スポンサーリンク

『笑ってはいけない』|洒落怖名作まとめ【自己責任系】

スポンサーリンク
『笑ってはいけない』|洒落怖名作まとめ【自己責任系】 自己責任系
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自己責任系 – 洒落怖名作

 

『笑ってはいけない』

 

僕の親友(名前はA君とします)の体験した話です。
僕が頼み込んで絶対笑わない事を約束に聞きました。
まず始めに断っておくと僕らはある学校の寮に住んでいて、お風呂は大浴場でした。

A君はバイトをしていていつも夜遅くに帰ってきました。
彼が帰る1時頃には普段数人の学生が風呂を使っていたんですがその日は土曜ということもあり、彼はその浴場で一人でし
た。

彼はその時怖いと言う気持ちは微塵も無く、ただ「一人じゃん、ラッキー」程度に思ってその大きな浴場に壁に背を向けてつかりました。浴槽につかり出して2分ほどしたころに、彼は後ろのほうから不思議な音を耳にしました。

「ジュルッ…ジュルジュル…」

 

始めは彼は後ろの壁の向こう、つまり低学年用の大浴場で誰か寝ズリでもしてんのか?と小さく笑ったそうですが、その音がだんだんA君の頭の後ろのほうまで近づいてくる気がしたそうです。しかし、一瞬後、彼は水中にいました。なんと彼曰く、何かに頭の上から押し込まれたそうです。

彼はパニックに陥りながらも、もしかしたら友達が知らない間にびびらせようとしたのかと思い、水中で目をあけ、ぼんやりと見える水上の様子を見上げました。そこには白い霧のようなものが漂っていました。

そしてその力はとても強くて抜け出せず、彼は恐怖と息苦しさのあまり水中で気を失いました。

その時、たまたま入ってきた先輩が溺れている彼(気絶寸前だったらしい)を発見し、彼を救助、A君は救急車で運ばれ、発見が早かったのが幸いし一命を取りとめました。

A君はそのことを誰にも告げず、ただバイトを辞め、風呂には多くの学生たちがいる8時頃に、浴槽には決してつからなくなりました(今でも)。

 

しかし話はそれだけでは終わりませんでした。

ある日先輩はA君を呼び出し言いました(話はとても長いので簡略)。
その話の内容はおまえが溺れてた時、湯気が人の形をしておまえを押さえつけてた。
ソイツは俺のほうを見て(なんとなくわかったらしい)壁の中に逃げ込んだ。
そして、あれはいったいなんなのか?
というものでした。

その時、A君はそんなものを見たのに救助に来てくれた先輩の度胸に感服したと言ってました。

そして、最後に先輩は気になったのでオレが調べるけどおまえはどうする?と聞き、A君は何かわかったら教えて欲しい、と言ってポケベルの番号交換し別れたそうです。

そして数日後、その先輩から真相が分かったと言って明日の朝の登校前に会いたいと言うメッセージが届きました。
A君はその日すぐに寝て明日を待ちました。

朝、待ち合わせの場所には先輩はきませんでした。ただ、その日は何故か一時間目の授業が無く、全校生徒が体育館に集められ、教壇にたった副校長は一言言いました。

昨晩、5年6組の山下卓郎君(先輩の本名、仮名)が浴場で亡くなった、とのことでした。
死因は心不全とのことです。しかし、この集会がやたらと短かったのを覚えています。
そして、先生方は足早に体育館から去っていきました。A君はその時釈然としない何かを先生方の態度から感じ取ったそうです。

その日ついにA君は先輩が死ぬ前に訪ねた定年まじかの先生に話を聞きに行きました。
その先生は始めに「やっぱり来たか…」と小声でつぶやき、最初のうちは何もしらんで言い張っていたようですが、A君が毎日その先生の部屋に来るので先生もついに根負けし話を始めました。

「最初に断っておく。絶対笑ったり、口外したりすんな、分かったな」

そう言うと先生は話し始めました。

20年ほど前の冬にある学生いたそうです。彼はは少し周りと違っていて、少し気味悪がられていて、ちょっとした(今のような酷いものではなかったらしいが)イジメのターゲットとなっていたらしいです。

ある日の夜中、彼は遅くに風呂に入りました。その時数人の友達が彼をおちょくって笑おうと言って、彼が浴槽からでる所に濡れた石鹸を置き、彼がスッ転ぶのを見て爆笑、その後彼も爆笑、という計画の些細な悪戯でした。

しかし、運悪く彼は頭の打ち所が悪く動かなくなり、友達たちは恐くなって部屋に逃げ帰りそのことは誰も触れなかった…しかし次の日彼は死んでいた。凍死だった。裸のまま朝まで発見されなかったからだ。

その後、彼の友達たちは誰にも何も言えず、彼の葬式で本当に悔いていたと言った。しかし、その中の一人がある日突然、自宅の風呂場(土日で家に帰っていたと思われる)で死亡、立て続けにもう一人も死亡した。

最後に残った一人は風呂が嫌いで三日か四日に一度しか入っていないのが幸いし生き残った。しかし他の友達が死んでからはご飯もロクに食べずにノイローゼとなった。そして彼は訪ねてきた当時の担任、つまり今話してくれている先生、に全てを打ち明けた。

先生は学校の名誉のためもあるので、誰にも言わないと約束し彼の部屋を後にした。しかし、数日後に彼は衰弱死した。最後の夜彼は「やつが来る!!」と「悪かった!!」を叫びつづけていたそうだ…

数年後、先生は卒論の担当をしているある学生と飲む約束をした。
その時、酔いも任せて先生はついその話をしたそうだ。その学生は爆笑した。
「石鹸で!!滑って!!し、死んだって!!バ、馬鹿ですね~!!」とその学生は笑い転げた。
その時先生は、何故か嫌な予感がしたという。

その次の日、その学生は息を引き取った。風呂で…

その話を聞いて先生は「これが2度目だ…」と小さくつぶやいた…

僕等は笑わなかった、いや笑えなかった。
きっと彼はいつもあそこにいるんだろう。そして、たまたま聞こえた彼のはいずり音に苦笑したA君を狙ったんだと僕は思う。
そして自分の死を嘲笑ったもの、全てを殺す気なんでしょう。

そして、今もA君を狙っているのかどうかは分かりません。

ただひとつ、なんで僕がここにこの話を書いたか、分かりますか

それは今はノイローゼとなりつつあるA君が哀れで…

あなた達の誰かに…

この呪いを…

きっと彼は訪れるでしょう…

彼を嘲笑ったあなたを殺しに…

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました