていたBは、今でも目に焼きついています。
大家さんはわれ先にと家から出ていきました。

私たちは「通報しないと!」と思い、電話を探しました。
玄関の近くにあり、Aが受話器をとって電話をしました。
その時、ふとAを見ると、そのAの背後に、
リビングに居たはずの首吊りをしたBが、その状態で立っているのです。
立っている、という表現はおかしいですね。吊るされていたのです。
私とCは声を上げられませんでした。

あの目だけが笑っていない笑顔がとても怖かった。
Aの首にロープがかかるのを見た瞬間、私とCは脱兎のごとくかけだしました。
その間Aの「どこに行くんだよ!待てよ!」という叫びを背にしながら。

その後2時間ぐらいしました。私とCはBの家に行くことにしました。
Aの安否を確かめなければ、と思ったのです。

Bの家の鍵は開いたままで、私たちはおそるおそる入り、電気をつけ、後悔しました。
Aが首を吊っていたのです。Bの、あの笑顔と一緒の顔で。
私たちは家を飛び出しました。翌日Bの部屋の前をとおりかかると、警察がきていました。

警察に「何かあったんですか」とシラを切って聞くと、
「通報があってきたら、通報したと思わしき人物が死んでいた」
と言いました。Aのことだと思い、「その人だけだったんですか、死んでいたのは」と聞くと
「そうだよ。その人だけだった。君、何か知っているかい」と警察が私を好奇の目で見るので
私は何でもありません、と言って、私は家に飛び込みました。

Bは、一体どこに行ったのでしょう。そう考えると、私は鬱になりました。
もしかすると今も首にロープがかかっているのかもしれない、と、私はどんどん神経質になります。
首ばかりを気にして、首に何かが当たると、
私はBが来たと思い、それが杞憂だと知ると、安心するのです。

それを繰り返していまして、それから3年、今から2年前ですね。
Cが死んだ、ということでした。あの林で。
私はBのプレッシャーで自殺したのかとも考えましたが、なんだか違う気がします。
最悪のことを思いました。CはBに殺されたのだと。
次は私の番だと思うと、いてもたっても居られなくなり、地元を離れ、今の家に住んでいます。

それから1年私は家から出られませんでしたが、今はなんとかアルバイトをしています。
ついこの間、あの警察官が亡くなったことを知りました。見た感じ結構お歳だったので
多分病気か何かだろう、と思っていましたが、その人、首を吊って死んだみたいです。
あれから5年。私の身のまわりで首吊り自殺者は10人を超えました。
事件の関係者や、A,B,C,私の身近な人。

あの時の大家はまだ生きているみたいですが、次は私かその人のような気がします。
最近呼吸がちょっとし辛くなりました。何かが巻きついている感じです。
鏡を見ても何もありません。
病気かな、と思いながらも、来た、と思うと、私は夜も眠れません。
私は、罪を償いたい。でも、どうやらそれは殺されるしかないようです。

□ □ □

でもそれだけ関係者が死んだのならもっと大騒ぎになりそうな気も・・・
それと警察官が死んだのを知ったのはどーいう経緯でしったんだ?

私たち4人の親類の死因が全員自殺ではありませんでしたし
私が母子家庭でしたが、母は体が少し弱かったので病気で逝きました。
それに、前にも書きましたが、自殺者が多いのでよくある話、ということになります

その警察官は、事件から1年ほど経った後知ったのですが、私の母の友人の夫さんだったようで
あの後一部始終を話し、(勿論信じて貰えませんでしたが)少し連絡をとっていたのですが
疎遠になってしまい、この間母の友人から警察官が死んだということを知りました。
死んだ人の親族に死に方を聞くのは失礼だと思い、自分で解釈するにいたりましたが…

私の少なからず縁を持ったこのスレを見ている人達に被害がいかないことを祈りながら

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました