スポンサーリンク

【名作 長編】『須磨海岸にて』|本当にあった怖い話・オカルト・都市伝説

スポンサーリンク
【名作 長編】『須磨海岸にて』|本当にあった怖い話・オカルト・都市伝説 厳選
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

須磨海岸にて

 

三日前の話、日曜日ですね。
徳井さんと吉岡さんと僕の三人で、須磨海岸に行ったんですわ。
家もそんなに遠くないしね、自転車で行ったんですけど、
海岸の方に降りる、バス停の近くの道を下ってたら、
暴走族みたいな人たちが四人くらいでバイク止めているんです、
避けると逆に因縁つけられそうやったから、僕は関心がないフリして、
「昨日のあのゲームさー」とかワザと会話しながら通り過ぎようとしたんです

 

そしたら、僕の自転車の後ろの部分が、バイクの改造してる部品みたいなとこに
ゴゴッで擦れたんですよ。
やばいなーと思ったんですけど、気づかれてないかなと思って、そのまま行こうとしたら
「おいおい、待てや!!お前、人のバイクに何しとんねん、黙っていくんかい!!」って
囲まれてしまいました。
そしたらヤンキーの一人が「まあ、お前は逆に根性があるわ!俺らなんか怖くないんやろ!」って
僕と肩を組んできた。
僕は「いや、怖いっすよー、兄さん、めっちゃ強そうですし、怖くてびびってるんですよ」って、
お世辞を言った。
そしたら、いきなり一人がバイクに乗り、徳井さんの腕を掴んだ。
「おい、自転車速くしたるで」と言うと、自転車に乗ったままの徳井さんを引っ張って
バイクで走り出した。

 

徳井さんは「勘弁してください、僕関係ないやないですか」って言ったけど、
バイクはメチャメチャ速く走り出した。
徳井さんの自転車も速く走り出したけど、その内に徳井さんは自転車から落ちて、
道路の真ん中の段差のところに足をぶつけて、右足の指は全部めちゃめちゃになった。
「痛いーいたいー、俺は関係ないのに、痛い」と徳井さんは泣いていたけど、
ヤンキーは「バックトゥザフューチャーみたいやった」と死ぬほど笑っていた。
僕はヤンキーの機嫌を取るために、「うわー、兄さんらスタントマンみたいな遊びですやん、バイクあると
こんなんできんねんなー、俺も免許欲しいっすわ、バイクって気持ちいいですか?」と必死で
わけのわからん事を言った。
ヤンキーはニヤニヤしながら、「次あいつな」と言って、吉岡さんを捕まえた。

 

[そしたら、いきなり僕は背中を蹴られて、転んだ。
「お前さっきから調子乗ってんちゃうかー!!」ヤンキーが僕を倒したまま、柔道の技をかけた。
「いたいー」僕は泣きながら、石を取ったけど放した。
「須磨のワールドカップ開催や」と言って、ヤンキーは僕の頭を蹴った。
吉岡さんは鉄柱に頭をガンガンぶつけられて、抵抗もせずに泣いていた。
徳井さんは足を押さえて動かない。ヤンキーは爆笑しながら「こいつら、根性ないのー」と
僕を蹴り続けた。その時だった、走ってきた車が一台止まった。




[車からは男が降りてきた。30歳くらいや。
ヤンキーは楽しそうに「○○さん、こんばんわ!!」とあいさつした。
「おうおう、須磨海岸の王様、○○兄さんのおでましや~」と男は大きな声でいいながら、
倒れてた徳井さんを本気で蹴った。
「いたいーいたいー」徳井さんはすごい悲鳴を上げた。
「僕、どうしたん?道路で寝てるの?ひき殺して欲しいの?」と、○○は徳井さんを踏んだ。
徳井さんはいきなり、ビクッてなって黙って動かなくなった。
「おいおい、こいつ、死んだで!!」○○は車に戻りながら、「お前ら、殺人やで~かなんの~」とヤンキーに言いながら
走っていった。

 

[ヤンキーは徳井さんの方に行くと「うわっ」とか言って、
皆バイクに乗るといなくなった。
僕はとにかく顔が痛くて、しばらく横になっていた。吉岡さんは草むらでしゃがんだままで、
徳井さんは道路で動かないままだったんだけど、
そのまま10分ぐらい過ぎた。

 

[暗い中で僕らはそのままでいたけど、怖くなってきて、「おい、徳井さん!」と言った。
徳井さんは動かないままだぅった。
その時、海岸の方からゴツっという音が聞こえてきた。
何だろうと思う暇もなく、「アンーーーーミョーーーージーーー」っていう感じのお経みたいなのが
聞こえて、暗い中を全身緑の子供が走ってきた。
僕はめちゃめちゃ怖くなって、目をとじた、本当にこわかった。めっちゃ小さい全部緑の子供が走ってきたんや。
そしたらめちゃめたy大きい声で「ジョーーーーーミーーーーーシンーーーーーー」と
たぶん子供が叫んで、吉岡さんが泣き出した。
僕が怖すぎて目をあけると、道路の向こう側の電灯の下のとこに、
人間がいっぱいいた。顔は宇宙人の顔やった。

 

[宇宙人みたいなのが皆で「アーーーアーーーーアーーー!!!」って叫びだして、
わっーーーて徳井さんの所に走り出した。宇宙人はみんな泣き出した。
僕は怖くなって、自転車に乗って逃げた。
あとで吉岡さんから携帯で電話かかってきて、ふたりで公園坂の前のファミマで会った。

次の日、結局徳井さんは死んでしまったんですけど、
宇宙人が「ゆうきーーーーーー!!」って言って泣いてる声がこわかったすわ。
徳井さんは徳井裕樹って言うんですけど、名前を知ってるから、めっちゃびびりましたわ。
あれはなんだったんですかねえ。

 

こういう感じやったんですけど、すんませんわかりませんね
ほんまですよ、今日もこれから飯食い終わったら警察いかなあきませんからね。

 

夜になると宇宙人も徳井さんも須磨海岸にいるし、特に海の家の間の狭いところ!!!!!
窓という窓はもう、新聞で塞いでますわ!!!僕の部屋!!!!わかりますか!??_
家から海岸見えますからね、気が気でないですよ、あっちからも僕の部屋見えるんちゃいますかね、
電気ついてるの見られたら、もうmかなわんですよまじで、お前らにこんなんゆうてわからんやろうけどな
海の家なあ、あれ、壊してくれないですかねえ、壁の間のところねえ、子供いてましからね、
どうしたらいいでしょうねえ

 

>>んなこといってないで葬式にいってやれよ

 

葬式ねえ。。。面倒ですしねえ、僕、正直な話ですけど、
そないに徳井さんの事もねえ。。。
警察にもなに話しても通じてるやら通じてないやらぬかにくぎですわ、まさに。
ここだけの話ね、今晩にでも海の家を訪ねようと思うんですよ、

知ってますかね、真夜中の沖の海は、まぶしいんですよ、
夜光虫とか烏賊とかとびうおとかが、沖の夜中はものすごい光るんですけど、
もうすごいですよ!!!星空みたいですよ。
で、宇宙人が海から来るのも納得できるじゃないですか、緑の子供は怖いんですけど、
宇宙人は徳井の事知ってたなら、僕のこともいい様にしてくれませんかな、
僕は北条伸一なんですけど、あっちは意識してくれますかね、そこんとこがねえ、いやらしい話ですけど
伸一をどうしますか

 

>>本当だったら今頃とっくにニュースになっとるぞ

 

えーと・・・これは地元では有名な事件ですね。
暴走族に中学生が襲撃された事件やね。
残る一人が未だに行方不明で、それが北条君なんですが・・・。

 

>>須磨市民
知ってる!!!須磨中の奴や!!!

>>これが事実で、彼が北条本人だとしたら、
彼は何を見て何処へ行ったのか、そして今彼はどこにいるのか。

>>改めて読み直すと違う意味で気味が悪いな・・・。

宇宙人と緑の子供を完全に個別視し、加えて宇宙人には好意さえ持っている様に思える。
そして海の話の妙なリアリティーは何なのか。
徳井氏の葬式の夜、彼は海の家に何を訪ねに行ったのか。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
厳選 長編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました