スポンサーリンク

『病める薔薇、白い蛇』|【名作長編 祟られ屋シリーズ】

スポンサーリンク
『病める薔薇、白い蛇』|【名作長編 祟られ屋シリーズ】洒落怖・怖い話・都市伝説 祟られ屋シリーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『病める薔薇、白い蛇』

2017 :病める薔薇、白い蛇 ◆cmuuOjbHnQ:2012/12/21(金) 04:44:35ID:Y4grlhQ20

 

俺がイサムを伴って実家に戻ってから2・3週間ほど経った日のことだった。
部屋のドアをノックする音で俺は目覚めた。
安眠を妨害され、眠い目をこすりながら俺はドアを開けた。
「誰よ?」
浅黒い肌をした小柄な女が立っていた。
ラーナ……俺が住んでいたボロアパートの住人の一人、アナンドの彼女だ。
二人は同じ職場に勤務している。
「カラテの兄さん、アナンドが大変なの!」
アナンドの部屋に行くと、彼は脂汗を流しながらガタガタ震えていた。
体温計で熱を計ると38度を超えている。
「どうした?」
前の晩、自転車で出勤中に、突然の雨に降られてずぶ濡れになってしまったらしい。
職場まで自転車で30分ほど。
着替えるのが面倒なので、作業服のまま出てしまったようだ。
ずぶ濡れの格好のまま吹き曝しの現場で一晩作業をしていたそうだ。
「この季節に……アホだな。風邪を引くに決まってるだろ。待ってな、薬があるから」
すぐに医者に連れて行ってやりたいところだが、健康保険に入っていない外国人の辛いところだ。
薬を飲ませ、お粥を作って喰わせて、「とりあえず寝ろ」と言ってから、俺ももうひと寝入りすることにした。

何時間寝たのだろうか?
俺は微妙な振動と、誰かの激しい息遣いで目が覚めた。……またか、あいつら。
俺は壁に蹴りを入れて怒鳴った。
「病人が、昼間から盛ってんじゃねえ!」
ボロアパートの壁は薄く、隣の音や声は筒抜けの丸聞こえだ。
時計を見ると、昼の13時を過ぎたくらいか。
30分ほどして、ラーナがノックもせずにいきなり部屋のドアを開けた。
「なんだよ!」
「何をアワテテルの?ソロ活動中だった?」
「するか、アホ!」
「暇なら買い物に付き合って。ゴハンご馳走するよ!」
俺はラーナの買い物に付き合った。
いったい何日分買ったのか判らないが、ダンボールに纏めた食材を俺がアパートまで持って歩いた。
病み上がりのアナンドに食わせるのはどうかとも思ったが、ラーナが作ったマトンのカレー風味の炒め物は、若干香辛料がきつく癖があったが旨かった。
やがて日が落ち、夜になると、昨晩よりも激しく冷たい雨が降り始めた。

23時前くらいだったか、雨が少し弱まったのを見計らって「もう帰るよ」と言って、ラーナがアナンドの部屋を出て行った。
「俺たちも、そろそろ寝ようや」と言って、ビールやチューハイの空き缶を水洗いしてビニール袋に詰めていると、帰ったはずのラーナが慌てて戻ってきた。
「外に誰かいるよ!凄い目で睨まれた。怖いよ!」
こんな土砂降りの深夜に……変質者か何かか?
あまり柄の良い地域じゃないからな……
俺は、表からアパートの2階を睨み付けていると言う『男』を追い払い、徒歩で10分ほどの場所にあるラーナと彼女の女友達の部屋までラーナを送って行くことにした。
ラーナが言ったように、角の電柱のところに誰かが傘もささずに立っている。
「あれか?」
「うん!」
ラーナの慌てた様子に勝手に『男』決め付けていたが、どうも様子が違う。
女?
電柱の所まで近づいてみて、俺は驚いた。
「え?マミ?何で?」
血の気の失せた白い肌に濡れた髪が張り付き、唇は紫色だ。
冷え切った体が震えている。

俺はマミを部屋に上げた。
何時間立っていたのか知らないが、全身ずぶ濡れで、靴の中まで水浸しだった。
直ぐに熱い風呂に入れてやりたいところだが、アパートは風呂なしだ。
15分ほどの場所にある銭湯も、もう閉まってしまっているだろう。
デイバックに入れてきた着替えも全滅だった。
仕方がないので、俺の下着とTシャツ、ジャージを着させた。
マミが着替えている間、俺はマナーモードのまま部屋に置きっ放しになっていた携帯をチェックした。
実家の母から10数件の着信が入っていた。
電話すると1コール鳴るか鳴らないかのタイミングで母が出た。
「俺だけど?」
「何度も電話したのよ。何していたの?」
「ごめん」
「そんなことより、大変なの。マミちゃんが昨日から帰ってこないのよ!」
「ああ……マミなら、俺のところにいるよ。
雨の中、ずぶ濡れでずっと立ってたみたいで……何があった?」
母の話では、俺とイサムが帰ったあと、俺の両親は早速マミに『養女』の話をしたらしい。
マミは「返事は少し待って欲しい」と答えたようだ。
両親も「返事は急がなくていいから、ゆっくり考えて欲しい」と言ったそうだ。
それからマミは、口には出さないが相当悩んでいたようだ。
そして、前日の晩、学校から帰ってくる時刻になってもマミは帰宅しなかった。
夜通し眠らずに帰宅を待った父と母は、朝から心当たりに片っ端から連絡を入れてマミを探していたらしい。

朝晩は結構冷え込む季節にはなっていたが暖房器具はまだ出していなかった。
出しても燃料がない。
「温まるよ」と言って、ラーナがスパイスの効いたネパール風のミルクティーを持ってきた。
「何か、食べられそうか?」と聞いてみたが、マミは小刻みに震えながら首を横に振った。
床を用意して「とりあえず寝ちまいな」と言って布団に入れたが、身体の冷え切ったマミは震えたまま寝付けない様子だった。
「かわいそうに、完全に凍えちゃってるよ。人肌で温めてあげないと、ダメだよ」とラーナが言った。
「人肌って……俺が?」
「他にいないでしょう?」
ラーナの指示に従って、マミをTシャツとトランクス一枚の姿にして、同じような格好になった俺はマミと布団に潜り込んだ。
「嫌かもしれないけど、我慢してくれ」そう言うと、マミは俺の背中に手を回し抱きついてきた。
氷のように身体の芯まで冷え切った感じのマミだったが、腕枕しながら背中を摩っていると、徐々に体が温まり、やがて静かに寝息を立て始めた。

まだ薄暗い時間だったが、知らない間に寝ていた俺は、マミに腕枕していた左腕の痺れで目が覚めた。
腕の感覚がない。
目を開けるとマミの顔があった。
既に目覚めていたようだ。
「ごめん、起こしちゃったか?」と言うと、マミは掌で顔を隠した。
薄暗がりでも耳まで赤くなっているのが判った。
腕を抜いて身体を起こそうとすると、マミは俺の体に腕を回し抱きついてきた。
前々から思ってはいたのだが、俺は改めて思った。
『この娘、かわいいな』
そのまま背中を軽く叩いていると、マミは再び寝息を立て始めた。

やがて、日が完全に昇り、外は明るくなった。
朝食は作るのが面倒なので、前の晩の残り物や、出勤途中に牛丼屋などに寄って定食を喰うことが多いのだが、その日はマミ用に卵粥を作ってみた。
白粥は味がなくて嫌いなので、粉末の鶏がらスープを使って粥を作る。
別の鍋で出汁と薄口醤油を煮立たせてから水溶き片栗粉を投入。
刻んだネギを混ぜた溶き卵と合わせて、粥の上にぶっかける。
目覚めたマミは、食欲は出たようで取り敢えず安心した。
着替えは前の晩にラーナが近所のコインランドリーで洗濯してくれていて、既に乾いていた。
「俺は、これから出勤しなければならないんだ。
昼は適当にやってくれ。あるものは好きなようにしていいし、金も置いていくから外に行ってもいいよ。
話は帰ってきてから聞くから」

仕事から戻ると、部屋がきれいに片付けられ卓袱台の上に夕食が用意されていた。
帰って来た部屋に明かりが点いていて、誰かが待っているというのは良い。
「全部マミが?」
「うん」
実家の母の直伝なのだろう。
味付けが全て俺の好みにピッタリだった。
「……どうでした?」
「美味かったよ。マミは、明日にでも良い嫁さんになれるな。
旦那になる奴が羨ましいね」
「ほんとうですか?」
「ああ、本当だ」
マミが笑った。いい笑顔だった。
この笑顔だけで100万の価値はある。

この雰囲気は壊したくなかったが、俺は敢えて聞いた。
「……家出…だよな。何で黙って家を出てきたりしたんだ?
父さんも母さんも、凄く心配していたぞ?
原因は『養女』の話なんだろうけど……マミは家の娘になるのは嫌か?
まあ、今更『養女』何て形に拘らなくても、父さんや母さんにとっては、もうマミは娘みたいなものだし。
姉さんや久子にとっても可愛い妹だよ?」
「おじさんやおばさんには優しくしてもらって、感謝してもし切れないくらいです。
その上、本当の娘にならないかって言ってもらって、凄く嬉しかったです。
素子さんや久子さんが、お姉さんになってくれるというのも嬉しいです」
「それじゃ何で?」
「私が養女になるってことは、XXさんは私のお兄さんになるってことですよね?」
「そういう事になるな。
まあ、複雑だよな……正直なところ、俺も引っかからないと言えば嘘になるからな」
「多分、XXさんの言ってる意味と私の言ってる意味はズレてると思う……」
「そうか?」
「私、おじさんやおばさんの事は大好きだし、素子さんと久子さんも大好きだから、いい娘や妹になれる自信はあるの。
でも、XXさんの妹にはなれない。多分、ものすごく嫌な女になって、みんなに嫌われる」
「なんで?」

「XXさんに彼女や奥さんが出来たら、私、絶対に嫉妬して意地悪する。
子供が出来たら、その子のことを憎んでしまう。二重の意味で……多分、絶対に。だから、XXさんの妹になるのは無理」
「やっぱり、そっちか……」
「えっ?」
「俺だって、そこまで馬鹿でもなければ、鈍くもないからな。ここに来た時点で判るよ。
……ところでお前、ここが良く判ったな」
「久子さんが教えてくれました。お金も貸してくれて……」
「あの馬鹿!」
「久子さんが言ってました。……XXさんは、亡くなった恋人さんのことを今でも引きずってるから、難しいって。
でも、私なら……生きている私なら、ずっと一緒にいてあげられるから、気持ちを正直に話してぶつかってみろって……
……私じゃダメですか?」
「それは、結婚でもして、一生お前と一緒に居るってことか?
……正直なところ無理だな。俺は嫌だもの」
不味い言い方をしてしまった自覚はあった。
だが、俺の中で一木燿子の言葉がわだかまっていた。
俺が人を愛することを俺たちの一族が対峙している『神』は許さない。
俺の愛した者は俺から引き離され、抵抗して側に居ようとする者は命を奪われる……。
俺が愛した女達、ユファは引き離され苦界を彷徨い、アリサは命を奪われた。
……そう、……俺は、マミを失うことを恐れていた。

俺の言葉に想像以上のショックを受けたらしく、マミは泣き始めた。
「酷い。XXさん……胸が痛いって言葉知ってますか?本当に痛いんですよ……。
XXさんは、私のこと嫌いだったんですか?」

激しく泣き始めたマミが少し落ち着いてから俺は言った。
「好きか嫌いかで言うなら、俺はマミのことは大好きだよ。
マミには、ほかの誰よりも幸せになって欲しいと思っているんだ。
だから、周りの全てがお前の敵になっても、俺だけはマミの味方をしてやるよ。
でもな、俺の『好き』は半分位が父親目線なんだ……。
お前が男を連れてきて、父さんたちが反対しても、お前が好きな相手だったら全力で応援するよ。
例えば、イサムとかだったらな。
でもさ、アラフォーのオヤジとか、……俺みたいなのを連れてきたら、絶対に、全力で止めるもの。
相手の男も、二度とお前に近づかないように半殺し以上にはすると思うし」
「……半分ってことは?」
「女としてのお前のことも好きだよ。マミは優しいし、物凄く可愛いからな。
少なくとも、俺にとってお前くらいに良い女はいないよ。
そうやって、泣いてる顔も可愛いけど、お前の笑顔は効くんだよ……ノックアウトだ。
だから俺は、お前の笑顔が見れただけで幸せだ。
それだけで、俺たちの家にお前を迎えられて、本当に良かったと思っているんだ」

「それなら……私が笑えるようになったのはXXさんが居たからじゃないですか」
「そうか?でも、俺はもう、好きな女を喪ったら、二度と耐えられそうにない。
だから逆に、好きな女に、マミにこんな思いはさせられない。
俺は、確実にお前より20年は先に逝ってしまうからな……20年もお前を独りには出来ないよ。
俺が死んだあと、お前が他の誰かのものになるのも嫌だからな。お前より先に死んだら成仏できそうにない。
だったら、父親目線で、お前の幸せを見せてもらった方が余程いい」
「そんな言い方はずるいです。私のXXさんを好きな気持ちはどうなるんですか?」
「マミはさ、『刷り込み』って言葉を知ってるか?」
「?」
「孵化したばかりの鳥の雛が、初めて目にした動くものを親と認識してしまう、一種の本能だ。
お前の気持ちは嬉しいけど、お前のその気持ちは『刷り込み』かも知れないぞ?
お前は三瀬や迫田みたいなクズのような男達に痛めつけられて、大人の男の醜い所ばかりを見せつけられてきたからな。
初めて男に優しくされて勘違いしているのかもしれないぞ?
死の淵から自分自身を救い出そうとする生存本能に騙されてな。
俺も、連中と中身は大して変わらないのだけどな」
「そんな言い方は酷いです。それに、XXさんは、あんな奴らとは絶対に違います!」
「ありがとうよ。
でもな、お前の倍生きてきた経験から言うと、若い時の気持ちを余り真に受けない方がいい。
今のお前の気持ちが嘘だと言っているんじゃないぞ?
でもな、色々な出会いや経験を重ねて行く内に変わって行くものなんだ。
マミは、同じ年頃の女の子が普通に経験すべきことをまだ余り経験していないからな。
人並みに学んで、人並みに遊んで、人並みに恋をして、泣いたり笑ったりして欲しいんだ。
まだ、学校にだって通い始めたばかりだろ?
……そうだな、お前がちゃんと高校を卒業して、その時、まだ俺のことを好きでいてくれたら、先のことを真剣に考えさせてもらうよ。
それまでに好きな男ができたら、俺に遠慮なんてしないで、そいつと幸せになれ。
どんな結果になっても俺はお前の味方だし、祝福するよ」

「私の気持ちは変わりません。絶対に……今の話、約束ですからね!」
「ああ、俺の方の話は約束だと思ってくれていい。他に女を作る気も当てもないしな。
でも、お前の方は、約束だなんて思わなくていい。
好きな男が出来たら、俺の事なんて忘れてしまえ。
どんな結果になっても、お前は俺たちの家族だからな。遠慮なんてする必要はない」

……何を口走っているんだ、俺は!
俺は自分自身に驚いていた。
そして、一木燿子に『夢はないか?』と問われて答えた『俺の望み』を思い出していた。
いつからなのかは判らない。
俺はマミと、燿子に語って聞かせた『夢の生活』を送ることを望んでいる。
アリサを喪ってから俺を捉え続けていた喪失感が、何がどうなろうと構わないといった、投げ遣りな感情が消えているのに気がついた。
アリサへの思いが嘘だったと言う訳ではない。
ついさっき、マミに語ったように、俺自身が変わったのだ。
それが、チェンフィの『治療』の効果なのか、マミとの出会いがもたらしたものなのかは判らない。
だが、俺は強く思っていた。
『生き続けたい』と。

マミは、なかなか帰りたがらなかった。
正直な気持ちを言うなら、マミが傍にいるママゴト生活は、俺にとって心地良いものだった。
だが、実家の両親も心配しているし、学校をいつまでも休ませる訳にも行かない。
渋るマミに俺は言った。
「学校もあるのだし、明日、お前は家に帰れ」
「……嫌です」
「言っておくが、お前が留年したり、学校を卒業できなかったら、あの話は無効だからな!」
そう言うと、マミはやっと実家に戻ることを了承した。
マミの希望で、俺はマミをバイクで実家まで送ることになった。
マミの荷物はラーナが大量に持たせた『お土産』と共に宅急便で実家に送った。
少しダブついたがパッド入りの革ジャンを着せ、予備のヘルメットを被らせた。
ショウエイのMサイズはマミには若干大きいか?
オリジナルのペイントが施されたこのメットは、アリサから最後に貰ったプレゼントだ。
「この匂い……」
「あ、ゴメン、臭かった?」
「いいえ。ただ、これがXXさんの匂いなんだなって思って……嬉しくって」
……やっぱり、実家に連れて帰るの止めようかな……とも、思ったが、タンデム中の注意をして、俺たちは実家へ向けて出発した。

実家に着くと、エンジン音を聞きつけたのだろう、両親がすぐに出てきた。
タンデムシートから降りると、メットを外す間も与えずに母がマミを抱きしめた。
「お帰り、マミちゃん!もう、この娘は心配させて……XXに、変なことされなかった?」
メットを外したマミが俺を見る。
父と母の視線も俺の方に……
「なんだよ、俺は何もしていないって!」
「おじさん、おばさん、心配をかけてごめんなさい……。
あの……養女にならないかというお話……有難くって、すごく嬉しかったけれど……お受けすることはできません。
わがままを言って、ごめんなさい」
「そのことは、もう、いいんだよ。
私たちの方こそ、気づいてあげられなくてごめんな。久子から、話は全て聞いたよ」
「私、ここにいても良いのですか?」
「当たり前じゃないか。どんな形であれ、マミちゃんは家族の一員だよ」

夕食が済んだあと、俺は父の部屋に呼ばれた。
「たまには付き合えよ」
グラスに父が医者に止められるまで好んで飲んでいたマッカランが注がれた。
「いいのかよ?」
「いいだろ、今日くらい」
「氷は?」
「相変わらず、酒の飲み方を知らないな。そのままで飲むんだよ」

「お前とマミちゃんのこと、驚いたよ」
「ああ、自分でも驚いているよ。孫は抱かせてやれそうにないんだけどね」
「そんなことは気にしなくていい。
お前たちが生まれて、父さんも母さんも幸せだった。
でも多分、お前たちが生まれなくても、父さんと母さんは幸せだったと思うよ。
お前は、マミちゃんと幸せになれば、それで良い。
ありのままのあの子を愛してやればいいんだ。その酒みたいにな」
「俺は……いい息子じゃなかったけど、これで親孝行の真似事位は出来たのかな?」

「いや、お前は十分に親孝行をしているよ。
素子も、とても小さな赤ん坊だったが、あの子は元気で生命力に溢れた子だった。
でも、お前は今にも死にそうで、母さんにはとても言えなかったが、まともに育つようには思えなかった。
親として、幼い我が子を看取ることほど辛いことはない。
お前は生き続けて、ちゃんと育ってくれた。それで十分だよ」
父の言葉は、俺の胸に刺さった。
俺は、グラスの酒を飲み干した。
そして、これまでの事全てと、一木貴章と燿子に聞いた話を父に話した。
「全て知っていたよ」
「え?」
「自分の親をあまり侮るものではないよ」
「侮ったことなど一度もない。これまでも、これからも!」
「そうか。それならば良い。
私が日本に帰ってきてから……帰ってきたというのは正確ではないな。
この国に来て、田舎を出るまでにあったことをお前たちに話さないのは、お前たちに私の『怨念』を引き継がせたくはないからだ。
だから、爺さんの葬式の時に、田舎と縁を切ったのだ。
……確かに、これは宿命ってやつなのかも知れないな。
でもな、俺はお前が『宿命』とやらを口実に諦めたり、投げ出したりすることは許さない。
お前にはマミちゃんが居るのだから。
足掻けよ。とことん、……最期の瞬間までな。
もしもの時は家族が、俺や母さん、素子や久子がマミちゃんを支えるから」

「役に立つか判らないけれど、これを持って行け」
父は棚の引き戸から何かを取り出した。
黄色く変色した新聞紙を剥がすと一枚の絵が出てきた。
白い大蛇をその身に纏付かせた女神?が描かれていた。
ただの絵ではない。
見ているだけで、足元からゾワゾワと何かが登ってきて、血の気が失せ頭がクラクラする。
全身の血液ごと魂を引き込まれる……そんな感じだ。
何なのだ、この絵は?
「感じるか?」
「ああ……。何なんなの、この絵は?」
「坂下家の娘……佐和子ちゃんのこと覚えているな?」
「……覚えているよ」
「あの子が描いたものだ」
「……いいのかよ、持って行ってしまって」
「いいんだよ。その絵は、あの子がお前にって遺したものなのだから」

「その絵の女はな、お前が生まれる前の晩、母さんの夢枕に立った女神……或いは悪魔なのかもしれないが……それにソックリらしい。
お前に、ということで預かったのだが、あまりの禍々しさに今日までお前に見せることはできなかった。
今、お前にしてやれることは他に思いつかないが……マミちゃんのことは任せておけ。
お前は全てにケリを付けて、生き残って、マミちゃんとの約束を果たすことだけを考えろ」
「判った」
部屋を出るときに父が言った。
「マミちゃんの花嫁姿、綺麗だろうな」
「ああ。俺だって、あいつにウェディングドレスを着せてやりたい」
「お前が愛想を尽かされて、振られたら全てパァだけどなw」
「そういうことを言うか!」
「それが嫌なら、マメにマミちゃんに会いに帰ってこい。
あの娘と、俺たちの時間の感覚は違うんだ。
寂しがり屋のあの子を放っておいたら、誰かに横から攫われてしまうぞ?
そこまでは俺も責任はもてないからな!判ったか、バカ息子!」
「判っているよ、クソ親父!」

俺は、絵を持って一木燿子を訪ねた。
「あなた、僅かな時間だったけど、随分と雰囲気が変わったわね?」
「そうかな?……ただ、どうしても死にたくない、死ねない理由が出来たものでね。
悪あがきして『定められた日』とやらを回避したくなったんだ」
「あなたの『夢』は叶いそう?」
「ああ、叶えたい……絶対にな!
それで、……これを見て欲しいんだ」
俺は、燿子に問題の『絵』を見せた。
「凄いわね……」
「判るのか?」
「ええ、なんとなくだけどね。
これ程のものだと……描いた人は、亡くなっているでしょうね。
全身全霊をこの絵に注ぎ込んで。……この絵は、そういった類のものよ」
「坂下家の最後の『娘』が俺に遺した物らしいです。
何故俺になのかは判らないのだけど。
ただ、父が言っていました。
この絵の女は、俺が生まれる前の晩、母の夢枕に立った『女』にソックリらしいです。
女神なのか、悪魔なのかは判りませんが」

「私には、判断は下せない……この手の呪物の専門家に依頼してみましょう」
「専門家?」
「榊さんの奥さんよ」
絵は、榊家に持ち込まれ、榊婦人による霊視が行われた。
一木燿子も貴章氏も驚いていたが、榊婦人の霊視は佐和子の『絵』には通用しなかった。
しかし、意外な人物から『絵』に描かれて居た女の正体がもたらされた。
奈津子だった。
『絵』に描かれている女は、いつも俺を見ているらしい。
女が身に纏わせている『赤い眼をした白い蛇』は、俺に纏い付いている『青い眼をした白い蛇』と番だということだ。
青い眼をした白い蛇?
白い蛇を纏付かせた女が、恐らく、俺の一族と対峙している『神木の主』、先祖の住んでいたという村で信仰されていた『神』であることは俺も予想していた。
一木燿子の見立ても、霊視が利かず確証はなかったが、同じだった。
だが、奈津子の見立ては予想を裏切った。
『絵』の女は、『人柱』に捧げられた女だという事だ。
そして、奈津子によると、俺に纏付いている『青い眼をした白い蛇』はかなり弱っているらしい。
訳が判らなかった。
そして、一木貴章が言った。
「こんなことは初めてだが、先に君に話した『見立て』に確信が持てなくなった。
我々は、重大な何かを見落としているような気がする……君の『魂の二重性』を含めてね。
姉、燿子の見通した『定められた日』になれば判るのかもしれないが……それでは間に合わない。
もう一度、洗い直してみる。
絵は我々で預からしてもらおう。良いね?」

一木姉弟、そして、榊夫妻が俺のために動いてくれることになった。
だが、それは俺が抜けたくて堪らなかった呪術の世界に留まり続けなければならないことを意味していた。
マミの為に、一刻も早く全てにケリを付けるつもりだったが、それは出来なくなった。
俺は、立ち去りたくて堪らなかった呪術の世界に留まり続けた。
その間、マサさんが姿を消し、長年住んでいたボロアパートが燃えた。
そして、マミとの約束の日が近づいてきた。
結局、事態は何の進展も見せずに、時間だけが空費された。
一木燿子の見立てによる『定めらた日』は近い。
俺は、『定めらた日』を回避することを諦めた。
……残された僅かな時間を無駄にはしたくない。
一秒でも長く、俺はマミと一緒に過ごしたかった。
俺は、キムさんに辞表を提出して実家に戻った。
こんなことが通用する世界ではないのは百も承知だ。
だが、俺にはマミと、そして家族と過ごす残された1分、1秒の時間が重要なのだ。

[完]

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました