スポンサーリンク

【学校の怪談】『見慣れない女の子』『亡くなった時間』など 短編10話【10】|学校にまつわる怖い話

スポンサーリンク
【学校の怪談】『見慣れない女の子』『亡くなった時間』など 短編10話【10】|学校にまつわる怖い話 学校の怪談
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

学校にまつわる怖い話【10】全10話

学校時代の恐怖体験、七不思議や不気味なうわさ、怪現象などを集めて読みやすくまとめました。

 

 

ウサギ小屋

小学校の頃
ウサギ小屋の掃除当番になって数日
早朝、いつものようにウサギ小屋へ入ったら、妙に生臭いにおいがした
なんだろうと思いながら、小屋の外に敷いてあるすのこを上げた
血まみれの内臓がべったりと地面に張り付いていた

その出来事ははカラスの仕業と結論付けられた
ウサギの死体そのものは見つからなかった

 

誰だったのか

高校のとき体育祭でペアDanceを踊るイベントのとき、あぶれる筈の男女があぶれないで済んだ
クラスの男女比率人数は足りてなかったので必ず1人あぶれる筈だったので、保険体育の女先生(通称ハズレ先生が待機していたくらい
不思議に思ってあぶれる筈な生徒に話を聞いてみると、明るい朗らかな女生徒が恥ずかしそうに踊ってくれたと
それが誰だったのか未だに分からず仕舞い

 

信じ込む

土曜の放課後に隣のクラスでこっくりさんをしていた女性3人組がいたんだが
3人組のうちの一人が突然血相を変えて窓から飛び降りようとした
みんなが止めに入っているところへ先生がやってきて何とか飛び降りを阻止
その後平手でビンタ食らってその子はその場で泣き崩れてた
どうやら理由はこっくりさんで「お前は死ね」と出たらしく、
それを信じ込んで起こした行動らしい
次の日の全校集会ではこっくりさん禁止令が出た

 

夜の学校でみたもの

昔夜遅くに高校の傍通りかかったとき、ちょうど警備員の人が巡回してるのがみえた。
こんな夜更けに大変だよなぁってみてたらその警備員が誰かおんぶしてるように見えた。
?って思ってよく見たら首がへんな風に曲がってる女生徒だった…。
うわーやべえもんみちまったと思って急いで逃げたよ。

赤い光

俺の学校にどんぐりの森っていう場所があるんだが。
そこは昼間でも暗くてしかも気味の悪い像があった。
夜中に学校の前を通ったとき、その像の目から細長くて赤い光がピーッとのびて森の奥に消えていた。
正直めちゃくちゃ怖かった。
しかしあれ以来学校の前を通ってもそれは無かった。

 

音楽の先生

中学の時の体験談。

俺の音楽の先生なんだが、
俺の考える上では結構良い先生だった。
優しいわけでもなかったけど、まじめでしっかりした先生で、
ただでさえ不真面目なボンボンばっかの学校だったのに、
統一性の無い生徒をよく統率してくれたもんだと今でも思う。
朝イチのクラスで、俺はよく授業開始30分前には教室に行って
トランペットの練習してたんだが、
毎回先生も同じ頃に着いて『おはよう』って言ってくれてた。
ちなみに見た目は結構ガタイのいいヒスパニック。
それなりに男前だったんじゃないかな?
既婚者で、奥さんの話をよくしてたよ。

そんである時、先生がクラスの始まる頃に、
子供が産まれるって話を嬉しそうにしてくれた。
今でも覚えてるよ、あの先生の顔。
なんたって初めての子供だっていうし、
さぞ嬉しかったんだろうなあ。
みんなも「おー」だの「先生おめでとー」だの言ってて、
俺もまあそんな感じで「おめでとう」って言ってた。

んでその日の放課後。
その日部活の方でトラブルがあって、音楽のクラスに置いてたトランペットの回収に遅れたんだ。
一応例の先生は遅くまでいる事は知ってたけど、急いで取りに行った。
そしたらちょうど先生がクラス閉めた所だったんだ。

俺「あ、すいません。ちょっとトランペット回収したいんですけど・・・。」
先生「ああ、いいよ。ちょっと待ってね鍵開けるから。」
俺「すいません。」
こんな感じに会話交わした。
んでまあ、楽器はこのクラスの中にある楽器置き部屋みたいなのがあって、 此処もまた鍵がかかってたから開けて貰った。
そしたら先生がいきなり
先生「今日はなんか予定あるの?」
って聞いて来た。そん時のオレはぶっちゃけリアルアホだったから普通に先生に「あ、明日国語のプロジェクトあります」と答えた。そしたら今度は、
先生「今夜高校の方でちょっとやらなきゃいけない事があるから、手伝いにこない?」
みたいな事聞かれた。(ちなみに高校ってのは、ウチの中学のある坂の真下にある高校の事。先生はそっちでも音楽を教えてたらしい)
これにもまた「ああ、余裕あったら手伝いにいきますよ。」みたいに返して、俺は先生の横をすり抜けてそのまま帰った。

翌日、俺はいつも通り30分前にクラスに着いたんだが、何故か先生がまだ来てなかった。それまでの経験では、先生はいつも同じ時間帯に学校に来てて、来ない日は大体代理だったから、今回もそうじゃないかと思った。
予想通り、来たのはいつもの先生じゃなく、知らないおじさん。ただ、この時、クラス中で嫌な話を耳にした。

「先生が逮捕されたって、マジらしいな。」

最初みんながジョークを言ってるもんだと思った。
だけど、友人の方もその事を話してて、後でインターネットで記事を見せてもらった。そしたら、「高校の音楽教師が女子生徒をレ◯プした疑いで逮捕」みたいな記事が出た。横にあるのは、あの先生の顔写真。
保険体育の授業をさっぱり理解できなかったリアルアホだった俺はこの時、『レ◯プ』が何なのかよくわかってなかった。だが、今考えると、俺は何気にすごく危ない目に遭ってたんだなと思う。

あの夜、先生の所に行ってたら・・・。

関係無いけど今調べてみたら当時の記事がまだ残ってた。

 

スーツを着た骸骨

俺の体験
高校の時忘れ物に気がつき、19時過ぎだったが取りにいった
職員室に明かりがついてたから、大丈夫かなと思い入ろうとしたら昇降口には鍵が掛かっていた
仕方がないので職員室に直接行って入れてもらおうと向かったら、電気が消えていた
タイミング逃したかと中を覗いたら…スーツを着た骸骨が中にいた
俺はびっくりして見間違いかと凝視した
すると骸骨がくるりとこちらを見てカタカタ鳴り出した
もう本気でびっくりして逃げ帰ったよ
次の日職員室に行ったら普通の状況で、何事もなかった
先生にその話をしたら青い顔して、19時以降は学校になるべくこないようにと言われた
俺が見たのは5年前病気で他界した教頭先生で、なぜか夜間になると職員室に現れるらしい
顔が骸骨だか着ている服が教頭先生お気に入りの物だったから分かるとの話
死んでも学校に来るとか勤勉過ぎだと思った

ネクラ豚

恥ずかしい話なんだけど、小6の秋から18歳まで引きこもり状態だったんだ
今でこそ普通に外出できるし、仕事もしてるけど当時は家族以外の大人が怖くて仕方なかった
そんな引きこもりになった切っ掛けの話

通ってた小学校は6年が飼育小屋の掃除と餌やりを持ち回りでやる事になってたんだけど
みんな面倒臭くて真面目にやらないもんだから、先生が抜き打ちで見にきてたんだよ
で、自分の番がきていつもより早い時間に飼育小屋に向かったら、先生がすでに入口に待機してた

その先生は学校に赴任して2年目の若い女先生だったんだけど
ずんぐりした体型に陰気臭い雰囲気で、みんなでこっそりネクラ豚ってヒドいあだ名つけてた

そのネクラ豚に「おはよーございます」って挨拶しても返事もせずに俯いてブツブツ言ったまま
気にしないで飼育小屋の鍵開けた途端物凄い悪臭で息ができない

慌てて入口脇の電気のスイッチつけたら

ウサギが壁にずらっと吊されて、そのお腹から鶏の頭がにょきっと伸びてる
ウサギも鶏も床も壁も真っ赤になってて
とにかく普通の状況じゃない!逃げなきゃ!逃げなきゃ!って思うんだけど体は動かない
そしたら「早く掃除しなさい」って背後から声かけられた
あ!ネクラ豚がいたんだ!助かった!って振り向いたら
先生に両肩つかまれて前後に激しく揺さぶられて「掃除しなさい!掃除しなさい!」って絶叫しだして
もう自分大パニックで先生の絶叫に負けないくらいの悲鳴を上げてた
近所の人か他の先生が来たのかわかんないけど、ネクラ豚から引剥がされても悲鳴あげ続けてた
その後の記憶はちょっと曖昧だけど、毎日校長と担任が謝りに来てくれた
どうもノイローゼになったネクラ豚が夜忍び込んでウサギ達を殺したらしい
その事件だけでも充分トラウマなんだけど、2ヶ月くらいでなんとか立直って学校に通い始めてすぐに
学校辞めたネクラ豚に逆恨みされて付きまとわれて外に出られなくなった
親と学校側とネクラ豚でかなり揉めたみたいだけど、どうなったかは知らない

 

見慣れない女の子

俺が小学5年の時体験した事でな、給食後の昼休みいきなり校内放送で『校内を見慣れない服装の女の子が徘徊しているが追い掛けないように』的なものが流れた
クラスの友達があれを見ろと言うからみたら、北校舎3階のトイレの窓に風変わりな女の子が飛び出すかの様に出ていた
すぐに引っ込んで入れ代わりに先生が窓際に立った
後で聞いたら先生はトイレまで追い掛けて入ったら女の子が窓から飛び出す様に見えたので、慌てて駆け寄ったら見失なったと話てくれた
その後女の子は目撃されなくなり、次の日全校集会が開かれ、校長先生がおかしな事が起きたがいたずらに騒がないようにと注意を促した
という事態だったよ

福島県郡山市にある名前に柴のつく小学校のはなし

 

亡くなった時間

中学校の時の話

もうすぐ春休みになるぐらいの時期、その日は部活もなかったので友達と帰ろうとしていた
自転車に乗って帰ろうとしたところ、職員室脇のコピー機のあった部屋から制服姿の女の子が校庭を見ていた。
でもほんの一瞬目を離したら女の子の姿は消えていた。
まぁ何気ない当たり前の風景なんで気にもならないことのはずだが、なぜか一緒にいた友人も気になったらしく
「今ここに女の人いたよな?」という話になった。でもその場はそれだけでそのまま普通に帰宅
翌日、緊急の全校集会があり、校長から「3年生の○○さん(女性)が昨日の午後に亡くなりました」と報告があった。
その女の人は肺炎で学校も休んでて、卒業式も欠席してた。
亡くなった時間を聞いたら、ちょうど俺と友人が女の子を見た時間。
考えてみればその時間は職員会議があって、先生しか使えないはずのコピー機のある部屋に生徒がいるわけない
その女の人が、最後に見たかったのが校庭だったんだろうな。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
学校の怪談 短編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました