スポンサーリンク

『楽しそうなカップル』『公園の白い男』など短編・中編2話収録|洒落怖名作まとめ

スポンサーリンク
『楽しそうなカップル』『公園の白い男』など短編・中編2話収録|洒落怖名作まとめ【怖い話】 短編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽しそうなカップル

 

その日、俺は駅のホームで電車を待っていた。
ホームにほとんど人はいなく、俺の5mくらい横にはカップルがいた。
俺もカップルも、ホームの黄色い線内側ギリギリに立っている感じ。
カップルは楽しそうに話をしていた。
見ると女の子が可愛い感じだったので、俺はうらやましいな~って気持ちだった。

通過列車が来たので、俺は自然と電車の方を向いた。
電車が来る方向にカップルが居たので、自然とカップルも視界に入っていた。
電車がカップルの前にさしかかろうとした時、
女の子が彼氏を見ながら、満面の笑みで電車に飛び込んだ。

ガンッって硬い物に何か当たる音がして、その後電車のものすごいブレーキ音がして電車が止まった。
止まったって言っても、完全に駅は通過した後に止まったんだが。
通過列車だったから、かなりスピード出てたし。
線路には女の子の残骸らしきものがあったけど、まじまじと見る気持ちにはならなかった。
彼氏はその場でへたりこんで放心してた。
俺は完全に???の状態で、なんで??さっきまで楽しそうにしてのに??
てか、飛び込む瞬間も楽しそうだったし???

訳がわからないでたたずんでたら、駅員が数名走ってきた。
そのうち一人が俺に話しかけてきた。
「すいません、事故、目撃されましたか?」と聞かれた。
俺は混乱していたのもあって、どもりながら、「え・ええ・・」と答えた。
すると駅員が、
「そうですか・・・あの、お急ぎの所大変申し訳ありませんが、
これから警察の方が来ますので、事故の状況を説明していただけませんでしょうか?」
後で聞いた話によると、電車での人身事故の場合、自殺・事故の他に殺人の可能性もある為、
警察の現場検証を行い、目撃者に状況を聞くことがあるそうだ。
見ると、彼氏にも駅員が話しかけている。彼氏はまだへたりこんで放心したままだった。

俺は駅の事務所みたいなとこに連れていかれた。
「警察が来るまで待って下さい」と言われ、椅子に座らされた。
すぐに駅員二人に両脇を抱えられた顔面蒼白の彼氏が、事務所に入ってきた。
そのまま事務所の奥の方に連れて行かれ、俺からは見えない位置に座らされてた。

しばらくすると警察が来て、「お手間掛けますが、状況を説明して下さい」と言われた。
俺は正直に見たままの事を話した。
女の子は自分から飛び込んだから、事故ではなく自殺なんだろう。
彼氏も誰も突き落したりしてないし殺人でもない。
でも、飛び込んだ時の、女の子の満面の笑みは理解不能だった。
理解不能だったが、俺は女の子が笑顔のまま飛び込んだと説明した。
しかし、警察は特にひっかかった様子もない感じで、うんうん頷いてた。
奥から彼氏の呻き声が聞こえた。

俺は警察があまりに冷静だったので、
「自殺って皆だいたいこんな感じなんですか?」って聞いてみた。
警察は、「皆ではないけど、けっこうありますよ。こういう事は」と言った。
警察が言うには、自殺する気配がないのに、いきなり飛び降りたりする人がいるらしい。
そういう人たちは明るくて、まるで散歩でも行くかのように自殺してしまうから、防ぎようがないらしい。

死ぬと決めたから、気持ち的に楽になってハイになるのだろうか・・。
それとも、何かに引っ張られてしまうのだろうか・・。
俺が見た感じだと、あの電車に飛び込む神がかり的なタイミングは、
何かに引っ張られたと言われた方が、説得力があるような気がした。

 

 

公園の白い男

 

これは、昨日、本当に起こった出来事です。

夜の7時に、彼女と公園で会う約束をしていました。
最近は日が短く、辺りは真っ暗でした。

彼女と会って軽く雑談をした後、俺の提案で肝試しをする事になりました。
彼女はあまり気が進まないみたいだったですが、公園を一周するだけなので彼女も納得しました。

暗くて、たくさんの木がそびえ立つ一直線の道を二人で歩いてました。
怖いと思いましたが、結構その雰囲気にわくわくもしていました。彼女はびびりまくってましたけど…。

そこで公園を半分以上歩いた時、ふと、30メートルくらい先に薄暗い電灯に照らされた不気味な公衆トイレが見えました。
そのトイレは昼間でも気味悪いと近くで有名です。

そこには、白い服を着た男の人がそのトイレに寄り掛かってました。
一瞬ドキンとしましたが、別に普通の人だろうと思い、足を止めずに進みました。彼女にも「あの人なんか怖いね(笑)」と言ったりしました。

怖がりな彼女は、あの男の人を不安げにじっと見ていました。
そのまま歩きながら彼女は言いました。

「あのね、〇〇くん(俺の名前)」

「何?」

「私、今コンタクトレンズ付けてないの」

「そうなの? それがどうした?」

「でもおかしいの。ちゃんと周りはぼやけてるのに、あの男の人だけは顔まで見えるの。この距離なのに」

「え?」

俺と彼女は思わず立ちどまった。

「おかしいと思わない?」
彼女は恐怖でいっぱいの顔だった。
その男を見ると確かに顔がはっきり見える。
俺も視力はそんなによくないのだが、なぜかあの男だけやけにはっきり見える。
それに気付いた瞬間、何やら恐怖が沸き上がって来た。

「引き返そう」

そういって彼女の腕を引いた。すると後ろからペタペタペタペタ…という音が聞こえた。振り返ると、

「ヒッヒッヒッヒ!!」

とあの男がめちゃくちゃな動きで不気味に笑いながら走って追いかけて来た。
俺と彼女は無我夢中で逃げたが、あの男は速い。
ペタペタという音と男の「ヒッヒッヒッ」という声がだんだん大きくなっていった。
すると出口が見えた。
出口は右側にあり、出口付近に人影が見える。

「助けてくださーい!!!!」

大声を上げ、必死に必死に走った。もうすぐ後ろにあの男はいる。出口まであと少し、男の息が首に当たる。

ついに出口に着いた。

「助けてください!!」
右に曲がった。
そこにいたのは……

「ヒッヒッヒッヒ」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました