スポンサーリンク

『笈神様(おいがみさま)』|洒落怖名作まとめ【○○様 ○○さん系】

スポンサーリンク
『笈神様(おいがみさま)』|洒落怖名作まとめ【○○様 ○○さん系】 ○○様 ○○さん系
スポンサーリンク
スポンサーリンク

笈神様(おいがみさま)

 

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。もう雪は完全に溶けていました。

 

親に出来事を話しましたが、そんな訳あるか、と信じてもらえませんでしたが、泣きながらの必死の訴えに折れたのか、現場を見てきてくれましたが、何も無かったとの事でした。
しかし子供は自分を一番信じる物で、やはり自分の見たことを疑う事はありませんでした。
丁度冬休みで、一週間後には実家へ帰省する、という頃の出来事でした…。
その後、数日間はあの出来事を思い出し、外へ行く事が出来ませんでしたが、元気に外で遊ぶ弟を見ていると、あの出来事は夢だったのだろうか、と考えるようになり、いつしか自分も外で走り回っているようになりました。

 

あのような出来事も無く、いつしか殆ど記憶の隅から忘れ去り、いつのまにか実家へ帰省する日がやってきました。車で高速を通って、およそ5時間程かかります。
いつものように、自分のお気に入りの携帯ゲームや、本等を前日に用意し、実家へと帰ったのです。
お婆ちゃんやおじいちゃんに会う事を楽しみにしていた私ですが、実家に着いた時、凍りつきました。
実家の家の構造は、まず塀に囲まれており、一箇所が門、もう二ヶ所がそれぞれ車庫と裏口に通じるようになっており、門を潜ってすぐ右側に庭、まっすぐ進めば玄関、となっています。
私が凍りついたのは、門から入り、なんとなしに右側を見たからでした。そこには、あの球体があったのです。まだ空も明るい午後5時頃の事です。

 

色は、ここでも見たはずなのにやはり憶えていません。触る勇気は、もはやありませんでした。
恐怖に打ちのめされそうになりながら、親にしがみつき、父親に球体を指差し、言葉にならない言葉を発しながら、泣き出しました。
ところが親には何も見えないようで、何故私が泣き出したのか解らず困っていましたが、何か大きな生き物でもいたんだろうという事で納得されました。
ただその時、玄関から出て私達を迎えてくれたおじいちゃんだけは、真剣な顔つきで私を見つめていました。

 

小一時間程本を読んだりして暇を潰した後、夕食を食べる事になりました。夕食は子供が好きだから、という事でカレーライスでした。
勿論私も大好物なので、喜んで食べました。ただ、やはりあの球体が気にかかり、心配でした。もちろん恐怖も。
一人で早々に食べ終わらせ、2階の寝室に行き、静かにして落ち着くつもりでした。2階へ行き、寝転がって本を読んでいると、静かに襖が開き、おじいちゃんが来ました。
おじいちゃんは静かに私の隣に座り、一言漏らしました。
「○○(私です)ちゃん…笈神様(おいがみさま)が見えるのかい…?」
笈神様。私はすぐにあの球体の事だと解りました。
「お…いがみさま?」
「笈神様。庭に安置してある丸いボールがあったろう? あれの事だよ…」
私にも解りやすいように、ボール等という言葉を使っていたのをよく憶えています。
「笈神様は、この土地に代々伝わる神様でな…」
「何の神様なの?」
「うーん…何もしない神様、かな。一応神様という事になっておるから、悪口は言えんが…」
そう言って、おじいちゃんは私に笈神様のことを話し始めました。要約すると、こういう事です。

笈神様は、人々に利益を与える事は何もしない神。だが、人間が悪い行いをすると、それに見合うだけの天罰を降らせる。しかし人間が人間に対して悪いことをしても何も起こらない。
要するに人間ではなく、自然を守る神、という事になるのだろうか。人間に対してではない悪い行いといえば、自然に対する事しかない。

 

おじいちゃんも詳しいことは何も知らないそうだが、言い伝えによれば、何百年も昔から、笈神様を見る事が出来るのは数少ない人間のみで、笈神様もその数だけ存在するという。
見える者はそれを祀り、管理しなければならない事になっているという。また、この話は、この地域の人間は誰もが知っており、天罰を避けて悪い行いは全くしないという。

こんな話だった。
子供心に、なんだそりゃ…理不尽な神様だなあと思ったが口にしなかった。しかし、その後とんでもない事を思いついてしまったのだ。
「そんな神様、私が倒してやる!」
私は倉庫から金槌を持ち出し、未だに庭に見える神に近づいていった。そして思い切って、真上から振り下ろしたのだ。
直撃する瞬間「ドゴゥォォォォォォォォオオオオオオオオオオン」と物凄い音がし、それと同時に臭い臭いが漂ってきた。

 

音に気付いたおじいちゃんが、凄い形相で走り寄ってきた。私は呆然とその残骸を見詰めていた。
そこには、真っ二つに割れたカプセルと、半分ミイラ化した、茶色い死体が入っていた。
その死体は他の人にも見ることは出来たらしく、警察も来るおおさわぎになった。
後で聞いた話によると、その死体は凡そ60年前の子供の死体だという。だが、何故こんなにも保存状態が良かったのかは判らなかったらしい。
おじいちゃんにこっぴどく叱られたが、おじいちゃんの話によれば、保存状態が良かったのはカプセルのせいかもしれない、という事だ。
あの時、俺が見たカプセルにも、何かが眠っているのだろうか……。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
○○様 ○○さん系 中編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました