スポンサーリンク

『メガネを外さないように』|洒落怖名作まとめ【長編】

スポンサーリンク
『メガネを外さないように』|洒落怖名作まとめ【長編】 長編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メガネを外さないように

 

最近とても怯えていることがあるんで、書かせて下さい・・・。
もうこれ以上無いほど切羽詰まっているんで、ところどころ文章がおかしくなっているかもしれません。
また、出来るだけ経緯を追って話そうとしていますので長文になってしまいます。
それも自分と同じ状態になっている人がもしこの文章を読んで、対処くださったらと思って書いていますのでご了承下さい。

自分は小学校低学年の頃から漫画を読み過ぎたせいで小学校高学年から徐々に視力が下がり始め、
高校に入る頃にはとうとうメガネが無いと生活できないほど視力が悪くなりました。
それからは入浴時と睡眠時以外はメガネを常に掛けた生活をしており、
高校・大学・社会人と、10年以上その生活を続けていたせいか、
最近ではメガネが体の一部となるくらいメガネの違和感は無くなっています。

なのでこの文章を書いている今もメガネを掛けているんですが、
実は最近、見えなくなる以外の理由でメガネが外せない理由が出来たんです・・・。
というのもメガネを外すと、黒い何かが見えるようになったんです・・・。

きっかけは些細なことでした。
ある会社から帰宅途中、いきなり雨が降り始めた時でした。
天気予報では降水確率0%だったこともあり、傘を持っていなかった自分は雨に降られるまま。
そのまま雨が弱いうちに家に帰ろうとしたんですが、急に雨脚が強くなったんでコンビニの軒先に慌てて避難したんです。
その時は雨に降られたせいで髪の毛や顔だけでなくメガネも濡れちゃってたんで、メガネに付いた水滴を拭こうとメガネを外しました。

その時、ふと目の前を向いたら、何か、ほんとに蚊ほどの黒い点が目の前をあったんですよね。
あれ、何か目にゴミでも入っちゃったかな? と思って少しだけ目をこすったりしたんですが、目の前にあるまま。
その時に思ったんですが、はじめの一歩ってボクシング漫画で出てくる”飛蚊症”ってのに自分がなったんじゃないかと思ったんです。
飛蚊症って簡単に言うと、眼球の中にゴミが入っちゃって、それが蚊のように見える症状で、ずっと前の前に蚊のようなものが見えるんです。
空中によく分からない黒い点が浮いてたんで、自分もなってしまったかとガッカリして近々眼科に行こうって覚悟したんですが、
不思議なことに、水滴を拭ったメガネを掛けた瞬間に目の前の黒い点が消えたんです。
それで、自分の勘違いだったのかなと思ってまたメガネ外すと、また目の前に現れるんです。

おかしいですよね。
普通、メガネにゴミが付いてて、メガネを掛けると黒い点が現れるってことなら分かるんですけど、メガネを外すと出てくるんです。
どういう原理かさっぱり分かんないんですが、メガネを外してピントが合わない状態で見えると、確かにあるんですよね。

でも実際見えるものは見えるんで、どういう原理か分かんなくても飛蚊症なんだろうなと思って、
その時は帰宅し、後日眼科に行ったんです。

そしたらやっぱり飛蚊症って診断されて、老化と共に現れる症状だからあまり気にするなって言われたんですけど、
メガネを掛けると治るってことに対しては、先生もよく分からないみたいなんです。
飛蚊症の症状の中にメガネ掛ければ治るなんてケースは当たり前ですがありませんし、先生もよく分からないんで、
とりあえず様子を見て、おかしいようならまた来てくださいって話になりました。

そこからなんですよ、事態が悪化したのは・・・。

一度飛蚊症と診断されると、人間ですから気になるじゃないですか。
これまでなら入浴時か睡眠時しか外さなかったメガネを、ちょくちょく外して、黒い点を追うようになったんです。
と言っても外して何か作業しながらとかいうわけでなく、作業の切れ目に何となく外して周りを見回してみるとかいう程度。
そうすると、やっぱり黒い点が見えるんです。
そんな風にメガネを外したり付けたりを繰り返していくうちに、徐々にですが、その黒い点が変わってきたんです・・・。

なんか、どんどん大きくなってきてるんです。

最初は蚊ほどの大きさの点だったんで大きくなっていることに気づかなかったんですが、それがBB弾くらいになり、ビー玉くらいになり・・・。
事態が悪化してると思って青くなったんですが、その時にその黒い点、その時は玉と思っていたんですが、それがただの丸じゃないような感じだったんですね。
メガネを外してじっくり見ても、残念ながら視力が悪いんでぼやけたままなんですが、何となく星型のような感じだったんです。

でもやっぱりその星型もメガネをすると消える。
不思議だけども、大きくなっているという悪い方向に向かってるってことだけは分かったんで、それからすぐ眼科の予約を取ったんです。
と言っても、予約取ったその日にいきなり行けたわけじゃなく、早くとも二日後に行くことになったんですが・・・。

眼科行くまでの二日間は普通に生活してたんですが、それからもやっぱりどんどん黒い星型が大きくなっていきました。
それで・・・気づいた時にぞっとしたんですが・・・黒い星型について、それまで勘違いしてたんですよね。

メガネを外した時に見える黒い星型って、大きくなってきているわけじゃなくて、徐々に近づいてきていたんです・・・。

なんで分かったかってことなんですが、その物体のこと、星型って言いましたよね?
更に大きくなって分かったんですが・・・星型じゃなく、人型だったんです。
人型の黒い物体が、メガネを外すたびに少しずつ、少しずつ近づいてきていたんです。

元々目が悪い自分は、メガネを外した状態で何か確認しようとすると、ジーっとそれを確認しようとしてたんですね。
そしたらなんか、ゆっくりと黒い人型が大きくなってるんです。つまり、近づいてきていることに気づいたんです。
しかもジーっと見ている時に気づいたんですが、どうやら特定の方角の時だけ見えるんですよね。
どの方角から来ているのかすぐにスマートフォンの地図アプリを使って調べました。
それが北東の方角、つまり鬼門から何か近づいてきていると分かった時にはゾクッとしました・・・。
ゾクッとして慌ててメガネを掛けたんですが、そしたらやはり黒い人型も消えました。

非常に怖くて訳が分かんなかったんですが、その時一つだけ分かったことがありました。
なんだか、だるまさんが転んだゲームを目を瞑らずにやっているような感じと言ったらいいんでしょうか、
どうやらメガネを外している時だけ、その人型が見えて、鬼門方角から近づいてくるようなんです。
ただしメガネを付けている間は見えないし、近づいてもいない。
それに気づいてから眼科に行くまでの間は、入浴時も、睡眠時もメガネを外さなくなりました。

そしてようやく二回目の眼科に行ったんですが・・・最悪でした。
前回と同じように診断され色々調べはするんですが、原因は分かんないままなんです・・・。
結局、心因性のものかもしれないからもう少し様子を見ようという話になったんですが、
それよりも恐ろしかったのは診断するのに、ずっとメガネを外していたことなんですよ・・・。

しかも運悪く丁度自分の後ろが鬼門の方角で、診断中は振り向かないと何処まで近づいてきているか分かんないんですよね。
途中まではちょくちょく後ろを振り向いてどれくらい近づいてきているか確認していたんですが、
目を診断するのに、顔を途中から固定する必要があったんです。

診断が終わって、後ろを振り向いたんですが・・・最初理解出来ませんでした。
目の前が急に真っ黒になったんです。

そして数瞬後、理解した瞬間に傍に置いてあったメガネを慌てて掴み、すぐに掛けました。
もう、目の前までそいつは来ていたんです。

目の前全部が覆われるくらいの巨体の黒い何かの顔が、もう自分のすぐ傍に居たんです。
心臓がドクドクと高鳴り、耳鳴りがしていて、周りの先生やスタッフの声は聴こえていませんでした。
まだかなり距離があり、猶予があると思っていたのは思い違いだったのか、
もしくは長時間メガネを外していたことが悪かったのか分かりませんが、
もう見間違いでは済まされないくらいはっきりと目の前で見てしまいました・・・。

それから家に帰ってきたんですが、途中はもう殆ど覚えていません。
覚えていたことと言えば、ただひたすらメガネが外れないようにして抑えていたことくらいです。

今はメガネが外れないように、黒い紐で頭に固定して、片時も外れないようにしています。
周りからはたまに質問されますが、今のところメガネの調子が悪いってことで誤魔化しています。
これからしばらくは仕事を続けながら寺や神社などお祓いが出来そうなところを巡ってみるつもりです。
少なくともメガネを付けた状態であれば、安全というのは分かっているので・・・。

ちなみに黒いそいつの姿ですが、数瞬とは言え、はっきり目の前で見たので頭に焼き付いています。
体はまるで熊のように黒い体毛で覆われており、目の前に現れた顔は牛のようでした。
百鬼夜行というかそういうものに出てきそうな姿かたちをしており、
何を考えているのかは分かりませんでしたがあまり良さそうなものではなさそうです。
少なくとも私の目の前で口を大きく開いていたことを考えると、今度メガネを外した時、自分は黒いそいつに飲み込まれるだろうを理解しております。

もし自分と同じことになっている人がいたら、自分から出来るアドバイスは、出来るだけメガネを外さないようにしてくださいということくらいです。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
長編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました