スポンサーリンク

『乗り換え』霊感主婦シリーズ|洒落怖名作まとめ

スポンサーリンク
『乗り換え』霊感主婦シリーズ|洒落怖名作まとめ 短編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

乗り換え

 

彼女は何故か子供の霊に憑かれやすい人で、今までも何度かそういう事があった。
そんな訳で、家にそういうものが入れないようにお札を貼ったりしている。
だから家の中は安心と思っていたそうだ。

ある日、彼女から電話。背後からは子供の声。
「やられた。夢の中から入って来やがった。まったくー・・・」とため息。
彼女曰く、夢の中で知らない場所に立っており、傍らにいたこれまた知らない
子供に「捕まえた・・・」と、手を握られたらしい。
そのまま目を覚ますが、耳鳴りが酷く、身動きできず。
その子は家の中を走り回ってる・・・と。
「私、感じるだけで見えないんだけど、その子の足だけ見えた。」と。
彼女の家には彼女の実子がいる。
何よりその子に危害が及ぶのだけは嫌だということで、お払いを検討したそうだ。
(よく、寂しがって連れて行かれるとか言いますよね)
「まあ、子供は成仏して欲しいからお寺行ってみるわ。」と。

だがその前にいなくなったらしい。
「遊びに来た夫婦(小梨)についてっちゃった。生まれるところ探してるのかな。」と。
「お札があるってことは、出る事も不可能なんじゃ・・・」と聞くと、
「うん、それが玄関のお札、彼等が帰るときにぼと・・って落ちたの。釘で打ってあったのに。」
だから、何か目に見えない力がやっぱり働いたんだよと、彼女は平然としてた。
「そのうち、あの夫婦の間に生まれたいのかもね。だからどこかの神様か仏様が、ああしたんだよ」
だそうだ。

確実な予知夢を見たり、黒魔術に呪われたりと彼女の人生はなかなかオカルトだが、
今は幸せな主婦として安穏と暮らしてる。
そんな人から、たまに背筋が寒くなるような話を聞くのが一番怖い。
見るからに無縁そうなのに、人は見かけによらない・・・と思う。

□ □ □

ちなみに本人は、
「最初から子供ほしがってる人のところへ行ってくれ」と言ってた。
もともと世話焼きタイプで子供好きそうに見えるから好かれるんだろうな、
生きてない子にまで・・・

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました