スポンサーリンク

『外人の呪い』『疫病神にしか見えない』など短編 – 全5話|洒落怖名作まとめ【短編集】

スポンサーリンク
『外人の呪い』『疫病神にしか見えない』など短編 - 全5話|洒落怖名作まとめ【短編集】 短編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サビだらけのドライバー

 

今から4年ほど前の今ぐらいの季節の話です。
夜の11時頃、東大阪まで彼女を車で送って、奈良の自宅へ帰ろうとしていたんですが、阪奈道路の登り道に入ってすぐちょっと眠気が出てきたため、空気を入れ換えようと指が出る程度に少し窓を開けました。
平日だったので周りには他の車が走っておらず、とても静かでした。
2,3ヶ月前ににねずみ取りにやられたばかりでそれ以来おとなしく走っていたのですがこの時間で周りに誰もいないし、この道はねずみ取りの場所が決まっていたのでちょっとアクセルを踏み込んで夜景の見える場所まで飛ばそうと考えました。
何度かカーブを切った後、直線になったのでスピードを緩め、惰力で走っているとピチピチピチという音が聞こえてきました。
すぐタイヤに石が挟まった音だと気づき、広くなった場所で車を路肩に寄せて後輪のあたりをチェックしていると、突然背後から馴れ馴れしく「どうしたん?」と声をかけられました。
一瞬心臓が飛び出るほどビックリしたんですが、すぐ気を取り直して相手の顔を見ると、20歳くらいの気の弱そうな青年でした。

□ □ □

別に大したことじゃないので内心放って置いてくれと思いましたが邪険にする理由もないので「タイヤに石が挟まったみたい」というとすぐ、「これちゃう?」といって彼が指さしたのでそこをみるとけっこう深く石が突き刺さっていました。
手や木の枝では取れそうにないので車に積んでいる工具を出そうとすると彼はすかさず「これ使い?」とドライバーを差し出してくれました。
すぐ石ころを取ってドライバーを返そうと立ち上がると彼はいつの間にか車を離れ道の上の方に向かって歩いていました。
「ありがとう!これ!」と結構大きい声で呼んだのですが彼は気づかずに上の方に止めてある白い車に向かって歩いていき、ドアを開けて乗り込んでしまいました。
車までは60mくらいの距離でしたが僕は自分の車に乗り、彼の車のそばまでゆっくり寄せようとして唖然となりました。
さっき開けるところを確かに見たのに車にはドアが無いのです。
そればかりか停めてある場所は草むらの中、タイヤもなく窓ガラスもなく捨てられている車だったのです。もちろん人の気配はありません。
慌てて手に握っているドライバーを見ると手に赤錆が付くようなサビだらけのドライバーでした。
僕は急に怖くなり助手席の窓を開けて草むらへドライバーを投げ捨て車を加速させました。
すると突然耳元で「乗せてってや!」という声が聞こえました。
無我夢中で家までたどり着いたのですが、途中の信号が青だったのか赤だったのかどの道を通ったのかも覚えていません。
その後身の回りにはおかしなこともなく平穏に過ごしています。
不思議な出来事でした。

 

 

ネコ

 

あの恐怖体験をする迄は、私には猫をいじめる癖がありました
猫は用心深く、人の姿を見るなりパッと逃げてしまうので、どうにも気に入らなかったのです
皆さんは、「猫は自分より低い場所に居る物に対してあまり警戒しない」と言う事をご存知でしょうか?
ブロック塀や自動車の屋根の上の様な高い位置に居る猫には、実は容易に近づく事が出来るのです
まず関係のない所に視点を置き、時々猫の方をチラチラうかがいながらそっと近づけば、大抵の場合その場から逃げずに待って居てくれます
(この時チラチラ見る理由は、こちらに敵意がない事を知らせる合図なんだそうです)
私はその方法で難なく猫を捕まえる事に成功しました
それが凶凶しい恐怖体験の始まりだったとは….

そいつは近所で良く見掛ける丸々と太った白い猫で、飼い主は特に居ないらしく皆して餌をやる為これほど太ったようでした
私はその猫の両脇を持って2度3度自分の股の間をぶらぶらさせ、勢いがついた頂点で思い切り空中に放り上げてやったんです
勿論、幾ら猫嫌いの私でも別に地面に叩き付けて殺すつもりはありません
アクロバチックに近くの家の窓の片屋根(ひさし)の上へと着地させる積もりだったのです
ところが、その猫は想像以上に運動神経が鈍かったらしく、あれよあれよと屋根の傾斜を転がって下まで落ちてしまいました
猫は自分の体重を足だけでは支え切れず顔から地面にぶつかり、短く「ぎゃん」という苦痛の悲鳴を上げました
猫というのは私の経験上、ちょっとやそっとでは苦痛の態度を現わしませんから、悲鳴を上げたと言う事は落下のショックで脳か内臓にでもダメージを受けたのかも知れません
この時初めて私は罪悪感に襲われました
心配ですぐに駆け寄ろうとしましたが、猫はおびえて脱兎のごとく逃げてしまいました
それっきりです
以後その猫の姿を見る事は全く無くなってしまったのでした

□ □ □

しかし!
それから随分月日がたった頃…..
夏の蒸し暑い夜の事でした
私はもうすっかりあの猫の事など忘れてしまい、
彼女と二人で扇風機を回しながら楽しくテレビを観ていました
その時です
不意に、
「ニ″ャーーン、ニ″ャーーン、ニ″ャーーン….」
と、粘り付く様な猫のしゃがれた鳴き声が家外の暗闇からネットリと響いて来たんです
咄嗟に目をやると、片側に開け放った曇りガラスの向こうに、
いつの間にやら白い影がゆらゆらと揺れて居ました
私は直感的にあの白い猫だと悟りました
次に蛍光灯がゆっくりと薄暗くなって行くのが分かりました
彼女はそれを見上げながらオロオロするばかりでしたが、
私は彼女越しに見える窓の白い影から全く目が離せませんでした
なおも薄気味悪い鳴き声が続きます
それはだんだんと、
「ニ″ャーーン、に″ゃーーン、に″ゃーーん….」
猫と言うより人がふざけて猫の物真似をする様な声に変わって行きました
さらにその内、
「ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん……」
と、大人の男が赤ん坊の泣き真似をするような不気味な声に変化して行ったんです
私も彼女も逃げる事すら忘れ、完全に怯えて固まってしまいました
そしていきなり!!!
網戸の所から真横に寝た男(人間)の頭がにゅっと出てきて大声で怒鳴ったんです
「ぎゃーーん!!」
私達は余りの光景に自らの目を疑いました
その男の首は、白い猫の横っ腹からキノコの様にニョキッと生えていたからです
(其の他にも気味の悪いぐにょぐにょした何か?もいっぱいくっついていました)

 

 

外人の呪い

 

叔母が霊能力者みたいな新興宗教みたいなのにハマってた時、
その娘(俺からすればイトコ)はちょうどアジア系のファッションにハマってた。
イトコはネットショップで現地買い付けのちょっと汚い鈴とか古銭とかを買って、
自分でアクセサリー作ったりもしてた。

ある日、叔母の宗教上の上司みたいなのが家に来て、その時たまたまイトコと鉢合わせてしまい、
前々から宗教に入れたい叔母と喧嘩が絶えなかったイトコを説教。
二人がかりでなんとか説得して入信させようとしてきた。
俺はそれをイトコの部屋から声だけ聞いてたんだけど、突然宗教上司が金切り声上げて、なんかドタバタしだした。
止めに行こうかと思ってたら、イトコが「ネックレスとブレスちぎられた」と手にバラバラのパーツ持って戻ってきて、
その後ろから叔母と上司もブツブツ唱えながら登場。
上司が持ち前の霊能力()を大発揮して、
「現地で死んだ農家の怨念が古銭に宿ってる」だの「その鈴は仏具をバラしたもの、恐ろしいことになる」だのと喚いている。
あんまりにもしつこいんでイトコも俺も怖くなって、そのバラバラのアクセサリー一式を預けてその場は逃げた。
叔母たちはそれをちっちゃい仏壇みたいなとこに置いて、お香みたいな形の盛り塩で囲んで、またブツブツやってた。

その霊能力がホントだったのかどうなのかはわからんのだけど、
その後イトコから「盛り塩が腐ってるっぽい」と連絡があり、
行ってみると、確かに塩がベシャベシャで半分黒緑の液体になってる。
まあそれだけだったら「ハイハイパフォーマンスパフォーマンス」で笑ってたんだけど、
立て続けにアクセを持ち帰った宗教上司の足が腐ったり、塩が腐り続けたり、叔母の足が腐ったり、
地元の巫女呼んで見てもらったら、「外人の呪いが~」と同じようなことを言われた上に手に負えんと門前払いされたりして、
さすがのイトコもビビってエスニック系の服装は止めた。
その後叔母は「とんでもないものを連れてきてくれたな」と宗教を破門され、
宗教上司は(+なぜか下っ端?一人も)結局死んだらしいんだけど、
当のイトコ本人は、
「自称霊能力団体VS外人の呪いだと、外人の圧勝だったね」とか軽口叩くくらいピンピンしてるのが謎だった。

 

 

新宿のカプセルホテル

 

その日、終電に乗り遅れて、カプセルホテルに泊まった。
部屋のカプセルの大きさは、縦幅190、横幅恐らく100㎝ないくらい。
風呂に入った後、ビールを飲んで、涼んでからすぐに寝た。

寝てしばらくすると、妙に体が圧迫されて寝苦しい。
目を開けてびっくり、俺の隣で普通にオッサンが眠ってる。
この狭い部屋の中で成人男性が二人も入ってるのだ、寝苦しくて当たり前。
当然のごとく、おもいきり驚いた。
酔っ払いかホモの痴漢が侵入して来たと思ったからだ。(この手のホテルはホモの痴漢が横行してる)
「うわあああっ!」
あわてて部屋を飛び出して、
「この野郎!!」と振り返って部屋を覗くと、誰も…いない。
「あれ?」
今の感覚はあまりにもリアルだったし、寝ぼけてた訳じゃないよな…

妙な違和感はあったものの、明日も早いし、勘違いだ、寝ぼけたんだと自分を納得させて、
もう一度眠る事にした。

□ □ □

しばらくして後、また同じ圧迫感。びくっとして目を開けると、また同じオッサンが隣で寝ている…

二度目は怖ろしいくらい落ちついて、オッサンから目を離さず部屋から出て、
部屋の中にちゃんとオッサンがいることを確認し、深呼吸した上で叫んだ。
「おいコラ!!人の部屋で何しとるんじゃっ!!」
オッサンが目を覚まして、こっちを向いた。
オッサンの顔はごく普通、何処にでもいそうな顔。表情は凄く眠たそうだ。
その時、他の部屋から「うるさいよ、静かにして!!」と、クレームが聞こえた。
思わず俺は、しまった、ここは寝室のフロアだったと、
声がした部屋の方向に対して、あわてて「す、すいません!!」と返事をかえした。
その一瞬、部屋から視界を外してしまったのだけれども、
部屋に視線を戻したら、オッサンはまた消えてしまっていた。

さすがにゾッとしてしまって、その日はカプセルで寝るのは止めて、雑魚寝専用の相部屋で眠る事にした。
三年前の話です。

ちなみに場所は、新宿のカプセルホテルです。場所は歌舞伎町、西武新宿駅のホーム沿い。
部屋番号は教えません。ヒントを言えば、その部屋には鏡がなかった。

 

 

書き込み主が禍津神や疫病神にしか見えない

 

私は義母が言う通り、実は本当にそそっかしくて、幼い頃から

  • 幼稚園の頃、先生が園児を連れて春の小道を散歩していた時、用水路から転落しそうになり、横にいた先生の袖を思わず掴んでしまい先生ごと用水路に転落。先生が用水路のコンクリ?で頭を負傷。
  • 小学校で、足がもつれて転んで階段から転がり落ちて、階段を下りていた生徒を巻き込んで怪我をさせてしまう。
  • 小学校で、男子に教科書を投げつけられた時に、やり返そうと教科書を投げつけたら、通りがかった女子の目に教科書の角が当たり女子が目を負傷。
  • 小学校で、帰り道に変質者が現れて走って逃げていたら道に飛び出してしまい、慌てた車の運転した人が私を避けようと電柱に激突。
  • 小学校で、運動会の時に一輪車競争で走っていたらこけて一輪車を飛ばしてし。まい、見に来ていた他所のお母さんが抱いていた赤ちゃんに当たり頭に怪我
  • 小学校で、バレンタインに私の机にチョコが入っていて(間違えた他クラスの子の所業)
    気づかずに「えっなんで!?」と大声をあげたせいで人が集まってきて、男子がそのチョコを取り上げて、様子を見に来た女子をからかいだして、その女子が2階から飛び降りて入院。
  • 小学校で、掃除の時間にベランダに雑巾を干していたら、ふざけた友達に「わっ!」と後ろから驚かされて「ぎゃっ!」と振り払ったら友達がガラスに手を突っ込んで入院。
  • 母の日にお母さんにご飯を作ろうと揚げ物をしていたら鍋が炎上、台所が火事になりかけ、慌てて鍋の火を消そうとしてくれた祖母が顔半分を大やけど。

□ □ □

  • 給食の時、隣りの男子に笑わされて牛乳を噴いたら、目の前にいたふざけて椅子をこいでいた男子(椅子の4つの足を2つだけ浮かせてるみたいな?)が牛乳にびっくりして椅子からひっくり返って気絶。
  • 夏祭りで友達の下駄を踏んでしまい、チョコバナナの箸?が喉に刺さって友達が怪我。
    (小学校はキリがないので略します)
  • 中学入学早々、トイレ掃除の時に最後にバケツで床をばしゃっ!とかけるのが通例だったんですがそれを地面近くにかけるようにしないと水がトイレの床から跳ね返ってきて汚いのに、私がうまくバケツから水を放てなくて上からバシャッとやってしまい、跳ね返りの水を避けた女子が水に滑ってトイレに転んでしまい、掃除班から話が広まりその女子は入学早々トイレの床にはいつくばった女子として3年間イジメられて最終的に怪我。(私が悪いだけとどれだけ言っても周囲は聞いてくれず)
  • 体育祭の組立体操で、ピラミッドで一番下の私がバランスを崩して頂上だった女子の転落の仕方というか打ちどころが悪くて入院。(翌年から組立体操廃止)
  • 給食係の時に滑ってカレーを1クラス分全部駄目にしてしまった時に巻き添えで男子が怪我
  • 理科の実験中にフラスコが爆発して班の男子が目に怪我。
    (中学もキリがないので略します)

□ □ □

地元でのあだ名が死神になってしまい(実際亡くなった方はいません)、高校卒業と同時に逃げるように地元を出て電車で3時間かかる短大に進学して就職して結婚した形で、地元では今では死神扱いされていると聞きます。

心霊現象とは違うかもしれないけど尋常じゃない事故の数々にゾッとした。

第三者に不幸が降りかかってるのがなんとも。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
短編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました