スポンサーリンク

『スキー場の宿』『手招きしてはいけない』2話収録

スポンサーリンク
『スキー場の宿』『手招きしてはいけない』2話収録 中編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スキー場の宿 【実話系】

私の両親はウインタースポーツが好きな事から、幼い頃からしばしばスキーへ連れて行ってもらっていました。子供の頃の旅行の記憶なので、すごく楽しい思い出が多いです。

ただ1つだけ、毎回どうしても慣れない怖いことがありました。それは夜の宿です。どのスキー場にも宿泊施設の1つや2つ、普通はあるものです。泊まっていくお客さんも多いことですし、そういった施設を建てることは非常に理にかなっているとは思います。しかし辺境の地に無理やり設置された宿も少なくありません。ですから幼い私にとって、古びた宿は何とも言えない不気味な恐怖がありました。恥ずかしい話が、トイレへ行く時は毎回誰かについて行ってもらったりしたものです。

大人になってからこの話題をした所、両親からこんな話を聞きました。
今から30年ほど前、まだ私の両親が新婚だった頃。2人でよく各地のいろんなスキー場に足を運んでは一晩泊まってと、楽しい時間を過ごしていたそうです。

その中の1つ、私もよく行ったことのある某県のとあるスキー場で事は起きました。その頃にはスキー場周辺の宿泊施設が古いホテル1つしか無く、選択の余地が無かった両親はそのホテルに泊まりました。外壁はピンクの塗装で、なかなか規模のあるホテルです。言葉だけ聞くと想像するようなホラーチック宿とは程遠いイメージですが、山奥に1つしかありませんので実際に見ると物寂しい雰囲気が漂っています。

温泉へ入った両親は、夕食のバイキングを食べて旅行を楽しんでいました。
そこから部屋へ戻りお酒を嗜み、夜もすっかり更けて心地良い疲れと共に眠りについたそうです。

深夜2時頃。
母が目を覚ましトイレに向かいました。
その時、父は布団でぐっすり寝ていてイビキをかいていたそうです。お酒を飲みすぎたのか少し長いトイレを済ませてから部屋へ戻ると、父の姿は無かったと言います。

部屋へ戻る途中、男子トイレに明かりが灯っていたので、同じくトイレへ向かったのだと思い再び布団に入りました。幾分か経ち仰向けに寝ていると、部屋の扉が開いた音がして足音がしました。

母はその時、父がトイレから戻ってきたと思ったそうです。ところがその足音は、父の布団ではなく母の方へと向かってきました。母は不思議に思ったそうですが、なぜがそのまま体が動かなかったと言います。足音は母の布団の前で立ち止まったまま。何だろうと思った母が声をかけようと思ったその瞬間、何者かが母の上へ覆いかぶさってきたのです。

母はもちろんびっくりしましたが、すっかり足音の主が父だと思い込んでいたため、ふざけて倒れこんできたものだと思ったそうです。

「ちょっと、やめてよ~」

笑い交じりに身もだえしていたその時、母の横目にとんでもないものが見えてきました。
なんと隣の布団では父がイビキをかいて寝ていたのです。
一瞬思考が止まり、血の気が引いた母は叫び声をあげて覆いかぶさる何かを振りほどこうとしました。しかしもうそこには何も、誰もいなかったと言います。母はすぐさま父を叩き起こし、状況を伝えました。

ですが父はそんな出来事に全く気づかなかった上に、とんでもないことを口にしました。父はその夜、1度も起きておらず、布団を離れていなかったのです。母は確かに、トイレから帰ったら父の布団に誰もいないことを確認したと言います。

現在でもその宿は営業しており、私自身も合宿で泊まったことがあります。何か特別な違和感があるわけではなく、ごく普通の宿です。強いて言うなら、夏でも廊下が異常に寒かった印象はあります。

未だに母は、あの時覆いかぶさってきたのが誰なのか、そもそも人間だったのか分からないと言います。

 

手招きしてはいけない

私が小さい頃に住んでいた家は、裏が墓地になっていました。
それになぜか夏でも涼しくて、子供ながらに不気味に思っていたのです。
母が言うには

「あなたが小学校に上がる前、玄関先で写真を撮ろうとしたら、ふっと後ろを向いて皆おいで!と何
かを手招きしたのよ!」

ということもあったそうです。
その時撮った写真には、私の顔の横に手が写っていたりといわゆる心霊写真だったそうです。
急いでお寺へ持っていって供養してもらい、それ以降

「写真を撮る時は生きてる人間以外を手招きしないように。」

と言われ続けていました。
もしかするとあの頃の私には何かが見えていたのでしょうか。そのような力には心当たりがないのですが、何度もそう言われるので常に気を付けていました。

でも高校2年の終わり、修学旅行で沖縄へ行った際にとんでもない写真が撮れてしまいました。沖縄には3泊4日で、確かひめゆりの塔や首里城へ行きました。
その修学旅行の飛行機中、隣に居た友人にネタとして

「昔写真を撮る時に誰もいない所で手招きしたら、心霊写真が撮れた」

という話をしていたのです。
すると友人がそれを覚えていて、行く先々でふざけて「撮るよー」と誰もいない方へ手招きをしてから写真を撮っていました。
止めるように言ったのですが

「何も写りっこないよ~」

と笑って止めませんでした。
さらにはそれを見ていた他のクラスメイトも、面白がってやっていたのです。
そしてその日泊まる宿は民宿で、大分年月が経ったような所でした。部屋も畳み敷きで廊下の外は庭があり、夜になると何か出そうな雰囲気もあったのです。

夜中に男子も数名女子の部屋に来て、怖い話が始まりました。そこで私が最初に手招きの話をした友人が、それを今やろうと言い出したのです。もちろん私は止めたのですが、皆外へ肝試しへ行けない分盛り上がってしまったようでした。
庭を背景にしてカメラのタイマーをセットして、友人が

「撮るからおいで!」

と庭へ向かって手招きしてシャッターが下りたその時です。
いきなりバン!という破裂音と共に部屋の電気が消えました。慌てて電気をつけると、手招きした友人だけがおらず、探すと庭に倒れていたのです。気を失っているようで、慌てて養護教諭を呼んできましたが、そのまま目を覚まさないので病院へ運ばれました。

翌日担任から何があったのか聞かれ全てを話すと、宿の人に

「それはきっと怒って懲らしめられたんだろうね。」

と言われました。
何に怒られたのかは聞いても濁して答えてもらえませんでした。

「あんまり悪ふざけばかりすると、そうやって駄目だよって注意されるんだよ。」

と付け加えられ、それもそうだと思ったのです。友人は翌日目を覚ましたそうですが、胸の真ん中辺りに人の手の形のアザが出来ていました。誰かに思いっきり押されて凄い力で体が飛んでいく感覚があったと言います。あの時面白がっていた友人に怒った「何か」が、友人を懲らしめる為にやったのかもしれません。

さらに事態はこれで終わりませんでした。
家に戻ってから修学旅行で撮った写真を現像して見てみると、全部に変な物が写っていたのです。肩の所に顔や手のようなモノがあったり、足がもう1本多く写っている写真もありました。学校で話をしてみると、カメラを持って行った皆の写真がどれもそういうモノが写り込んでいるようでした。

特に手招きした時に撮った写真が、最も酷かったようです。顔が消えていたり、ぐにゃりと捩じるように写っていたり…とにかく禍々しい写真ばかりでした。

学校で依頼して同行したカメラマンの写真にもそういったモノが写り込んでいたようで、担任からは再度注意されました。他のクラスは何もなく、私達のクラスだけがこのような状況だったので、クラス全体でお祓いを受ける事になりました。

私達がふざけてこんな事をしたので、怒ったモノがいたのでしょう。
決して「生きている人間以外を手招きしてはいけない」と改めて思いました。

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
中編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました