スポンサーリンク

妖怪退治の仕事シリーズ『太平洋側の島の話』|【1】洒落怖名作まとめ

スポンサーリンク
『太平洋側の島の話』妖怪退治の仕事シリーズ|洒落怖名作まとめ【ホラーテラーシリーズ】 シリーズ物
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

【妖怪退治の仕事シリーズ】- 妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?

 

太平洋側の島の話

 

書きだめとか一切ないからご勘弁
あといろいろこっちの都合もあるから隠す部分も多いかな

多分いまから2,3年前くらいの話かな?

その時も普通に師匠に仕事あるって言われて、ついていったんだけど。
場所は某県で、太平洋側の島の話

島といっても、結構近くて、橋がつくられる計画とかもあったらしくて
宿とかたくさんあった場所だった。まぁ、一回したいってないから、今はどうなったか知らんが。

事前に師匠から話を聞く限り、あまりやっかいなヤマでもなかった

 

まぁ、よくある系の、家になんかいるみたいな感じのやつで

  • 布団をだすとよく獣の毛みたいなのがはさんである
  • 屋根裏からとんとんと足音みたいなのが聞こえる
  • いろいろ調べたけど、何も出てこない
  • 子供がよるトイレに行くときに「へんなもの」をみた

みたいなものだった。

 

中卒だからいろいろ言葉おかしかったらごめん

その家はかなり古いもので
戦争の間の空襲からも生き残ったというすごい物件だった

相談のルートはよくわからないけど、その島の漁業組合みたいなのがあって
そこの年取った人から紹介されたみたい

その一家の構成は子供一人と、その親、そして、半身不随で迷信とかかなり信じてるおじいちゃんの4人だった。

4人にしてはすこし広い家だったんだけど。

まぁ、こんなもんかと、現地に到着したらさっそくお家しらべ。
一周して俺は特に何も感じなかったんだけど、先生はどうおもったかしらん

とりあえず、布団に挟まってた獣の毛とかをみせてもらったんだけど。
俺の知識的ではそれだけじゃあやっぱり何とも言えなかった

 

でも、先生的には、その動物の毛が毛ショウヒ?に似たなにかだっていわれた。

まぁ、さっきも言ったように、妖怪は種類なんて存在してなくて実はみんな違うんだけど
でも、いちおうこんな感じのものかなぁ?みたいな経験則で、むりやり色々分けてるみたい

そんでその毛ショウヒってのは昔の風俗。遊郭だっけ?によく出てくるやつで
子供が「へんなもの」といったやつは一応ヒト型という話もあったから
先生はその線で進めることにした

 

idかわるから出来ればトリップ付けて

 

それで、その毛が誰の布団によく出るとかそういうのはないのか?って聞いたら。
どうやら、おかあさんの布団からよく出てくるらしい。
あ、ちなみに布団にどんな感じについているかというと
猫とか犬とかがソファ荒らした後、毛がたくさんついているって感じかな

でもその妖怪って風俗に多いんですよね?って先生に小声で聞いたら
先生「依頼主のそこら辺はあんまり詮索するな」
っていわれた

その家が悪いのかどうかわかんないんだけど
その時点で、もしかしたら、って考えが浮かんだ

とりあえず、こういう系の妖怪は駆除するのは簡単だけど
すぐに戻ってくるという厄介な奴だから

まずは、駆除→そんでそれから戻ってこないようにするための措置
ってだんどりになった。

まずは家の四方に縄で囲んで、東南側をあけておく
理由きかれてもよくいえないんだけど、まぁそういうもんだと思ってくれ
そして専用のお香みたいなのをたくさんつけて、家をもくもくとさせる
一通りお香がたき終わったら、ロープに火をつけて、ゆっくりと燃えて一周するのを確認する

燃えきれば妖怪はでていったことになっているらしいんだけど。
その日は素直にでていってくれなかったらしい

 

なので、少々めんどくさいことになった。

妖怪と幽霊の違いは、妖怪のほうがあまりしつこくないっていうところなんだけど
しつこい場合は大抵何か理由があるから

そういう場合一番手っ取り早いのは家をひゃっはーすればいいらしいけど。
もちろん、その時はそれができなかったから
歌?みたいなのを歌うことにした

 

歌の歌詞は企業秘密だからいえないけど。
大体の意味合い的には
こんにちは!陰陽師のなになにのすじをうけついだ何代目なになにです!
昔きちんと天皇との契約のうんぬんを知っている
ナのある主なら名前教えてっちょ。
まぁ、おしえてくれないとしてもいいさ。でもここは人間の住むところだから、出ていってくれないかな?
もちろんタダでとはいわないから、なんかあげるよ。
おねがいしますよ、おねがいします的な奴だ

 

この歌を歌うのは決まって夜っていう規則があるんだけど。
それも理由はよくわからない。というか多分先生もその歌の意味を完全に把握してないと思う。

歌い始めてからすこしして、俺的には耳鳴り?みたいなのがして
屋根裏のほうから軽くとんとんって声がした気もした。
そんで歌っていうか詩ていうか、それが中盤のあたりに、なって
俺は部屋の電気全部消して、蝋燭を部屋の東側につけた。
先生が歌ってたんだけど、そのろうそくが消えるまで歌った。
消えるっていうのは蝋燭の火が最後まで燃えて消えるって意味じゃなくて
なんか急に消えるっていう意味でねw

 

あ、忘れてたんだけど、その間一家はどっか別なところに泊ってもらった

蝋燭が消えると、先生も歌うのをやめた。
辺りはシーンとなるんだけど、なんていうかな。生き物みないなものの息遣いがひとつ増えた気がした。
そして、そこで俺の仕事が来た。
●貞であった俺の

 

簡単に言うと●ナニーした。
そんで、精子を特製の紙に包んで。それを燃やさないように気をつけつつ
火でまぶりながら、外まで持って行った。
その間、先生は家の周りにまた縄で囲い玄関のほうだけ開けておいた

そして、俺が出ると、その縄を完全に玄関も囲むようにして、縄を占めて
「締め切った」
という。

俺はそこで●ナニーしたやつを燃やした。

 

さらに、夜風にさらされながら、そこでもう一発抜いた。
まぁ、普通2回くらいなら、なんとかなるんだけど
その時は結構俺はへとへとになった。

短いけど妖怪駆除は大体こんな感じかな。
いくつか過程かくさせてもらったけどすまそ。

あの家だけど、妻浮気してたんじゃないかなぁとか
帰りに先生と話した。

 

割と安全だったヤマで、お駄賃もそんなすごくなかった一件。
でも、●ナニーしたのがかなりいまだに印象に残ってる。

あの時、俺のやつひそかに●ゃぶってたのかなぁとか思いながら
今でもたまにあの妖怪で抜く。

 

妖怪退治の仕事シリーズ

1 太平洋側の島の話

2 うちのじいちゃんの小さい頃の話

3 止められていた

4 相談者の姉 – 先生との出会い

5 先生とマレーシアに行った

6 初めての一人仕事

7 倀

8 先生の話 その1

9 先生の話 その2

10 鬼隠し

11 先生の話 その3

12 初めて先生と仕事した時の話

13 先生の話 その4

14 スクエア

15 禁山

16 先生の話 その5

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
シリーズ物 中編 妖怪退治の仕事シリーズ 長編
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました