スポンサーリンク

『大水難』|洒落怖名作まとめ【長編】

スポンサーリンク
『大水難』|洒落怖名作まとめ【長編】 長編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大水難

 

今怖い夢を見て目が覚めてしまいました
自分がほとんど真っ暗な広い場所でベッドに横たわっていて
金縛りみたいに動けませんでした
周りを見渡す事も出来ずにいたんですが
微かに体の下の方から水が波打つような音が聞こえていて
遠くから水を踏むような足音が近づいて来ました
随分遠くなんですが、少しずつ少しずつ近づいてきて
物凄く怖くなって目を閉じたところで目が覚めたんですが

この夢に関して思うところがあるので
慣れない長文ですが、皆さんの意見を聞かせていただきたいです

この話はSさんという人が体験した話で
私はSさんと付き合っていたN先輩から又聞きしたものなので
あやふやな部分やうろ覚えの部分もあるんですが
N先輩の日記の文章からなるべくまとめてみました
分かりにくかったらすいません

事の始まりはSさんが小5の時に一家で引っ越してからの事で
Sさんの家族構成は両親と弟の4人
兵庫の4人で住むには少し狭いアパートに越してきたそうです
狭さの他には何の変哲もないアパートだったんですが
どうにも水周りの調子が悪かったらしく
水を流すとゴボボボボッと詰まったような音がして
そうでない時でもグチャグチャと肉みたいなものが
詰まり合うような音がしていたそうです

それでも1週間ほどは何も起こらずに
排水溝も業者に点検を依頼していたんですが
ある夜、洗面所で歯磨きをしていた弟が急に悲鳴を上げて
家族の居る部屋へ逃げて来たそうです
泣きじゃくる弟をなだめて、何があったのかを家族が聞くと
洗面台の鏡にずぶ濡れの髪の長い女が映って居たとのこと
「そんな馬鹿な事があるわけない」と、家族全員で洗面所に行くと
そんな女は何処にも居なかったものの
洗面台の下に長い髪が数本散らばって居たそうです

髪は以前の住人がしっかり掃除しておらず
子供の事だからタオルか何かを人だと見間違えたんだろうと
誰も気にしていなかったんですが
その日を境におかしな出来事が頻発するようになったそうです

水を張っていないはずの浴槽から、排水する音が聞こえたり
例のグチャグチャという音がいつまでも聞こえてきたり
やがてはSさんや両親も、鏡に映る女の姿を見る事になり
大家さんにも「何かおかしい」と相談をしたものの
「そんな曰くは無い」と言う事で
奇怪な音に怯えて不安定な生活を送る毎日だったそうです
そんな生活が続いたある日
アパートに居られなくなるような決定的な事が起こりました

いつも通り母親が風呂場の掃除をしていた時のこと
どうしてもグチャグチャという音が気になり
排水溝を覗き込んだところ
その奥に大量のナメクジが蠢いていたそうです
悲鳴を押し殺し、なおもその奥を覗き込んだとき
なんと、奥の奥から覗き返す目が見えて
母親は大声をあげながら、半ば錯乱状態で
父親の職場へ電話をして、すぐに帰ってくるように言ったそうです
そのあまりの脅え様に、これはおかしいと父親も急遽家に向かい
その間30分ほど、弟とSさんと母親は
身を寄り添うようにしてベランダ側の窓の前で父親の帰りを待っていたそうです

やがてゴボゴボという音の後に
水を吸った「何か」が床に落ちるようなドチャッという音がして
足音のようなそれが近づいて来た頃
玄関のドアが勢いよく開かれました
息を切らして家に着いた父親は、3人の姿を見ると
何が起こったのかを確かめるように、母親の抑止も聞かずに風呂場へ直行しました
そしてすぐに小さな悲鳴が起こり
「何だこれは」と父親が呟いたそうです

3人は怖がって見ようとしませんでしたが
後から聞いたところによると
浴槽には溢れんばかりに水が張られ
その表面をおびただしい量の髪の毛が黒く埋め尽くしていたそうです
あまりに恐ろしくなった両親は
その日は荷物もまとめずに
少し離れた場所に別のアパートを借りるまでの数日間
近くの親戚宅にしばらく居候になることになりました

荷物の回収や配送は業者に完全に頼み込んで
やっと安心出来るかと思いきや
それだけでは終わりませんでした

その恐怖から開放されて数ヶ月後の事
夏の暑い日に海へ遊びに行った弟が
波にさらわれ溺れてしまい、亡くなったそうです
そしてその後を追うかのように
両親もまた数日後、海岸線を車で走っている時に
事故か自殺か、ガードレールを突き破り海に転落して亡くなり
Sさんはたった一人になってしまいました

それからのSさんの住むところについて
親族会議のような形で話し合った結果
親戚宅に居候していては気をつかってしまうし
家族の事を思い出して辛いだろうということで
母方の実家に祖母と同居する事になったそうです

同居し始めた頃は塞ぎ込みがちだったSさんも
優しい祖母と暮らしていく内に少しずつ元気を取り戻し
N先輩と付き合い始めたことでより一層明るくなりました
しかし人並みの中学生活を送れるようになった中3の秋
またしてもSさんを絶望が襲ったのです

心の拠り所となっていた祖母が
自宅の風呂場で溺れて亡くなったのです
高齢者が風呂場で亡くなる事自体は珍しく無いとはいえ
両親も弟も水の事故で亡くしているSさんにとっては
耐え難い衝撃だったでしょう

その頃からSさんは自宅に引きこもるようになり
高校への進学もせずに
祖母の遺産で暮らすようになりました
外へはあまり出ずに、N先輩と会うのもいつも自宅で
そのうちにN先輩は自分の両親に事情を話し、泊まり込みの許可をもらったことで
食料を買い込むのもN先輩がするようになっていったそうです

そんな生活がSさんに追い討ちをかけたのか
やがてSさんは毎晩のように悪夢を見るようになりました
その悪夢が最初に話した悪夢と酷似するものでした
Sさんの場合は、それが毎晩進行していって
足音がどんどん近づいて来ていたそうです
心配するN先輩にも「あの足音が側に来たときに自分は死ぬ」と話していたそうです

そんな生活がしばらく続いたある日の夜
風呂に入っていたSさんが大きな悲鳴をあげ
何かに脅えるようにして風呂場の戸を力いっぱい叩いたそうです
何事かと慌ててN先輩が風呂場に向かうと
既に悲鳴も戸を叩く音も途切れていたので
N先輩が慌てて戸を開こうとすると、指先で幾つもの「何か」が潰れました
驚いて確認してみると、取っ手の部分をびっしりと
埋め尽くすほどのナメクジが這っていたそうです

その感触に嫌悪しながらもN先輩は取っ手に手をかけ
勢い良く戸を開けると
そこには体操座りのような格好で頭まで湯の中に沈んだSさんがいたそうです
無我夢中でSさんを引き上げて救急車を呼びましたが
その甲斐も無くSさんもまた、水の中で亡くなったそうです

その後N先輩はショックから立ち直れずに
精神科に入院する事になり
私がこの話を聞いたのも、その頃のことでした

今ではそんなN先輩も悪夢を見てしまうそうで
誰とも口を聞けず、面会もさせてもらえなくなりましたが
N先輩の両親だけがこっそりと
知人の中でも一番仲の良かった私にだけ日記帳を見せてもらえました
そこに書かれた悪夢の話、Sさんの話
そして「呪われた」とか「伝染るかもしれない」という文字が何度も書かれていました

もし私が見た悪夢が、この二人の悪夢と同じものだとすれば
私もN先輩もSさんの一家のように伝染するもので
同じ運命を辿るのでしょうか・・・
話にあったナメクジと髪の長い女は一体何なんでしょうか
そして兵庫在住の方、そのアパートについて何か知っていたら
少しでもいいので教えて下さい
今はとても怖いです

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました