スポンサーリンク

『 鏡の向こう』『赤いブレスレット』など3話収録

スポンサーリンク
『 鏡の向こう』『赤いブレスレット』など3話収録 中編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 鏡の向こう

これは私が小学3年生の合同キャンプで体験した話です。

私が通っていた小学校は3年生の7月に、夏の合同キャンプを開催してから夏休みになるという流れがありました。キャンプとは言ってもテントを張ってという本格的なものではなく、バンガローを何部屋か借りて2泊する程度でした。そこで飯盒でご飯を炊いてカレーを作ったり、バーベキューをしたりと楽しむのです。

私が泊まったバンガローには、なぜか大きな姿見の鏡がありました。不思議な事に私達のいるバンガローにのみそれは設置してあり、他の友人が宿泊しているバンガローにはありませんでした。

1日目、晩御飯も終わって就寝時間になり、皆バンガローで休む事になりました。
しかし私は夜中に目覚めて、トイレへ行きたくなりました。トイレは外にあったため、バンガローから出てから帰ってくると、誰かの視線を感じます。誰か起きているのかな?と思い見てみても、友人は一人も起きていません。気のせいか…と寝ようとした瞬間、ハッと気がつきました。視線は鏡の方から感じるのです。

恐る恐る鏡を見てみると、そこには知らない女性が映っていました。
部屋の中にはいないのに、鏡には映っているのです。恐怖のあまり私は叫びました。すると寝ていた全員が起きて「どうしたの?」と聞いてきたので、私は

「そこの鏡に女がいた!」

と訴えました。
全員で鏡やら部屋の中やらを探しましたが、女性の姿は無く私が寝ぼけて見間違えたんじゃないか、という話になりました。しかし私は一睡もできませんでした。

翌朝私は先生に昨晩の話をしました。当然ながら先生が私の話を信じる訳もなく、無視されて終わりました。そして2日目も終わりとなり、私は鏡の近くで眠りたくないので一番遠くの場所で眠りたいと我儘を言い、皆納得してくれました。

寝てからどのくらい経ったのでしょうか。
私達は、鏡から一番近い位置で寝ていたクラスメイト・Aの叫び声で全員飛び起きました。何事かと見てみると、そこには信じられない光景が繰り広げられていました。Aは私が昨晩鏡で見た女性に足を掴まれ、鏡の中へと引きずりこまれようとしているのです。予想だにしない出来事に、一瞬誰も身動きを取れません。

しかしAの叫び声を再び聞いた男子たちが、Aを引っ張ろうとしましたが…力及ばず、Aはあっと言う間に鏡の向こう側へと行ってしまいました。私達は、恐怖から動けずに鏡から遠い位置に固まって震えながら泣いていました。

男子の数人は、走って先生を呼びに行きました。先生と男子が戻ってきて

「Aはどこにいる?!」

と聞いてきたので、鏡を指差します。
鏡の中には泣いているAの姿と、その横で不気味に笑う女が映っていました。半ばパニック状態で、私達は急いでその場を立ち去りました。先生は私達をバスへと誘導し、そのまま帰宅させました。

後に聞いた話によると、残った先生とキャンプ場の管理人達で話合いがされたそうです。1つのバンガローにだけあった大きな鏡は何なのか。そして鏡の中にいる女性は何者で、引きずり込まれたAを救出する方法はないのか。しかしいくら問い出しても、管理人は姿見の鏡など見た事ないし、今までそんな話は聞いたこともないという返事しか返ってこなかったそうです。

鏡は大人たちが再びバンガローへ戻ってみると、跡形もなく消えていたのだとか。
結局、Aはキャンプ中のオリエンテーションで行方不明になったことになり、警察が出て捜査されましたが、20年経った今でも発見されていません。当時は新聞にも載りましたし、先生たちも責任を取らされたんだと思います。いきなり担任が変わると言う修羅場もありました。

あの鏡と、そこに映っていた女性はなんだったのでしょうか…。

 

赤いブレスレット 【実話系】

5年ほど前の7月、仕事で出向いた先に綺麗な川がありました。
車を止めて近くで見ると本当に綺麗な場所で、私の自宅からも車で1時間ちょっとの場所です。これは良いスポットを発見したと思った私は、当時付き合っていた彼女とそこでデートをすることにしました。

日曜日に行くと、家族連れで来ている人も多くいます。
私達は人が少ない岩場の方へ移動し、景色を眺めたり浅瀬に足を入れて遊んだりしていました。私はしばらく遊んだところでお腹が空き、水辺近くの岩場へ腰を下ろし足を水につけて、持ってきたおにぎりを食べようとすると… 水中に何かが見えました。
最初は何か分かりませんでしたが、じっと見てみると手のように見えます。

「え…手…?」

現実感を感じることが出来ないままその手を見ていると、手から先が見えてきました。
そこには、水中で沈んだまま水に流されていた男性がいました。死体かと思いましたが目が合い、流されても目線がずっとこちらを見ているので生きているようです。

すると手が動き出し、溺れているらしく水面へ上がろうとしています。当然助けたかったのですが、私は泳ぎが得意ではありません。また溺れている人に正面から手を出すと引っ張る力が強いので、こちらが水に引き込まれ危険と教わっていました。

何とかしなければと思いながら、男性から目を離さず近くの川沿いを移動します。すると事態を知った彼女が来て、その人が流されている近くの川に入ろうとしたため

「待って!足入れないで!」

と言うと、その瞬間水中から赤いブレスレットを手首に付けた手が出てきました。彼女が手に気付き、悲鳴を上げると水中に引っこみました。

水中を確認すると男性は漂った状態でしたが、ひざ下までの浅瀬に辿り着き、止まったもののぐったりしています。近くにいた男の人と一緒に意識の確認をすると、男性は喋ることは出来ませんでしたが、うなずいたので意識の確認は出来、呼吸が落ち着くのを待ちました。

呼吸が落ち着いた男性は、上流で泳いで遊んでいたら流れが速い場所へ入ってしまい、戻ることが出来ずに水の流れに流されるままになっていたと言います。水流で水中に引っ張られるようになり、必死でもがいていたそうです。

上流を見てみると、その男性の家族がこちらを見ていたので手で大きく丸をして生存を知らせると、何度も頭を下げていました。

後に家族と合流した男性が抱き合っている姿を見て、私もホッとしました。
そこでふと溺れていた男性を見てみると、手には赤いブレスレットがついていません。
私は

「赤いブレスレット、外れちゃったんですかね。」

と言うと、男性は何を言われているのか分からない表情をします。
男性は

「ブレスレットしてないですし、手も出してないです。必死だったからもしかしたら手を出したかもしれないけど…ブレスレットは付けてないです。」

と仰っていました。

ではあの赤いブレスレットを付けた手は一体…?
私も彼女も、確かに川から伸びたその手を見ました。彼女に至っては、手に気付いて悲鳴を上げています。ひょっとして、男性が溺れたのは赤いブレスレットを付けた手が原因なのでは?と、私は考えてしまいました。

彼女はこういった話が苦手なので、これ以上話題にすることは避けました。綺麗で良い場所でしたが、これ以来行く気にはなれません。

 

首のない影 【昔話系】

月の光が眩しい夜道を歩いていた男が、ふと自分の影を見てみた。すると首から上がなくなっているではないか。

「これは一体どういうことだ!?」

男は急いで、町で評判の占い師に相談をした。
その占い師は男に言う

「お前さんには死相が出ておる。このままでは数日後に、命を落とすことになるだろう。」

あまりに突然の宣告に男は戸惑った。

「そりゃあ本当ですかい?!なんだってオイラが死ぬ羽目になっちまうんだ…。なんとかすることは出来ないのですかい?」

すると占い師は男にこう告げる。

「お前さんの一番大切なものを弓で射れば、助かるだろう。」

家に帰った男は、自分が一番大切なものは何か考えていた。真っ先に頭へ浮かんだのは、女房の笑顔だった。

「自分はまだ死にたくない。だからといって、女房を射れというのか…。」

悩みに悩んだ挙句、男は苦渋の決断で女房を射る決意をする。
その日の夜、男は一睡も出来ずに女房と暮らした日々を思い返し、涙した。
そして翌日。いつもと変わらず家事をこなす女房を横目に、男は弓の準備を進める。

「女房よ、許しておくれ…。」

心を鬼にした男は弓の弦を張り、矢を放った。

「ギャー!」

女房を射ると、矢は彼女とその後ろにあった長持を射抜いた。女房は絶命したが、不思議なことに長持には見知らぬ男が隠れていて、その男も息絶えていた。

その後、その見知らぬ男は女房の間男であったことがわかった。男が弓を射らなければ、その日の夜に女房と間男が男を殺す計画を立てていたのだった。
こうして男は占い師の助言通り、事なきを得た。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
中編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました