スポンサーリンク

【実家に住み着いてる幽霊】『めしうま』と後日談|長編 – 洒落怖 – 名作

スポンサーリンク
『めしうま』と【後日談】|長編【洒落怖 名作】不思議な話・奇妙な体験まとめ 長編
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

『めしうま』

 

俺の実家の幽霊の話です。

当時は家族5人で暮らしていた。

祖父、祖母、母、俺、弟。

祖母は数年前、突然亡くなった。

母は男が出来て突然いなくなった。

俺は結婚して出て行った。

そして今はその実家には、祖父と弟だけが暮らしているというわけ。

家の造りはかなり古くて、
知らない人が見たら誰も住んでないんじゃないかと思うような
ボロボロ極貧なたたずまい。

昭和初期からあるような家のイメージ。

家の中はなんとも薄暗く、
太陽の光がほとんど入ってこないような造りになっている。

だから、昼夜問わずに家の中は常に薄暗い。

壁は土壁で、天井にはクモの巣があるわ、
調度品はいつの時代から置いてんだよみたいな古いモノばかりだし、
タンスのうえには和人形

(テレビとかでよく見る毛が伸びるようなああいうような人形)

やキモチノワルイフランス人形?のようなモノが
長い間ホコリをかぶっておいてある。

そんな不気味な家だ。
なんで誰も掃除しないんだよ!

って突っ込むとこなんだが、家族全員会話もほとんどなく、
基本的にみんな家の中のことに我関せずなんだよな。

いろいろややこしい家庭事情なこともあって・・・そこは話すと長いから省略する。

本題にはあんまり関係ないと思うし。

家がおかしいことに気付かされたのは、俺が高校生のときだった。

それまでは知りもしなかったさ。

きっかけは当時付き合っていた彼女と部屋でイチャコラしてたとき。

彼女「・・・・・・」ブルブル

いきなり震えだす彼女

俺 「どしたの?」

彼女「・・・・・」ブルブル

俺 「なに?(キメェwww)」

彼女「・・・・女の人がこっちをジッとみてる・・・」ブルブル

俺 「そんなことあるわけないしwwwwなに言ってんのwwww」
そのとき付き合ってた彼女は若干電波なところがチョコチョコ見受けられたから、
また始まったよハイハイ程度に聞いてた。

自演乙wwwみたいな。

霊が見えるだの、ハッキリいって全然信用してなかったんだ。

・・・まぁその「女の人」というのが後々俺をガクブルさせることになるわけだが。

ガクブルしてたがメンドクサイというか聞きたくもないので、
放置してたが、あまりに長いこと震えてるから聞いた。

俺 「はいはい、で、どんな女の人よ?」

彼女「白い着物着て、部屋のすみからこっちをじっと見てる。」

彼女「目が、煤みたいに真っ黒・・・」

俺 「ふうん。っていうかやめようぜ、気持ち悪いから普通に。」

俺 「オレ、毎日ここで寝てんのに、寝れなくなる。」

彼女「ゴメン・・・」

想像したらあまりに怖くてついイラっとして話を終わらせた。

というか普通に怖いです。
で、その彼女はちょくちょく俺の部屋に遊びに来るものの、
よく電波なことを言っていた。

あるときは突如

彼女「シッ!今男の人がドアの前に立ってこっち見てる」

俺 「バカなの?ドア挟んでるのにこっち見れねぇwwwバロッシュwww」

とか。

またあるときは

彼女「この部屋に刀あるでしょ?」

俺 「なんで知ってんの?」
この頃、バカまっさかりだった俺は部屋のタンスの奥に
なぜか日本刀を所持していた。

ちなみにその刀は祖父が第二次世界大戦のとき持ち帰ったものらしい。

聞いたところによると当時、
その刀で人も殺したこともあるそうだが・・・ホントかどうかはシラネ

彼女「その刀になんかいろいろ集まってきてる。早く捨てたほうがいいよ。」

俺 「あ、あぁ・・・」

さすがにこのときは「この子ホンモノ?」って思った。

知らないはずのものを言い当てられてビックリしたから。

他にもいろいろ電波なことを言ってたけど、記憶に残ってることだけ書いた。

他にはいきなり何もないところを見つめてたり、
突然走って帰っていったり、なんせ変なヤツだった。

そしてその彼女とはほどなく別れて、平和な日々が戻ってきたときです。

その数ヶ月後、元カノと寄りを戻すことになった。
(↑に書いた彼女とは別の子)

その元カノも霊感が強いらしい。

先祖が巫女の家系だった。

わかりにくいから呼び名つける。

刀を見破った彼女 ⇒ 電波女

寄りを戻した彼女 ⇒ 巫女

で、電波女に言われたことがちょっと引っかかってた俺は巫女に聞いてみた。

そのとき巫女が俺に部屋に遊びに来ているときだからちょうど良かった。
俺 「なぁ、俺の実家って何かいてる?」

巫女「何かって?」

俺 「幽霊とか」

巫女「あぁ、いっぱいいてる」

俺 「ちょwwwなんで前に付き合ってたとき黙ってたwwww」

巫女「言ったら気にするでしょうよ。」

俺 「確かにー」

俺 「で、どんなのがいてる??」
俺はちょっとwktkしていた。ちょっとしたwktkで聞いたんだ。

そしたら・・・

巫女「んー、言わない。ってか見たくないし。」

俺 「えっ、なんでwww」

巫女「普段見ないようにしてるのに、
見ようとしたらなんでもかんでも見えるようになるからイヤだ。」
なんか封印みたいなもんらしい、
1回能力を解放してしまうと次々見えてしまうんだとか。

霊感ある人って、そういうもんなの?

俺 「いやいや、そこをなんとか!!!」

俺は必死に懇願した。なぜそんなに必死なのかというぐらい懇願した。

巫女「・・・。そこにもいてるし、どこにいてるとかってレベルじゃないよ」

巫女「この家全体にうじゃうじゃいる。」

俺 「ほ、ほぅ・・・」

正直引いた。
俺 「よくそんなとこにいて平気だな」

巫女「うじゃうじゃいるって言っても、
1つ1つは浮いてるようなやつだから気にしなかったら別に害はない。」

俺 「そうなんだ・・・」

もう俺完全にビビってた。

基本的に幽霊は信じてるタイプで、怖いのも苦手。

でも別にそんなに霊感強くないし、
生まれてから何度か不気味な体験をした程度だった。

巫女「でも・・・」

俺 「なに?」

巫女「ヤバイのがいるにはいる」

俺 「どういうこと?」

巫女「女。」

まさかと思った。

俺 「え、どんな?」

巫女「んー・・・あんまし言いたくないけどなぁ。
ってか今見られてるし。そこにいるよ。」

もう何言うか頭のどこかでわかってるけど、聞かずには終われない俺がいた。

俺 「どんなの?」

巫女「目がない。白い着物着てる。」

俺 「・・・・・・。」

一致した。

もちろん、電波女と巫女は一切面識はない。

これまではもしかしたら幽霊はいるのかしれんと思ってたが、
俺はこのとき幽霊ってやっぱりいるんだなぁと改めて思った・・・。
その後はもう気になってしょうがなかったから、ねほりはほり聞いた。

なんでも、その女の人はかなりの別格なんだそうだ。

今までいろんなのを見てきた中でもSクラス、
比較できないくらいにエグイ怨念をもってるらしい。

殺すなんてぬるいわ…
不幸になってしまえばいい…
人の不幸を見てるのが究極だわ…

要約するとこんな感じの幽霊らしい。

なんてめしうまなヤツ。(以下、めしうま)

俺の母親はバツ2なんだが、
いつも結婚してもうまくいかないのはめしうまのせいって巫女が言ってた。

俺もこれまで実家で何回か心霊体験をしたことがあって、
それを思い出してみると合点がいった。

中学二年の冬、夜中二時頃にトイレにいったとき
廊下の窓の向こうに光る物体が目に入った。

窓はスリガラスでボヤっと見えただけだからあまり気にせずにトイレに入った。

でもふと思った。

トイレに向かう廊下の窓の先は壁があるだけだから、
バイクの光も反射するわけないし、
ましてや人が深夜二時になんか光を持って通るわけがない、と。

で、あ、いるって本能的に思った瞬間、
開いていたトイレの小窓を女の顔だけがこっちを見ながら横切っていった。

その女、めしうまの特徴と一致。

中学三年の夏、めずらしくも家族旅行にいく前夜で夜中まで寝付けず、
テレビを見ていた。

そしたらいきなり俺の部屋のドアがガタガタ言い出した。

えっ?と思ってテレビの音量を下げてドアに意識を集中させた。

でも特に何も起きないから、またテレビの音量をあげた瞬間、
またガタガタ鳴っている。

ドキッとして、テレビの音量を下げた瞬間、
ドアの向こうでなんとも表現しがたい女の笑い声が聞こえた。

なんというか、人間の声とはちょっと違うような、幼女のような成人女性のような・・・

とにかくなんとも表現できない笑い声だった。

旅行前夜で雨戸はすべて閉め切っていたし、みんな寝静まっていた。
今思えば、幼少期(4~5歳位かな)にも電波女と巫女が言うような
特徴の女を何度も目撃していたような気がする。

夜寝ているときに、目が覚めて、和室だったんだけどふすまの向こうに

(ガラスですりがらす)

女の人が、すり足みたいな感じでふすまの端から端を何度も往復して
歩いているのも朧げに覚えている。

すりがらすで見えないはずなのに、なぜか女の人だと頭ではわかる奇妙な感覚。

そのとき俺は、それを母親だと思っていた。

今思えばそれもめしうまなのかと思ってしまう。

 

 

後日談

 

俺、当時21歳。

まぁ、書いた通り、基本こんなお化け屋敷な感じだし、
家族仲は悪かったので当然、実家から一刻も出たいと思うわけね。

で、21歳のときに上で書いた二人目彼女と結婚することになったから
ここぞとばかりに実家を出た。

基本スーパー怖がりだしね。

んで、実家出てからはもう立ち寄ることがなくなった。

この彼女をKとします。
その後しばらくKとは順調に結婚生活を送って、
子どもも授かり幸せに暮らしてたわけよ。

Kは霊感持ちだから、ちょいちょい変なことを言ったりはしてたけど、
基本的には幽霊とかは意に介さない性格なので、平和なもんだった。

ちなみに俺は憑依されやすい体質らしく、
取り憑かれてるときはKが教えてくれたりしてた。

取り憑かれてるときは自分では気付かないんだけど、
とにかくめちゃくちゃ思考回路がネガティブになる。

でもそうやって教えてもらった後は、
すぐに取り憑いてたやつらはどっか行くみたい。

結婚生活中、アパートに住んでたんだけど、
件の女幽霊はごく稀にそのアパートにも出没することがあったらしい。

距離とかそんな概念ぶっ飛ばして飛んでくるらしい。

マジこわい。

結婚してから二年目くらいかな。

Kとの夫婦仲が怪しくなってきた。

Kはよく実家に帰るようになり、
俺の食事はレトルトカレーが皿のうえにポンっと置かれてたりした。

俺はそんな生活に苛々しながらひたすら嫁子供の生活だけは
死守しなければならんので仕事に勤しんでた。

自営業だったから仕事は家でするのが基本なんだけど、
まぁ嫁子供はいつもどっか行ってていないっていうね。

そしたら段々と何のために仕事してるのかよくわからんくなってきたりして。

バカバカしく感じてくるよね。

今思い返せば、若い思考だと思うし、
ちゃんと家族向き合って復元に努めるべきだったと思う。

子供も小さいんだし。

まぁ、結果、二年目で離婚した。
最終的な理由は、Kの借金。

でもそれはあくまでトリガーにすぎず、
根本的に関係復旧する気になれなかったから。

Kが実家に帰ってばかりで、正月すらひとりで漫喫で年を越すような、
そんな虚しい生活を早く終わりにしたかった。

離婚に関する整理が諸々済んで、
さぁこれからは別々に幸せになりましょうで別れのとき、Kはこう言った。

K「あいつ(女幽霊)が、ニヤニヤしながら
あなたの後ろに憑いてこっちを見てるのが見えた。」

と。

ゾッとした。

まぁ言われてみれば、離婚直前のとき、
すべて無くなればいいのに何もかもどうでもいき壊れてしまえばいい。

みたいな、そんな思考回路でしかなかった。

取り憑かれてたのかな?とも思ったものの、
なんでもかんでもそうゆうののせいにするのは良くないと思って、
気にしないことに決めた。

でもまぁ後味は最悪ですわなぁ。
離婚してそれから、協議離婚は揉めたりすることもなく済んだので、
Kとはたまに連絡を取ったり子供に会ったりしながら独身生活に戻り、
マンションを借りて1人で暮らし始めた。

新しく恋愛したりしながらも、
別段変わったこともなく普通の独身ライフをそこから5年ほど送っていた。

Kはその間に再婚したらしく、俺の子供は新しい父親を本当の父親だと認識するだろうし、
連絡するのも迷惑な話だろうとKとは途中から疎遠になっていった。

このあたりのことは女幽霊の話は全く関係ないのでハショリます。

あ、俺には弟がいるんだけど、弟も俺のちょい後に離婚してた。

理由は知らん。
そんなこんながあったりで、俺はつい数ヶ月前に再婚することになった。

金銭的な事情やらもあり、この再婚を気に今は空き家となっている
我が実家に住むという選択肢があがりだした。

ここで俺的に大問題なのが、女幽霊の件。

仮にKとの離婚が彼女の言うように本当にその女幽霊のせいなのだとしたら、
とてもじゃないが実家になんて住めるわけがない。

もう二度と離婚するのはゴメンだ。

そこで俺はだめもとで、本格的に浄霊できる霊媒師がいないか調べ始めた。

浄霊さえして、女幽霊がいなくなれば、
実家はボロボロなだけで害はないのだから経済的メリットを選択したい気持ちだった。

ネットで探してもこういう類のことは霊感商法ではないと断言できるところもなく
雲を掴むような感じだった。

そんなとき、Kから連絡があり、再婚相手が裏切って離婚したらしい。

んで、俺の実子がお父さんお父さんと泣きやまないものだから、
本当のお父さんは別にいるのよと、、
そんな下りで数年ぶりにKと実子に会うことになった。

それで、会ったときついでに、霊感があるKのことだから、
ダメもとで本物の霊媒師は知り合いにいないか聞いてみた。

そしたら、いるそうだ。
早速俺は後日、その霊媒師にコンタクトを取り
相談の日取りを取り付けられるようお願いした。

ネットで検索しても一切出てこない神社の神主さんだった。

そして、神主さんとの面談の日が来た。

神主さんにその女幽霊のことを諸々話して、本当にそんなやつがいるかどうか、
離婚した原因は本当にその女幽霊なのか。

などなど、諸々を聞いたけど、
実際に現場で見てみないと何とも言えないの一点張りだったので、

また後日、我が実家に出向いてくれるとのことらしいで日程を取り付け、
この日は帰った。

ほんのり不信感を抱えながら。

神主はすごいヘラヘラというか飄々とした雰囲気だったし余計。

そして一週間が経って、神主さんが実家に現れた。

神主さんよりも年上の70歳くらいのお爺さんも同行していた、
どうやら弟子的なポジションのようだ。

ちなみに神主さんは50歳くらい。

不思議なヒエラルキーをそこに見た。

家族も極力同席してほしいとのことだったので、急遽俺の弟も呼んだ。

神主さんは相談にいったときとは違って、表情はキリっとしてた。

本気モードなのだと察した。

それから実家にあがって頂き、
すべての部屋を神主さんは真剣な眼差しで見ていた。

俺はその様子を不安な面持ちで見ていた。

弟はヘラヘラした表情でキョロキョロしていた。

俺 「どうですか?いますか?」

神主「んーー。
おっしゃってた女の人っていうのは今のところ感じませんねー。」

俺「そうですか。やっぱもういないんですかね?」

神主「いやいや、でも幽霊は自分が除霊されるとわかったら隠れたりしますからね。
強い者ほど。」

俺 「なるほど。」

神主「でもまぁ、鳥肌は立ってますし、何かしら居るのは居ますよ。」

俺 「なるほど…」

弟 「ナルホド」

神主「とりあえず、始めます。浄霊。」

と言って、部屋に、神主が持参した祭壇?のようなものや、
日本酒やら野菜やら供え物を置いて着々と準備を進めていった。

下っ端のお爺さんが。

俺 「どんな感じで今日は進んでいくんです?」

神主「まずはこの部屋の中を浄化された綺麗な空間にして、神様を呼びます。
それから、この家にいる霊を呼び出して浄霊していきます。
そのあと無事に浄霊が済めば、家の中を最後にお清めして終わりです。」

俺 「わかりました。」

弟 「(ニヤニヤ)」

この時点でも俺はまだ半信半疑だった。
そして、いよいよ浄霊の儀式が開始された。

下っ端お爺さんが経を唱えだし、神主さんが続いて経を唱えだす。

このとき俺はなんか知らんけどものすごく気分が悪く今にも吐きそうだった。

弟もお腹が痛いと言っていた。

そして俺と弟は、経を呼んでる様子を楽な姿勢で見守っている。

お経が終わった。
神主「さて、それではこれからこの場所に、家の中にいる霊を呼びます。
そして、お二人のどちらかに入れます。」

憑依させるということらしい。

神主「私が何か話したり経を唱えたりしてますが、
いいと言うまでは絶対に目を開けないで下さい。」

なんか急に厳かな雰囲気になってきた。

俺だいぶビビってきた。

なんせスーパー怖がり。

神主「それから、この紙を手を合わせて挟んだままにしておいてください。
絶対に手を離さないようにしっかり手を合わせておいてください。
多分、だんだん勝手に手が開いてくると思いますが、
それでも我慢して手を合わせ続けてください。」

そう言って、人型の紙に俺と弟のぶん二枚、
それぞれ生年月日と名前が書かれたものをくれた。

もはや、離したらどうなるのかすら聞くこともなく、ただただ従うことにした。

そして俺、とりあえず気分が悪くて吐きそうである。

神主「姿勢はラクにしててもらっていいですからね。
あぐらかいててもらって大丈夫。
それでは、始めます。」

そう言って、さっきの経とは違うテンションで、儀式が始まった。

下っ端「ぉぉおおおおおぉおおおおお!!!!」

神主「この家に憑いてる者、出てきなさい。
いるんなら手を振りなさい。」

俺は異形の室内のテンションに思わず笑いそうになる。

神主「いるんやろ?出てこんかい!!」

神主さんが急に言葉遣いが酷くなってる
俺は相変わらず吐きそうである。

神主「おるんはわかっとるんじゃ、
隠れてんと出て来い!おるんやったら手ぇ振ってみぃ!!!」

俺の合わせた手が揺れだした。

俺の意識はハッキリしている。

ただただ吐き気があるばかり。
神主「そうじゃ、もっと振ってみぃ、手ぇもっと振ってみぃい!!」

これは俺に言ってるのかなんなのか、俺は自分の意識はハッキリしてるので
その声はスルーすることにした。

俺の合わせた手は、揺れたり止まったりしている。

そしてあぐらをかいて座ってたんだけど、身体が勝手に前後にゆっくり揺れだした。

え、ナニコレ。

って感じ。

意識はあくまでハッキリしてます。

弟の様子は目を閉じてるので、もはや知らね。
神主「なんでこの家のもんに迷惑かけるんじゃ!
お前らここにおったらあかんのんわかっとるやろが!!」

神主「今から順番に成仏させてったるからなぁ、そこ並んでいけぇ!!」

だいたいこんな感じのこと言ってたと思う。

え?順番?並ぶ?何人いらっしゃるんですか。

目を閉じた先では着々と何かが進行していっている雰囲気。

相変わらず俺の意識はハッキリしている。

吐き気はマシになってきた。

神主「オイこらぁ、まだおるんちゃうんかい!
隠れてんと早よ出て来んかぃ!!」

神主「お前が呼んで来たんやろコイツらは。
お前も成仏さしたるから早よ出て来んかい!!!」

なんか、女幽霊と特定するかのような言葉が飛んでいる。

神主「お前こんなことしてもしゃあないやろがぃ。
あぁ?!
ここの家族バラバラにして楽しいんかぃ、おい。
そんなことしてもお前に何にもならんやろが!!」

もう、確実に件の女幽霊のことですかね。

コレは。

とか考えてた矢先、急に俺に異変が始まる。

段々と呼吸が荒れてきた。

息がしづらくなってくる。

しばらく止まってた身体の揺れが、またさっきより大きく揺れ始める。
神主「なんでそんなことするんや?!
裏切られたからってそんなもんする意味あるんかい!!」

段々と神主さんの言葉も支離滅裂になってる。

俺の意識は相変わらずハッキリしている。

でも、呼吸がもう過呼吸の領域に達し始めた。

身体も前後にグワングワンとありえん速さで揺れだしてる。

俺は頭の中で、えっ?!なになに?!?!これ絶対おかしい!!!って感じ。

神主「そうか。
悲しかったなぁ、辛かったんやなぁ。
でもそれがここにおってええ理由にはならへんやろ?」

と、神主さんが言うとともに、俺の異常は突然ピークを迎える。

俺「アアアアアアアアアアアアアアアア(泣き声)」

女の声が、男の俺の口から出た。

ちなみに地声はすこぶる低い。

カラオケいってもGReeeeNなんて歌えない。

出るわけのない声が出た。

そして、これまでの人生で味わったことのないレベルの
哀しみの感情が俺の仲を埋め尽くしてくる。

でも俺の意識はハッキリしている。

すごく不思議な感覚。

なんとも言えない、例えられない感覚。

とにかく過呼吸状態、ヨダレ垂れ流し、女の声で泣きわめく俺。

完全に室内はカオス。

神主「よしよし、辛かったなぁ辛かったなぁ。
約束してたのになぁ。
ちゃんと来世で幸せになったらええんや。
そのために拝んだるからな、ちゃんと幸せなったらええんや。」

神主さんが俺を慰めてくれる。

俺の脳内、極めて冷静。

しかし俺の中で哀しみに溢れかえる不思議な感情、泣き叫ぶ俺。

でもその慰めの言葉に、なんか、もういいか、
というような感情に変わる感覚を味わう。

本当に自分の感情がふたつあるような本当に不思議な変な感じ。
そして、過呼吸の中で意識が飛びかける中、
ようやく浄霊の儀式が終わった模様。

身体のダルさがハンパない。

弟、地面に這いつくばりうなだれる俺をドン引きの表情で見つめている。

神主「終わりました。しんどかったでしょう。
お疲れ様でした。大丈夫ですか?」

そうして、浄霊は終わり、
そのあとは家の中全体のお清めをして、
神主さんと下っ端さんは帰っていきました。

俺はしばらくしんどすぎて動けず、ずっとそのまま横になってました。

神主さん曰く、件の女幽霊は実在し、
実際に家庭不和を誘発させる悪霊だったそうです。

原因はうちの家系の先祖と結婚の約束をしていて裏切られ、
服毒自殺したことで、文字通り末代まで呪う悪霊になっていたそうです。

うちの家系は母親の前もすべて離婚家系です。

その女幽霊の他にも、8体の中堅クラスの霊も家の中に常駐していたそうで、
それらは女幽霊が組織化したものということでした。

そして、無事にすべての浄霊を終えて成仏したそうです。

途中ずっと気分が悪かったのは、服毒自殺したから、
生体に憑依したとき同じような症状が出たとの豆情報も残してくれました。

実際、儀式のあと、嘘のように吐き気がなくなってました。

体験した話は以上です。

これまで、その女幽霊に怯えて不安がりながら生きた10年以上は無事に幕をおろしました。

そして、彼女が感じていた哀しみの気持ちは想像を絶するレベルのものでした。

そりゃこんなに哀しい気持ちになったら死にたくもなるよってレベルです。

俺自身、ずっとどこか怯えていたし幽霊殴れるもんなら殴ってやりたいと思ってましたが、
俺に憑依して感じた彼女の気持ちは同情というかそれに近い想いになったし、
生まれ変わったら次こそは幸せな人生を生きてほしいと思います。

お盆も終わりなので、弔いも込めて
この不思議な体験の結末を書き留めました。

まぁ、寝れなかったのもありますけど。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
長編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました