スポンサーリンク

【名作 長編】『神の妻になるということ』|本当にあった怖い話・オカルト・都市伝説

スポンサーリンク
【名作 長編】『神の妻になるということ』|本当にあった怖い話・オカルト・都市伝説 厳選
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

神の妻になるということ【名作 長編】

 

姉の話。姉本人がどこかのスレに相談したらしいので読んだことある人いるかも。
姉はここ二、三ヶ月まえからダイエットしてる。
事務所の昼休みや帰りにウォーキングしたり自転車で出たりしてて、そのコースの途中に神社があるんだって。

 

だけどその神社は、私も見たことあるんだけどいつも閉まってる。
鳥居の足元にガレージとかにあるようなXがいっぱい連なったみたいな感じの門がついてて、鳥居からは入れないようになってる。
でも神社の隣にお寺があって、そのお寺から神社に行ける。

 

なんか姉はこの神社(以下A神社)に気に入られてるみたいだった。
姉自身もいつも閉まってるA神社に興味持ってたみたいなんだけどまるでA神社にも呼ばれてるみたいっていうのか、車で前通ったとき、寝てても誰かに呼ばれたみたいにパチって目覚めて。
きょろきょろして「あ、ここの神社の前だったかー」ってことが何回もあった。

 

でもそのお寺とA神社は車が止めづらい場所にあってなかなかお参り自体は出来なかったのね。
私もかなり前に、一回姉にくっついて初詣に行ったことはあるけど「寂れた神社だな。もっと掃除すればいいのに」くらいしか思わなかった。
境内に白い猫がいてその子はかわいかった。

 

で、姉はウォーキングの途中にA神社に寄ってみた。
一回目は何もなかったんだけど、そのうち怖い夢を見るようになった。
なんか怖いモノに襲われててどっかに避難してるのに、そこから誰か知らない男の人に「こっちに行こう、外は怖くないよ」って
あの手この手で誘われるんだけど、姉は「行ったら絶対にマズイ」って思って必死に断る夢。

 

最初は気のせいだって思ってたらしいんだけど一ヶ月くらい連続で見るようになって一定の法則があることに気が付いた。
A神社に寄ると怖くない夢、神社の前を素通りすると怖い夢、ウォーキングに行かないと怖いところから綺麗な場所に誘われる夢。
綺麗な場所の時はお祭りに誘われたり、花とか星を見に行こうとか綺麗な景色を見に行こうとかなんかデートっぽい誘い方。
とうとうある日、姉は一番怖い夢を見た。

 

真っ白の着物を着せられて、白木の箱に寝かされて、火葬場の炉に入れられる。
扉が閉まると誰かが来て「このままだと焼かれてしまうよ」って姉を連れ出そうとするんだって。
でも姉は「体は焼けるけど、私は焼けないから大丈夫。それより今出て行っちゃったら家族に会えなくなる」って必死に断った。

 

そしたらしびれ切らしたらしい相手が腕をぐって引っ張って、「嫌だ!行かない!」って叫んだら目が覚めて助かった。
「真っ白の着物って死に装束?」って聞いたら「花嫁衣裳だった」って。

 

私は「それヤバいよ、変な神様に気に入られちゃったんじゃない?」って言ったんだけど
姉は「神様がこんな普通の人間を気に入ったりなんかしないでしょ」
でもヤバいことは姉が一番分かってたから「Aさんのことを言ってく」って地元の大きな神社にお参りに行った。

そこでお守りを貰ってきて、それを枕元に置いて寝るようにしたら怖い夢がなくなったらしい。
今度はデートっぽい感じの夢ばっかりになったんだって。

 

花を貰うとか手紙が大量に来るとかストーカーに付きまとわれてるみたいな夢で、そっちも必死に断ってたけど、今度は指輪を渡されたらしい。
怖いから指輪は嵌めなかったらしいけど、指輪と言い花嫁衣装と言いなんか相手は本気っぽくない?ってことで地元で有名な八卦見さんのところに行くことになった。
八卦見さんはすごい人で、会って挨拶してすぐ「○○町のA神社のことだね?」といきなり言った。
姉は電話で「怖い夢を見るから」としか言ってないのに。

 

八卦見さんは「あんたの後ろに神様が見える」といって色々説明してくれた。
姉はやっぱりA神社の神様に気に入られちゃってたらしい。
でもA神社は開かずの神社になってて誰も来ないから神様が病んじゃってた。

 

神様と荒れた神社に入って来た魔物が混ざって余計に病んじゃって、魔物は姉を連れて行きたいんだけど、神様は姉を守ろうとしてる。
でも神様自身も寂しいから段々姉を神社に近付けようとしてた。
普段は神様が勝ってるし、乱暴にすると姉に嫌われるから穏やかにしてるけど、夢の中ではその抑えが利かなくてあんな怖い夢になってたんだって。

 

地元の大きな神社にお参りしてからは、魔物が抑えられたから神様が正攻法で誘おうとしてる。もう病んじゃって力が無いから、夢でしか誘えないんだって。
昔だったらお嫁さんとして修行に行かされてるところだって言われてた。

 

「アンタは神様の妻になる気はある?」って聞かれた姉は、「いくら神様でも夢とはいえ棺桶に突っ込んでくれた相手なんて絶対無理です」ってきっぱり断ってた。
八卦見さんは「正気の時の神様は「時々姿を見せてくれるだけでいい」って言ってるよ。
でも、つらかったら近付かなくてもいい」って頷いてて、お守りはきちんと持ってろとか、地元の神社には行くようにしろとか注意してた。
地元の神社の神様は力が強くて、もうそこにお参りした後だったから八卦見さんはあんまりすること無かったんだって。
姉は「なんで私が見込まれたんでしょう」って聞いてた。

 

「今まで前を通ったことは何度もあるし、何年か前に行った時は何もなかったのに」
「前々から気にかけていらしたけど、その何年か前のお参りに行った時にお気に召したんだろうね。そういえばアンタ、最近行き始めた最初の時に雨に降られたって言ってたね。それ天気雨だったんじゃないの?」
「はい、夕立だったんですけど、空の半分は晴れてて変な感じでした」
八卦見さんはやっぱりねっていう顔をした。

「天気雨は狐の嫁入りっていうからね。嫁入りするのは狐だけじゃない、人間もだよ。しばらく来なくて寂しがっていたところに、また来てくれるようになったから、今度こそは逃すまいと思われたんだ」

 

情の深い神様だから長引くことは覚悟しなさいって言われて、それであとは帰ってきた。
姉はウォーキングのコースを変えて、わざわざ遠回りしてでもA神社の前を通らないようにしてる。
変な夢を見る頻度は減ったみたいで、あとは徐々に治まっていくんだろうって言ってる。

以下は、お姉さんの投稿 ⇒ 開かずの神社

 

神様に魅入られる – 開かずの神社 –

 

現在進行形の話のためオチはないです。職場の近くに開かずの神社があります。

お寺の敷地内にある神社で、神社とお寺の入り口は別々になっています。
お寺の門と神社の鳥居が横に並んでいる形なんですが、お寺は普通に開いてるのにも関わらず、神社の方は鳥居の下に門が取り付けられてていつも閉まっています。
家とは反対方向だからしょっちゅうは通らないんだけど、たまに前を通る時には妙に目に入ってくるのです。
バスに乗って下向いてスマホいじってても、何故かハッとして顔を上げると丁度神社を通り過ぎるところ……
ということがよくあります。

 

何で閉まってるんだろうって気になってたんですが、なかなか機会が無くて前を通るだけでした。
三年ほど前に一度だけ行けたことがありましたが、それっきりずっと行っていない状態が続きました。
それで、ここ一ヶ月くらい前からウォーキングを始めたんですが、そのコースの途中にその神社の前を通るもので、休憩がてら立ち寄ってみました。
神社はお寺の敷地と繋がってて、門こそ閉まっているけれどお寺側からなら自由に入れるし、お坊さんも何も言いませんでした。
神社は草が生えたりしててお寺ほどきれいではありませんでしたが、掃除はされているようでした。
で、いざお参りしようとしたら、鈴が無い。

 

色あせた紅白の紐はぶら下がってるんだけど、鈴は無いんです。
でもせっかくここまで来たんだから……と、鈴は無しで、
「前通るたびに気になってました。今日ここに来れて嬉しいです」
と手を合わせてご挨拶だけしてきました。

 

その後、境内をちょっと見てきましたが、奉納されてる物を見ると、十年くらい前までは普通に開いてて近所の人が参拝に来てたみたいでした。
帰る時、寺の門を出ようとすると、急に大きな雨粒が落ちてきました。
夕立というには物凄いゲリラ豪雨で、慌てて入り口に近い神社の軒先に避難させてもらいました。
ゲリラ豪雨だからか空の半分は晴れてて変な気分。

 

近くには雨宿りできそうな場所は全くなかったので、もしお参りに来ていなかったらびしょ濡れになってたと思います。
神様に助けてもらったのかも……とほっこりした気分で帰宅しました。
ここまではまあ、何の害もない話。
神社に寄るようになってから、妙に怖い夢を見るようになりました。

夢なんてここ数年滅多に見なかったのに。
夢の内容はどれもリアルな感覚があって、誰かにどこかに連れて行かれそうになって、「いやだ、行かない」と断って目が覚めます。

 

  • 棺に入れられて火葬場の炉に入れられて、そのまま誰かに連れて行かれそうになって断る
  • ホラーゲームばりのお化けの巣窟と化した学校の教室から、見回りのために廊下に出ようと言われて断る
  • どこかの部屋に閉じ込められてて、窓やドアをバンバンと叩く怖いものが外にいて、それから逃げるために外に出ようと言われて断る
  • 怖い何かに探されてて、見つからないように必死で隠れているのに、足元に外から大量の血が浸水してきて、外には怖いものが待ち構えているのに出れば助かると言われて断る
  • 何かのホラーイベントしていて「ここは危険だから出よう」と言われるけど、「これはあくまでイベントだから」と言って断る
  • カフェかレストランみたいな場所で昔ちょっと好きだっと先輩に「外に面白いものがあるよ」と勧められるも断る
  • 賑やかにお祭りをしている村から、誰かに星を見ようと誘われて外に出ようとするけど断る

……などなど。

 

今日なんかは山の中にある綺麗な泉を見に行こうと誘われて、木々の緑の美しさに心惹かれて山に入りかけるも、近くにあった池の魚に気を取られたお陰で、我に返って断れました。
誘ってくる誰かは、知っている人だったり知らない人だったり色々。顔が見えない時もあります。
夢の中では「何か知らないけど怖いから断らなきゃ!」と思って必死で断っています。
神社に寄った日は夢の表現はマイルドで、寄らずに前を通っただけの日は夢の表現がR18Gに。

 

ウォーキングに行かなかったり、別のコースの日は、R18Gの状態から美しい場所に誘われるパターンが多いです。
ただの夢だと言えば夢なんだけど、同じようなものばかりで気味が悪いし、R18Gの夢は怖い。
私は一体、何の誘いを断っているんでしょうか。
とりあえず、絶対に誘いに乗るつもりはないです。

 

□ □  □

 

その神社は閉まってる理由があったのに入っちゃったから魅入られたんじゃないのかな。
元々神社にいた存在かもしれないし、人気がなくなってからやって来た存在かもしれない。
神社に訪れた経緯も含めて同じ敷地内のお寺の人に相談したほうがいいと思う。
じゃないと、連れて行かれそう。
脅してるわけではなく、これが一番しっくり来ると考えられる理由なので、怖がらせちゃったらごめんなさい。

 

そこのお寺で事情話してみたら、同じ内容の夢を繰り返し見るって意味があると思うよ。
あとはお住まいの地域の氏神様か、一宮様にお参りして御加護を願われることを強くお勧めいたします。
御祈祷を受けられるのもよろしいかと存じます。

どのみちすでに「道」「縁」が作られちゃってるんだから、原因と対策を聞きにいった方がいいでしょ。
まだ隣にご住職居て良かったよ。
山奥の神主不在な神社で同じ事が起きると厄介だ。
うかつに閉じられた、管理されてない神社を拝むもんじゃない。
神社好きなら興味もつのは当たり前で、その好奇心を「神様にお呼ばれした」と履き違えがち。
悪いモノにみいられた可能性も考えないとね。

 

□ □  □

 

やっぱり悪夢の原因は神社と考える方が多いみたいですね。
「神様や人でない者に気に入られてるのかも、なんて思い上がっちゃいけない。もし神様じゃなくて他のモノやただの自分の妄想だったら、神様に失礼じゃないか」
と自分に言い聞かせていたのですが、夢があまりに続くので気になって投稿しました。

 

私も住職さんに話を聞こうとしているのですが、時期が時期だからか行っても法要の真っ最中だったり、不在だったりすることが多くなかなか会えません……
対策として、家でたまたま同じ神様を神棚にお祀りしていたので、毎日神棚に手を合わせています。
昨日はその神社の総本山で受けきたお守りを近くに置いて寝たら、怖い夢も何も見ずに目が覚めました。

 

ただ「ちゃんと断った」という感覚だけが残っています。
しばらくこれで乗り切ろうと思います。
馴染みのある神様だと思ってつい親近感を持って、閉じた神社なのに入ってしまったのがいけなかったんでしょうね……

以下、後日譚、

 

後日談

 

少し変化があったので報告に来ました。

あの後、小さい頃からよく詣でている地元の神社(便宜上、氏神神社と書きます)に行ってきました。
その日の朝、目覚める直前にだれかが背中にそっと手を当てているような感覚がありました。
金縛りみたいなものか?と思いましたが悪い感じではなく。
ただ手の感触が妙にリアルだったことと、人ではなくてもっと小さなものの手(?)のようだったことを覚えています。

 

その氏神神社も、例の開かずの神社も、偶然同じ動物を神使としており、その動物のが触れたら丁度こんな感じだろうと思いました。
兎も角、その氏神神社にお参りすれば大丈夫だという確信があったので、手は氏神神社においでという意味だろうと勝手に解釈して行きました。(そうでも思わないと怖かったものですから……)
有難いことに、氏神神社に着くまで一度も信号に引っ掛かることも無く、驚くほどすんなり到着しました。

 

その神社で、どうか悪いものに引き込まれないようお守りください、それからあの神社が、いっそ廃社なら廃社でもいいので、良い方向に向かいますように、とお祈りしてきました。

 

廃神社なら廃神社でも……というのは、実は、開かずの神社は三年前に私が初めて行った頃には、夜には真っ暗で、境内も全く掃除がなされていない状態でした。
その時にお坊さんが、多分、人が来ると思っておられなかったのでしょう、私が神社に来たのを見てびっくりした顔をなさっていました。
その後に前を通ったら、夜にはちゃんと蛍光灯が付くようになり、ウォーキングを始めた頃には掃除もある程度されるようになっていた……
という経緯があります。

 

ひょっとしたら、私以外にも参拝客がいたのかもしれませんが、今のところ神社で一度も私以外の参拝客を見たことがありません。
例えば、お賽銭を入れた時の音からして、賽銭箱の中身は全く回収されていないような状態で、恐らくお寺さんの方は神社に触らない方針なんだと思います。
後継者とか権利とか金銭の関係で触れないのかもしれません。

 

こんな経緯があったものですから、まるで眠ろうとしていたものを私が起こしてしまったような気がして、身勝手ながらお願いした次第です。
氏神神社に参拝に行き、お守りも受けて来てから、いったん夢は見なくなりました。
お盆休みで開かずの神社どころかウォーキングにすら行かない日もあったんですが、夢を見ないか、見ても関係なさそうな普通の夢ばかり。
しかし時々、あれっと思う夢があって……

 

なんというか、怖いタイプの夢はぐっと減ったのですが、恋愛描写に近いような夢が増えてきたんです。
誰か見知らぬ男性がデートに誘ってきたり(断りました)、寝ているところにキスしようとして来たり(払いのけました)、筆で書かれた手紙が山のように来たり(達筆すぎて読めません)。
そういう夢は、あの怖い夢のような血のような赤が必ずどこかに出てくるのですぐ判ります。

 

今日の夢では、白い服を着た女性が「ストーカーには気を付けてね」と忠告をくれました。
その直後に不審な男性がやって来て、「あなたのファンです」と言って花束と小さな箱を押し付けて去って行きました(私はただの一般人です)。
箱を開けると中身は銀色の蛇の指輪でした。

 

私は少し前に、現実でお気に入りの蛇モチーフの指輪を失くしてしまっていて、同じような指輪を探していたのですが、渡された指輪は普通の指輪の大きさよりもかなり大きく、蛇が七周くらい指に巻き付くようなデザインで、指の付け根から次の関節まで覆ってしまうような大きさです。
蛇は好きですが、この指輪はなんとく怖かったので、白い服の女性に「何かあったらお願いします」と頼んでおいてから、試しに左手に嵌めてみました。

 

人差し指は嵌らず、中指は少しきついけど入る、おそらくもっと細い薬指にはぴったりでしょうけども、怖いので嵌めずに、すぐに中指からはずしました。
よく見ると、指輪は表側こそ綺麗な銀色でしたが、腹の側は真っ赤に塗られていて、血がにじみ出たような色をしており、蛇の大きな目も真っ赤でした。
おもわず《アカカガチ(赤輝血・赤酸漿)=ホオズキの古名》という言葉が脳裏に浮かんでしまったほどです。

 

指輪を箱にしまって、女性に「無理です」と言うと「そうよねえ」と頷いてくれて、目が覚めました。
開かずの神社の祭神も神使も蛇ではありませんが、蛇に何かあるのか、それとも単に蛇の指輪を探していたからか……
この休みが終わったらまたウォーキングに行くことになりますが、開かずの神社に行って改めてお断りしてきた方が良いのか、執着が収まるまでもう少し待った方が良いのか、今少し悩んでいるところです。
心境的にはもう近寄りたくないくらいです。
最初は静かで雰囲気の良い神社だと思ったんですが……

 

□ □  □

 

何度か行こうとしているんですが、ご住職が不在か法会の真っ最中とかなんです。
そこのお寺はホームページもないし、電話帳にも載っていなくてアポも取れない。
何よりも開かずの神社のすぐ横なのであまり近寄りたくないんです。
氏神神社や他の所にお参りに行ったら徐々に治まってきているので、外堀から埋めて行って、直接対峙せずに済むならそちらのほうが有難いなとも思っています

 

実際の害は悪夢を続けて見ているだけなので、それさえ治まって、それ以外の実害が出なければそれで良いんです。
あとは神社に近づかなければ大丈夫になりつつあるので、自分の思い込みにしろ実際に何かがあるにしろ、隣のお寺に近付いて事を大きくしたくないんです。

 

今日でもう休みが終わるので、思い切って地元で有名な八卦見さんの所に行ってきました。

 

一度そういう人に見てもらって、因果を聞いて納得して、それで後はもう忘れようと思ったからです。
八卦見さんの所に行ったのは今日のお昼過ぎでした。
到着して部屋に入ると、八卦見さんは挨拶した後に、「○○町の○○神社のことだね?」といきなり聞いてきました。
事前に詳しい事情は話していません。

 

アポ取る時には「悪い夢を見るので何とかしてほしい」と話しただけだったので驚きました。
「あんたの後ろに、そこの神様が見えるよ。でも、それだけだね。あんた、もうちゃんと力のある神様におすがりしたでしょ。対処が早くて助かったね」
と言いました。

 

そして、「あんたはどうしたいの」と言ったので、私は、これが自分の思い込みだったらそれが無くなってほしいし、もし何かが本当に害しようとしているのなら困る。
いずれにせよ今の実害は悪夢を見ているだけだけれど、それが無くなってほしい、忘れたいです、と話しました。
すると八卦見さん(と呼んでいますが、実際のその方は八卦はやりませんでした)は、「これも時代かねえ」としみじみ仰いました。
八卦見さんのお話を箇条書きにすると、

 

  • 私が「これは自分の思い込みかも」と思っていることと、氏神神社に行ったので、一番ひどい時期は過ぎている
  • 開かずの神社の神様にもうそこまで力は無い
  • だから実害も無く夢だけで済んでいる
  • 私に執着しているのは、力の無くなった神様と、荒れた神域に入り込んだ魔物の両方が混ざり合ったもの
  • 神様は魔物を退治しようとした結果、神様が取り込んで混ざった
  • 神様は私を巻き込まないように、魔物は私を取り込むようにそれぞれ動いているので、二面性を持っているように見える
  • しかし、神様も忘れ去られて寂しいので、徐々に私を神社に近付ける方向に向かっていた。いわば狂気と正気が混ざり合った状態
  • 普段、神社が穏やかに見えるのは、普段は正気の面が出ているから
  • 見込んだ相手を乱暴に扱ったら逃げられてしまうので、普段はなるべく穏やかにしている
  • しかし夢では魔物の面が出てしまって覆い隠せなかった
  • 氏神神社に行ったことで多少落ち着いて、脅すのではなく正攻法で誘おうとしている(私は夢で見やすいタイプなので、これに限らず、変な夢を見た時は気を付けろと言われました)
  • 私が蛇が好きなので、悪霊は今は蛇の形を取っている
  • そこの神様も蛇も、どちらも情が深いので、見込まれたら長引くことは覚悟しなさい
  • 昔だったら、神様の嫁になる人だと言って修行に行かされてた
    一人でも信じる人や巫女がいれば、神様としてはやっていける
  • その相手として見込まれたんだろう

 

「で、あんたは巫女になる気はある?神様の妻になる気はある?」
「ありません」
即答しました。

 

「いくら元神様でも、夢とはいえ棺桶に突っ込んでくれた相手なんて絶対無理です。それに、そういうこともあるのかもしれないけど、今の話を伺っても正直、何かの小説かと思いました」
「あんたはそれで良いんだよ。神社は時代の流れだから、あんたにはもうどうしようもないし、そういうしっかりした気持ちが、あんたを助ける。正気の時の神様はね、あんたに『時々姿を見せてくれるだけでいい』と仰ってるよ。神様だって悪気があったわけじゃない。久し振りにあんたが来てくれて嬉しかったんだよ。でも、(神社の)中に入るのはよした方が良いね。あんまり近付くと神様もお辛いよ。諦めようとなさってるんだからね。近くに住んでりゃ、どうしたって前を通ることはあるだろうから、それだけで十分じゃないかね」

 

長引くだろうけど気をしっかり持って、なるべく気に掛け過ぎないように、つらかったら神社の前を徹底的に避けてもいい、と八卦見さんは言ってくれました。
悪夢の方は、氏神神社のお守りで十分だそうです。

 

そのせいか見料は思ったより高くはありませんでした。
あとは、行ける時でいいから氏神神社に参るようにしろと。
しばらくはウォーキングコースを変えて、前を通ることがあっても絶対に神社には入らないようにして、徐々にでも忘れていきたいと思います。
神社は地域の主要道路沿いにあるんです……
八卦見さんに「神社はもうどうしようもない」と言われて、随分気が楽になりました。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
厳選 長編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました