スポンサーリンク

『ドーモさん』全2話|洒落怖名作まとめ【シリーズ物】

スポンサーリンク
『ドーモさん』|洒落怖名作まとめ【シリーズ物】 シリーズ物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドーモさん

 

ドーモ師匠

 

僕の高校時代の話です。
僕の通っていた高校には、師匠シリーズに出てくる師匠みたいな人が居ました。
僕はその人をドーモさんと呼び、オカルト道の師と仰いでいました。
僕ら(僕と仲の良いDQN達)は、ドーモさんとオカルト系の事をやりまくっていた。
たくさんオカルト話はあるんですけど、今回は廃病院、いわゆる心霊スポットに行った時の話を書きます。

確か高二くらいの時だったと思います。
僕は、DQNどもに廃病院の話(当時流行ってた)を聞き、当然の様にドーモさんをそこに誘った。
いつもなら満面の笑みを浮かべ了承するドーモさんが今回は、「嫌だ!」とめんどくさそうに断りました。
「あそこはやばい」とか「めんどくさい事になる」など言って、首を縦に振らないのです。
それでも僕がしつこく誘うと、「やばくなったら一人で逃げるから」と渋々OKをもらいました。
ドーモさんにここまで言わすとはどんな所やねん!?と僕は、恐怖半分、好奇心半分な複雑な気分でした。
しかし、ドーモさんが居るのならなんとかなる!ドーモさんが居るから今まで僕は心霊スポットに行けたわけで、ドーモさんに対する僕の信頼度はかなりのものでした。

□ □ □

それでOKをもらった僕は、仲の良いDQN二人(いつものメンバー)に声をかけました。二人もドーモさんがくるならと、二つ返事でした。

その日、学校が終わり、まだ明るかったので、ゲーセンで時間をつぶし、ゲームに夢中になってる内に、暗くなっており、廃病院に着いたのは、すでに九時をまわった頃でした。
DQN二人が先陣をきり、さきさき中に入っていく中、ドーモさんはキョロキョロしながら最後尾でした。
僕は、そんなドーモさん(いつもなら先頭)を初めて見たので、マジでやばくね?とか思いつつ、DQN二人と冗談を交わしつつ中を徘徊しました。
しばらく徘徊(探険?)していましたが、特に何も起こらず、あれ?と思いながら、最後の霊暗室に着きました。
ここを見おわったら帰ろうみたいな話をしていたので、ここが最後です。
霊暗室に入った瞬間、僕ら三人は固まりました。
動けないとゆーより、動きにくいと言ったほうが正確ですね。
しかし、今まで黙ってたドーモさんは、霊暗室に入るやいなや、テンションMAXな感じで中を物色しまくってました。
僕は背後に気配を感じ、ゆっくりと振り返りました。

□ □ □

人が立ってたとかゆーレベルじゃありません、何十人の人の顔(表情?)のない人達が、僕らを睨んでます。
表情もないのに、なぜか睨んでる(怒ってる)とゆーのがわかります。
ドーモさんはそんな事には興味がない(見えてないハズがない)ように、物色を続け、やがてカバンからインスタントカメラを取り出して、そこら辺を撮りまくりだしました。
僕は、半泣きになりながら、「ドーモさん、やばいよ!ここ、やばいよ!」と、自分から誘っておきながらですが、帰ろうコールを送りました。
するとドーモさんは、「意識すんな!下手したら帰られへん事になんで!」と、相変わらず焦る事もなく、僕らの後ろとかを撮りまくってます。
僕やDQN二人は半泣きになりながらも、ドーモさんを見てるしかなかったのです。
そして、「帰るで!」と、いきなりドーモさんが言いました。すると金縛り状態がいきなり解け、僕らは走って廃病院を出ました。
その時も、ドーモさんは最後尾でキョロキョロしてた。(僕が走ってる時、振り返った。)
廃病院の前でタバコをふかしながら(生意気にも)、僕らは地面に腰をおろした。心の底から安心していた。

□ □ □

それで、何日かして恐怖感も薄れてきた僕は、ドーモさんにあの時撮った写真の事を聞いた。
ドーモさんは、笑いながら「何も写ってなかったよって」言った。
僕が、そんなはずないやろ!とつめよると、「俺がまったく意識してないねんから、当たり前やろ!」とまた笑った。
まったく意識してない?見えてるのに?不可能だろ?とか思いながら考えこんでいると、「でも一枚だけおもしろい物が撮れた。」と、一枚の写真をカバンから取り出した。
その写真は、僕ら三人が笑いながら(変顔)で写っている物だった。
確かにおもしろい程に変顔だ。オカルトには関係ないが。
僕が少し怒りながら、確かにおもしろい顔やね!と言うと、ドーモさんは、「おまえら笑ってたっけ?」と少しにやけながら言った。

ドーモさんが写真を撮ったのは霊暗室だけ。僕らは霊暗室に入った瞬間固まって、半泣きだった…。
どゆこと?
僕は少しぱにくりながら、他のも見せて!と言うと、ドーモさんは、「あぁ、燃やした。」と即答しました。
僕が、何も写ってなかったのに?と言うと、「俺は意識しなかったからな、でもおまえらが見ると大変なことになる。」と笑いました。

□ □ □

「写真ってのは、人によって見え方が違う。もちろん心霊写真に限らずな。あと、あれでやばいと思ったなら、もう心霊スポットとかには行かない方がいいよ」と付け加えました。

後日談ですが、あの廃病院は、土地をヤクザが買い取っていて、そこら中にカメラが設置されてるとゆー事が後でわかりました。
(バレたら、大金を請求されるらしい。)
ドーモさんは、その事をやばいと言っていたらしい。

僕は、改めてドーモさんを尊敬になった。(オカルト系で)

 

約束

 

高校時代に僕がオカルトで師と仰いでいた人がいた。僕はその人の事をドーモさんと呼んでいた。
ドーモさんは高校が自宅から近い癖に何故か一人暮らしをしてて、当時はよく遊びに行ってた。
一人暮らしってもマンションとかじゃなく、ぼろい一軒家(しかも物置に使われてたらしくがらくたで溢れかえってる)。親の持ち物だから家賃の心配はないわけです。
当時はかなりうらやましかった。

高三になったばかりの頃だったと思う。春の肌寒い夜、僕はドーモさん家で酒(生意気にも)を飲んでいた。
その日ドーモさんは、部屋の整理をしながら僕と飲んでたんだけど、いきなり「あ!なつかしいもん見っけ!」と叫んだ。
僕が興味津々に見ると、なんて事はないただの絵本だった。
おもしろい物が見れると期待した僕はがっかりして、また酒を飲んでた。ドーモさんは整理の手をとめ絵本を読んでいる。
しばらく携帯をいじりながら一人酒を飲んでいると、なにやらドーモさんの様子がおかしい。
ページを開いたまま固まっている。

□ □ □

僕は『?』な感じで、様子を見ていると、ドーモさんは「…そうだった。」と呟いて、ページをめくっていき絵本を読み終えた。
整理をやめたらしく僕の前に座り酒を飲みはじめた。
僕が「そうだったって何が?」と聞くと、「映像が記憶をひっぱってきやがった」と呟いた。ドーモさんは少し顔色が悪いみたいだった。
僕がその意味を聞こうとすると、ドーモさんは自分が子供だった時の事を語りだした。

当時、この家が物置だった頃(今もほぼ物置だが)、ドーモさんはよく遊びに来ていたらしい。秘密基地みたいな感じかな?
お菓子や絵本などを持ってきて、一人の時間を堪能してたらしい(子供の癖にw)。
その絵本を読んでる時に、幽霊を見たって。そして約束を交わしたらしい。
なんでも当時ガキだったドーモさんは幽霊に対する耐性がなく、ガクブルで一度見てすぐ、下を向きっぱなしだったらしい。(つまり、読んでいた絵本のページをずっと見てた)

□ □ □

その幽霊はドーモさんを連れていこうとしてたらしく、ドーモさんは「嫌だ」とくびを横にふっていたけど、あまりにしつこいので「大人じゃないから知らない人についていけない。」って叫んだらしい。(全然ガクブルってないようなw)
それから幽霊は消えたらしいんだけど、最後に「じゃあ大人になったら連れていく、約束。」って言ったらしい。

むかし話を終えたドーモさんは酒を煽った。
僕は「は?何それ?何で今まで忘れてたん?」と当然の質問をした。ドーモさんは「小2の頃に自力で忘れた。」と平然と言った。
自力で忘れる?不可能じゃね?僕がそんな事を思ってると、「あれ?ちょっと待ってこれ、あの時記憶と一緒に捨てたはず……2冊あった?待てよ…」とドーモさんがキョロキョロまわりを伺いだした。
この時点でついていけなくなった僕は帰る支度をし、最後に質問した。
「約束…どうするん?」

ドーモさんは満面の笑みで答えた。
「約束は破るタメにあるのだよワトソン君。」
僕はそうこなくっちゃ!と良い気分(微酔いだったし)で家に帰った。

でも高校を卒業してから、ドーモさんは居なくなった。
家族でさえも行方は知らないらしい。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました