スポンサーリンク

『紙人形』|洒落怖名作まとめ【短編・中編】

スポンサーリンク
『紙人形』|洒落怖名作まとめ【短編・中編】 中編
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

紙人形

 

これは私が小学校5,6年だった時の話です。
実話かどうかは、確認しようがない状態なのでなんとも言えません。
それに、こんなネット上の掲示板に書いていいのかもわかりません。

 

その当時ビックリマンチョコが流行っていてよくシールの交換をする仲間内の一人が友人のO君だった。
O君はゲーム機をたくさん持っていてPCエンジンからツインファミコンまで物凄い数のソフトがあったので遊ぶ時は大概O君の家に集まった。
O君の家にはおばあちゃんと父親の3人暮らしでおばあちゃんは常に家にいたのを覚えています。

 

その日、いつものようにO君の家に遊びに行くといつもは何人か溜まっているのに、その日は誰もいませんでした。
いっつも居る人間がいないのは、なんだか不思議な感じでしたが「コウイチ(当時の私の親友です)来てないの?」と聞くと「うん、まだ来てないけど、後で来るってよ」と言われたので、中で待つことにしました。

 

その当時、O君はファミコンのくにおくんシリーズにはまっていたのでその日もそのソフトをしていました。
私はくにおくんシリーズは苦手だったので、一番強いリュウイチリュウジをハンディとして使っていたと思います。
それでもすぐ死んでしまうので、その後はずーっと待ってるだけになってしまいます。

 

それから1時間くらいしても、コウイチは来ませんでした。
相変わらずすぐに死んでしまうので、後は待つだけになります。
コウイチとO君はよく話していましたが、私とはあまり話しませんでしたので、そんな時はやり場に困ります。
暇だ、暇だ、コウイチ早く来ないかなぁと思いながら普段は見ようともしないO君の部屋を見回したりしました。

そんな時、前から外れていたけど気にもとめなかった、ジャッキーチェンのポスターが気になりました。
セロテープで貼ってあったため、4隅とも乾燥してしまっていました。
セロテープは机の上にあるので、勝手に貼り直そうと思い四隅の乾いたセロテープを外すと、『バサッ』と重力で勢いよくポスターが落ちました。

 

その瞬間、私は凍り付きました。
なんとそこには、お札が貼ってあったのです。
それも大きくオレンジ色で、いかにもな感じのお札だったので、私はゾッとしました。
しかし、O君は動じませんでした。
「あっ、落としたのちゃんと貼っといてね」とまったく気にしていないのを見て、益々不気味さを感じました。

それでも、何か言わなくちゃいけない気がしたのでポスターを貼りながら「これ本物?」と尋ねました。
「ああ、たぶんね」と、そっけない返答が戻ってきました。

 

私は震えている手でポスターを直し終えました。
それと同時くらいでしょうか。O君もファミコンに飽きたのかバチンとソフトを抜いて、「ふぅ~」と息を抜きました。
すると突然、「面白いもの見せてあげようか?」と、O君の方から言い出しました。
私も会話に詰まっていたので、「うん」と返事しました。
そうすると、O君は別の部屋に行きました。(O君の部屋は離れみたいになっているので、独立していました)
そしてすぐに、20センチくらいの箱を持って戻ってきました。

 

「これ見てみ」と言うと、O君は箱を開けました。
中には、またしてもゾッとするものが入ってました。
ヒト型と言うんでしょうか、紙で作られた人形でした。

「な、なにこれ?」

震える声で聞きました。

「良くは知らない。でも、俺の代わりになるらしい」とO君は言いました。
もう私は帰りたくて仕方ありませんでした。しかしO君は続けました。
「あのさぁ、俺きっと、18歳までに死ぬと思う」と言い出しました。

私はパニックです。

 

でもあまりにも淡々と話すO君だけに、帰りたくても帰りを切り出せず「なんで?」と、気のない返事をするのがせいぜいでした。

「母さんが迎えに来るらしい・・・」

もう私は、何がどうなってるのかさっぱりわからないくらいパニックになっていました。
「へ~」「そうなんだ」などの、気のない返事しかできませんでした。

O君はまだ続けます。

「俺が5歳の時、両親が離婚したんだ。
その離婚の理由は、きっと母さんの病気が原因だったと思う。(今思うに精神病だと思う)
母さんよく大騒ぎしてたの覚えてるよ、なんでも壊しちゃうんだ。
それで俺は、父さんとばあちゃんと、ここで暮らすことになったんだ。
そしてその半年後に、母さんは死んじゃった・・・
それから、なぜか毎年お払いを受けるようになったんだよね。
始めはどうしてかわからなかったけど、父さんのタンスから偶然手紙を見つけてからその理由がわかった。

それは母さんの手紙だったんだけど 『Oが18才になったら返してもらいに行きます』って書いてあったから
きっと母さん、迎えに来ると思う。
そうさせない様にって、父さんは俺の身代わりに、この人形を毎年貰いに行ってるんだと思う・・」

私はそれ以上何も言えませんでした。もう帰りたくて仕方なかった。
するとその時、「O君~」と外で叫ぶ声がする。コウイチだった。

 

それ以来O君の家に行くのが嫌になった。
なんか、あの時の不気味さがトラウマになってしまったからだった。
そしてO君とも疎遠になった。中学は別の中学に行ったので、O君のこともすっかり忘れていました。

 

今年に入ってコウイチから連絡が入りました。中学卒業以来です。
たわいもない昔の話に華が咲いていたので、フッとO君の話を思い出しました。
それで聞いてみました。
「あのさぁ、Oって元気してんの?」と聞くと
コウイチの声のトーンが急に下がって『ん、うん、Oは・・植物状態なんだよ・・』
聞くと、高校3年の時にいきなり倒れたそうです。

 

O君が突然こうなったのは偶然かもしれません。
そればっかりはO君の意識が戻るのを待つしかありません。

 

これで私の話は終わりです。
なにぶん、実話であるのと記憶が古いせいか曖昧な部分もありますが今でも、あのオレンジのお札と不気味な紙人形の形だけはハッキリ覚えています。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
中編 短編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました