スポンサーリンク

『3人の男』『消えた運転手』など4話収録

スポンサーリンク
『3人の男』『消えた運転手』など4話収録 ゾットする話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 3人の男 【日常系】

男はあせっていた、時間がない。

「なんで起こしてくれなかったんだよ~」

とぼやきながら走った。

ひとの流れを縫うように…。

◇ ◇
男は幸せだった。

かわいい息子はまだ2つ、女房はいまだ恋人気分。

久しぶりの休み、今日はお出かけ。

ベビーカーから子供を下ろし歩道橋を上がる。

息子は車が大好きだ、肩車で高い高いがお気に入り。

「気を付けてよ!」

「ほ~ら高いだろ」

◇ ◇
男はイライラしていた。

今日はやけに信号につかまる。

煙草を何本すっただろうか、早くこの荷物を降ろして次へ…。

「チェ、また赤かよ~」

◇ ◇
男は歩道橋を駆け上がった、駅はすぐそこ。

足がもつれた。

男は肩車をしながら、一瞬気配を感じて振り向いた。

走る男はバランスを保てなかった。

肩が男の腹に当たった。

その瞬間、肩車の男もバランスを失しない手が緩んだ。

悲鳴が上がった。

子供は歩道橋を越えて、重力のなるがままにその高さから落下した。

信号待から勢いよく飛び出した車の男は、一瞬なにかを見た。

間に合わなかった、急ブレーキとともに悲鳴が錯綜した。

車の男は目の前が全て真っ暗になった。

免許がなかった。

そして同時に3つの家族が崩壊した。

普通の生活にありえるふつうの話。

 

 溺れる子

友達の怖い話

仮にK君としよう。

彼は沖縄出身でな、若い頃はけっこうヤンチャしてた。

ホントにおばけなんかいるのか?

じゃあ、ためしてみようなんて。

たとえば、夜中の防空壕、沖縄には今でも白骨化した死体とかけっこう残ってて、夜中にオバケが写るんじゃないとかいって、友人にカメラ向けてピースで写真をとったり

夜中2時くらいに、海で泳いで友人にカメラもたせて映せとかやってて、結局でも(なーんもなかったぞ)と言ってたりした。

そんな肝っ玉優れたやつ。

で、ある日、悪友達連れて車3台連れて夜中ドライブに行ったんだって。

立ち入り禁止の波止場に入っていって、夏だから花火とかして酒飲みながら遊んでた。

鞍馬のヘッドライトの先、海の中10メートルくらい先に5~6人いて、
一人が

「誰か溺れてる!」

って叫んだ!

見れば子供が1人あっぷあっぷしてる。

「えーどこ見えないよー」

「いるだろあそこ」

そのうちの一人が誰か呼んでくるって、近くの民家に走っていった。

「早く助けないと!」

「どこ?どこにいるの?」

そんなやりとりをしてるうちに、むこうからオジサンと助けを呼びに行ったやつが走ってくる。

「お前たちここは立ち入り禁止だろ!!」

そのオジサンは漁師で、今にも救出しようとして服むいでるやつにむかって

「やめろ!!!」

と叫んでる。

「いや、でも子供が…」

漁師のおっさんは、なんか必死に止めようとしてる。

???

その状況はというと子供が溺れてる。

6人中3人は見える。

他のやつには見えない。

漁師「見えるのか?」

「だっているだろ。早く助けなきゃ!!」

目の前10メートル先くらいに確かにいる。

「どこ?いないよ?見えない」

漁師のおっさんが

「じゃあ見える奴。アイツの顔見てみろ」

「あのこども助けを求めてるように見えるか?」

よ~く見ると

「ううん…笑ってる」

漁師「いるんだよ…お前たちみたいな奴らが助けに飛び込んで引き込まれるんだ」

「そして、そんな状況で水死体があがるんだよ…だからいつもここは関係者以外立ち入り禁止にしてるんだ」

 

消えた運転手

中学校の頃に、塾の講師の人から聞いた話をふと思い出した。

その講師が大学の友人達と旅行に行ったときの話。

特に何か目的のある旅行ではなく、適当にドライブして千葉のとある町で宿をとったそうだ。

その晩は酒盛りとなり、ご多分に漏れず、心霊スポットに行って肝試しをしようということになった。

旅館から車で5分ほど走ったところに、その森はあったらしい。

入り口までは車で入れたのだけど、奥までは入れない。

仕方ないので車を降りて、全員徒歩で森の奥へ歩くことになった。

森の奥まで歩いたが、特にそれらしい現象は起こらなかった。

奥には小さな池があり、それらしい雰囲気を出していたけど、やっぱり何も無かったそうだ。

拍子抜けした一行。

酔いも醒めてきて旅館へ戻ることにして、一路車へ戻る。

車に乗り込む一行。

エンジンをかけて、車を発進させようとするが動かない。

運転手の男に動きがない。

足元をじっと見つめたまま固まってしまっている。

後部座席にいた講師が不信に思い、運転手の足元を見た。

運転手の足に、血だらけの軍人のような人がしがみついていた。

悲鳴をあげ車から逃げ出す。

そして旅館までひたすら走り続ける中、講師は走り去る車の音を聞いた

運転手のことが気にかかるが、やはり怖くて確かめることができない。

悩んだ末に地元警察に事情を話し、捜査の協力を求めることができた。

車が走り去った現場には、タイヤの後は無かった。

森の奥へは車で入ることはできず、かといって戻った様子も無い。

一旦そこで捜査は打ち切られたそうだ。

結局そのまま運転していた人は見つからず、尋ね人の写真が交番に、しばらく貼られていたそうな。

半年ほどしたある日、警察から運転手の男が見つかったと連絡を受け、現地へ行った講師。

結論から言うと、やはり運転手の男は死んでいたそうだ。

車と共に見つかったのだけど、その車は森の奥の池の中から見つかったらしい。

周囲は森。

車でなぎ倒した形跡も無いのに、車ごとどうやってその池までたどり着いたかは不明らしい。

 

人体模型

奈良の某中学校ですが、校舎の改築の際理科室の掃除をしたところ、古い人体標本模型が出てきました。

それを担当のクラスの男子が遊び半分にばらばらにしたり、プロレスの技をかけたりして壊してしまいました。

その破片は先生方が、こういうものは決して粗末にしてはいけないと回収して箱にしまって新しい理科準備室にしまいました。

掃除は水曜日に会ったのですが、その次の週からそのクラスの男子が休み時間やクラブのときに怪我をするようになりました。

最初の2~3人は軽い怪我だったのですが、ついには骨折・入院するものも現れ、クラスの雰囲気はきわめて悪くなりました。

女子が呪われていると騒ぎ始め、結局クラスの生徒全員で人体模型にお詫びをすることになりました。

理科準備室の模型の箱を空けてみると

中のばらばらになった人体模型の左腕と右足は、なぜかきれいに引っ付いていました。

骨折した2人はそれぞれ左腕と右足でした。

結局、その人体模型は今でもその中学にあります。

普段はきちんとしまってありますが、毎年新学期に、理科の先生方全員で、学生の安全をその人形に祈っています。

私がその中学の事務職員をしていたときの話です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました