スポンサーリンク

『サバゲ中の怖い体験』|洒落怖名作まとめ【長編】

スポンサーリンク
『サバゲ中の怖い体験』|洒落怖名作まとめ【長編】 長編
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

サバゲ中の怖い体験

 

それは、そろそろ平地の雪も消えてゲームの季節が近づいたある日、私はMP5Jを買おうか悩んでいた。
そんなおり仲間から○○店行かないかと誘われて、いつもなら結構遠いので渋るのですが、その日は二つ返事で同行した。

なんでも、店を閉めるそうで相当値打ちな物もあるそうな・・・
お昼過ぎには店に着いて私は早速MP5Jの前に突撃、しばらくしてなにか変な匂いに気がつきました。

何とも言えない。
生くさいというのか・・・
その時誰かに「サバゲに使うのですか?」と声をかけられました。
店員かと思い振り向くと・・・そこには店員ではなく・・・20代後半くらいの青年が立っていた。

何を隠そう私は結構年を食ってるが童顔なのとミリタリ系の服装から同年代と思って声をかけてきたようだ。
その青年、結構若いわりには礼儀も良く私の仲間数人と青年の友人がもう一人輪になって、しばしサバゲ談議に花が咲いた。
ただ、私はあの匂いがどうもその2人からしてくる様で少し距離を置いていた。

ほどなく、今度一緒にゲームをしようと言う事になり、その2人が良い場所(友人の父親所有の土地との事)があるというので、
場所にも困っていた私のチームには、またと無い良い話だった。
その日はお互いの代表が携帯番号を交換しわかれた。

数日後彼らから連絡があり2週間後の休日ゲームを行うことになったと私にも連絡がきた。
その時、連絡を受けた仲間が相手が公衆電話だったよとまた、相手の携帯には架けても繋がらなかったそうな。

ゲーム当日、その場所は数年前近くにトンネルが出来たのでほとんど車が通らなくなった県道の峠だった。
まだ道の日陰には雪も多くさらに通る車も無い。
ちょうど古いドライブインの様な廃墟がありこの周りで行うらしい。

私たちのチームが車2台で乗り付けると廃墟のかげから2人が手を振ってあらわれた・・・私を含めチーム一同は驚いた。
2人は、まんまロシア兵だ!完璧な軍装にもちろんAK・・・こちらは米兵風と独親衛隊風の半端な装備なので少し引いてしまった。
早速ゲームとなったが2人は私たち6人を相手にするという4X4の方がといっても聞かないのでそうした。

もちろん廃墟の中もOKということだったが地下室があるらしく危ないので絶対入らない様釘をさされた。
ゲームは2人が場所を熟知しているせいかいい勝負に・・・ただ、相当な熟練ゲーマでないとそこまで出来ないほどだ。
数戦終えて小休止してると、またあの匂いが・・・そう店の時と同じだった。

ふと2人を見ると変わった水筒から水をぐびぐび飲んでいた・・・っと見ると水でない・・・・
赤い私はトマトが大の苦手なので、たぶんいやーな顔で見てしまったと思う。
言い訳がましく「野菜ジュースなんて健康的だね?」と話しかけると「まあね」と一言・・・でもあの歯の赤みは正直気味悪かった。
その後ロシアの軍装について聞いたがほとんど実物とのことだった。

その日は5戦ほどしてお開きに・・・私たちのチームが車で走り出し1kmも走ったろうか前の車が路肩に止まった。
前の運転手はこちらに駆け寄り言った「あの2人どうやって帰るんだ?」そう、自転車はわからないが車は無かった。
とりあえず林道みたいな道から近くの集落に抜けられるのだろうなどと、いうことで落ち着いた。

あのゲームから3日目仲間からTELがきた。
P38の予備マガジンを、あそこで落として来たらしいという。
そこで次の土曜に一緒に探しに行ってほしいと・・・
車で1時間以上かかるのと、何か、あの匂いのことが思い起こされて、躊躇したが自分も一度同じ様な事があったので快く引き受けた。

当日昼前に現地に着いて早速マガジン捜索、1時間弱探したがさすがに仲間も諦めた様子。
そこで何気にせっかく来たので地下室でものぞいて見ようということになりマグライトを持って降りて見た・・・
階段の突き当たり左に扉がありそっと空けたとたん・・・
またあの匂いがさすがに気味悪くなり仲間に「この匂い!」といったが花粉症の彼にはそれほど匂わないらしい。

地下室は8畳ほどの倉庫のような部屋でよく見ると、
だれか生活していたような布団や毛布、雑誌などが散乱し小さな冷凍専用の冷凍庫と家庭用の大きめの冷蔵庫があった・・・
冷凍庫の上蓋は開いたままで直ぐに中が空だとわかった。

そしてよせばいいのに、彼がもう1台の冷蔵庫を開けた・・・電源なんて入ってないのに冷気が流れ出るように感じた。
中を見ると、下段に雪が袋詰めにされ上段には牛乳瓶ほどの黒い小瓶が沢山入っていた。
彼がその1本を手に取りライトを当てると、その瓶は黒ではなく赤黒いペンキの様な液体が入った透明な瓶とわかった。

私も彼も瓶の中身が最悪の液体ではないかと思ったが確認するすべがないとりあえず1本持って扉などもと通リに閉めて廃墟を出た。
直ぐに車に乗りこみ運転席の彼は小瓶を私に差し出した・・・手が震えていた。
受け取る私も手が震えていたと思う。

彼は直ぐに車を出した、私は何度も振り返り、あの2人がいないか確認した、運転席の彼も何度もミラーを見ていた。
数キロ走ったところで私は匂いに我慢できなくなった・・・彼に小さな橋の上に止まってもらって・・・吐いた。

持っていた小瓶は川に投げた。川は浅く割れた瓶から赤黒い液体が流れてた。
とても迷ったがメンバーで相談の上、匿名で警察に連絡した。

新聞などに載らないので何でもなかったかもしれない。
その後あの廃墟から、そう遠くない工場(私の仕事の外注さん)の社長さんから聞いた話だが、あそこにはホームレスが2~3人住んでいたそうな。
あと、そのホームレスが朝鮮人だというウワサもあったそうな。

あの2人は北朝鮮の兵士だったのか・・・
もちろん携帯教えたメンバは番号を変え、メンバのだれかに何かあれば他の全員が警察へ駆け込む事になっている。

(おしまい)

すべての記憶がよみがえります。
私の小隊・・・といっても、もう十数人しかいません。
「○○少尉!」私の前世の名です。
不思議と違和感はありません。

そう、少々裕福な家に生まれ大学出てから候補生となれたのと、親類の伯父が陸軍の将校だったおかげで、私のような青二才が士官です。
この砲撃とあの大きな戦車に立ち向かうすべも勇気も、もうありません。
恥ずかしいが足が震えます。

たたき上げの○○軍曹ですら顔色がありません。
すでに砲撃で左の壕が全滅、私は退却を命じました。
他の小隊とも合流ままならず、結局我が小隊の生き残り8人で南へと脱出、農家から食料もらったりして5日ほど歩きました。
そして最後の夜がきました。

その夜は農家の軒先で休みました。
家主は私たちが怖かったろうと思います。
なけなしの食料も分けてくれましたが、脅したわけではありません。
よく、我々が満州であこぎな事をしたと言われますが、どこの軍隊もみな同じです。
ハラを少し満たして皆は寝ました、疲れ切っていました。
もう、見張りを立てる様なこともありませんでした。

そしてその瞬間がきました・・・・   いきなり「パーン」「タターン」相手が露兵なのかわかりません・・・
さらに手榴弾の炸裂「キーン」といきなり耳鳴りがなり炸裂音など聞こえませんでした。
私は腰の14年式を出し応戦しますが敵が見えない2~3m這って進むと○○が・・・呼んでも動きません。
○○軍曹が騎兵銃を持って向こうに走ります。

発射光に拳銃を2発、1人飛び出します・・・平服のゲリラか山賊です。
もう1人・・・頭に当たったのによろよろ歩いてきます。
もう1発・・・納屋の向こうへ軍曹を探しに出たその時・・・腹を何かが通りました・・・
さらにもう1つ、そして背中にタバコの火を押し付けられたようでした。
数m前には軍曹が・・・すでに数人に毟られていました。
そいつらに拳銃を全弾撃ったと思いますが、もうわかりません。
そこからは何も思い出せませんでした。

涙がぼろぼろこぼれる横を彼女が通リ過ぎると体が動くようになりました。
皆も泣いていました。
この年齢も職業もちがう8人がなぜまた知り合えたのか、よくわかりました。
さすがに仰天した私たちは、ある霊能者を直ぐに尋ね一部始終を話しました。

その霊能者いわく、8人は非常に強い無念と不思議な因果に導かれ現世にいたったと・・・
そのため不思議な目にあうのだと・・・その因果を断ち切るにはこの話を明かせと。
ただし明かされた者には、それなりの念が移るので危ないと・・・よ
って出来るだけ多くの者に明かし1人が受ける念を小さくしろと・・・

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました