スポンサーリンク

『呪いの神木』『薄い壁』など短編 – 全5話|洒落怖名作まとめ【短編集】

スポンサーリンク
『呪いの神木』『薄い壁』など短編 - 全5話|洒落怖名作まとめ【短編集】 短編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒い毛糸塊

 

私の実家は東北地方の小さい村にあります。
家は田舎ならではというか結構大きく、敷地内には倉まであって、今思えばかなり裕福な家庭だったのかもしれません。

その倉なんですが、小学生の頃よく親に隠れて中で友達と遊んでたりしました。

ある日、2人で中の骨董品をいじっていた時に変な物を見つけてしまったのです。
大きさは大人のコブシぐらいで、黒い毛糸が絡まったボールのような物で、何であるかはよく分かりませんでした。

汚らしく、興味も無い私はソレを元の場所に戻そうとした時、友達の一人が何故か興味を示したみたいで、ソレを私から取り上げ、投げて遊びだしたのです。

その瞬間世界が暗転しました。

気がつけば、私は病院のベッドで寝ていました。

後日、親に状況を聞くと、どうやら友達2人と川遊びをしていて流されて溺れたみたいで、一緒に居た友達の一人は亡くなっていたみたいです。
その時は、さっき見ていたのは夢だと思っていました。

退院して、親に付き添われて亡くなった友達の家に行った時、仏壇を見て驚きました。

お供え物の横に一つだけ明らかに異様な物がありました。
それは夢で見たあの黒い毛糸の塊で、友達の両親いわく、亡くなった時にポケットに大事そうにしまっていたそうです。

私は急に怖くなって親の顔を見ると、何故か親の顔も険しくなっていました。

帰路につく途中、親が突然、私に問いただして来ます。
倉の中の物に触ってないか、とか色々と聞いてきました。
私は正直に夢で倉で遊んでいた事を話しました。
親は険しそうな顔をしていましたが、その場はそれ以上何も聞いてきませんでした。

それから20年近くたった最近になって、あれは何だったのかを聞いてみた所、昔、この地方は水害が酷く、それを治める為に人柱を使って増水を治めるという事をしていたみたいで、その時、犠牲になった人の毛髪を使ってお守りを作っていたらしいです。
それがあの毛糸塊だったそうです。

今思えば、あの夢も夢じゃなかったような気もします。

 

 

足音

 

これは私が中学校2年の時、家族で大阪に旅行に行った時の話です。

大阪の観光地を周り、その日泊まるホテルに行きました。 とてもキレイで、雰囲気の良いホテルでした。

私は姉と2人で1つの部屋に泊まることになりました。

食事も済ませ、部屋で姉と遊んでいたら夜の2時近くになっていました。
明日も朝が早いとゆう事で、寝ることにしました。 それぞれベッドに横になりました。

しばらくすると、

タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッドン!!
タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッドン!!

と、部屋のドアの向こうの廊下を、子供の走り回ってはドアにぶつかるような音が聞こえてきました。

タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッドン!!

なかなか鳴り止まず、私は姉に、
『ねぇ、うるさくない?』
と言いました。
しかし姉は、

『はぁ? 何が?』

……姉にはこの子供の走り回る音が聞こえてなかったのです。

私は昔から霊感が強く、たびたび心霊現象にあうことがありました。

……まさか、霊?

確かによく考えてみると、今は夜中の2時だし、子供が廊下を走り回ってるハズがない。

タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッドン!!
走り回ってはドアにぶつかるような音。
私は怖くなり、布団を頭からかぶり耳をふさぎました。 しかし、耳をふさいだにも関わらず、音は聞こえなくなりません。

私は勇気を振り絞ってドアを開けてみることにしました。 何かの勘違いかもしれない。
ドアノブをゆっくり回し、そっとドアを開けてみました。
するとそこには、薄暗い廊下にへそのあたりからの上半身がない子供(5歳ぐらい?)が立っていました。

急いでドアを閉め、布団をかぶり、MDウォークマンの音量を最大にして流しました。

それでも聞こえてくる足音。

その日は結局、恐怖のあまりに明け方まで寝れませんでした。

次の日、隣の部屋で寝ていた両親に聞いてみましたが、静かな夜だったそうです。

あの上半身がない子供はなんだったんだろう。
あれから夜、自分の部屋を出るときドアを開けるのが怖くなりました。

ちなみに、そのホテルは某巨大テーマパークの近くです。

 

 

香水の女

 

10年以上前の話だが未だに忘れられん。

学生で金の無かった俺は、居酒屋の2階を格安で借りて住んでいた。
ほぼ新築に近い感じで、当時流行りのロフトもついてて結構気に入っていたんだが…。

11月半ば深夜2時頃、ロフトで布団に寝っころがって漫画読んでたら、外の鉄の階段で

カン…カン…

って誰かがゆっくり上がってくる音がする。

もちろん2階には俺1人。
下の居酒屋は23時には閉まってるし、そんな時間に来るような友人もいない。

誰だ? っと思った瞬間金縛り。
寝てもいないのに金縛りにあったのはこれが最初で最後だったな。しかも目開いてる。

ロフトの電気は点いてるし、そういうのは結構慣れてるから、来るなら来いやー! ぐれーに思ってたら、なんか急に香水の甘ったるい匂いがしてきた。

んで、いつの間にか俺の頭の右横にスリムジーンズに赤い七分丈のニット着た女が正座してる…。

なぜか顔だけがぼやけていて見えない。
髪は肩ぐらいで真っ黒だったな。

さすがにヤベーと思い必死で体動かして金縛り解こうとしたら、なんとパフ?(女の子が化粧に使うあのスポンジみてーの)で俺の顔とか首とか、すげー勢いで撫で始めたんだよ…。

もう怖くて、絶叫したら金縛り解けて女も消えた。
冬なのに汗ぐっしょり。
ロフトから降りたら部屋全体が香水臭くてマジに背筋が凍った。
速攻アパート出て、その日はファミレスで一晩過ごしました。

結局あの女は何をしたかったのか未だ分からん。

 

 

呪いの神木

 

石狩川の支流、夕張川。
この中流に位置する栗山の町には、かつて呪いの神木がありました。

国道沿いの坂道に聳える樹齢300年ほどの春楡の大木。
この木は交通の妨げになる位置にありながら伐られない。
この木には伐ったら祟る呪いの樹であったのです。

明治の頃、この近くにあったタコ部屋で酷使された挙句、のたれ死にした労働者の遺体を根元に埋めたためとも、そのタコ部屋の炊事婦が輪姦され、それを苦にしてこの樹で首を吊ったからとも言われています。

大正時代に道路拡張のためこの樹を伐ろうと鋸を入れたところが、女がすすり泣くように樹が呻き、鋸が折れてしまった。
斧で伐りつけると柄が折れ、樵の腰に刺さって惨死。
ロープをかけて引き倒そうとすれば、ロープが切れて馬が死ぬ。
結局樹を伐ることは無理ということで、そのままで放置されていたのです。

昭和29年の台風で樹は上半分を折られましたが、それでも怪異な姿を道路際に晒しておりました。
しかし昭和40年代にまたしても道路拡張計画が浮上、泣く樹の伐採問題で町は大揺れに揺れました。

その時ある不良作業員が、歪んだ正義感か単なる功名心か分かりませんが、酔った勢いでチェンソーを持ち出し泣く樹に伐りつけたのであります。
呪いの神木も文明の利器には敵わず、数分で切倒されました。
その後、当然ながら作業員の家庭には不幸が続いて一家離散、完成した道路は交通事故が多発。
女性の幽霊を見た、との噂も絶えません。

たまりかねた町では慰霊碑を立て、そばにあった楡の若木を「二代目」として植え、供養したところがようやく事故は減ったとのことです。

めでたしめでたし

 

 

薄い壁

 

学校の先輩から聞いた話です。

ある日の午後、女の子が彼氏のアパート行きました。
ベッドに座って話をしていると、壁越しに隣室の物音が聞こえてきます。

「ここ、壁薄いんじゃない? スゴイ聞こえるよ」
「昨日まで空き部屋だったんだけどなぁ。今朝引っ越してきたらしいんだよ」

荷物を整理しているのか、何やらドタバタと騒々しい。

「何やってんのかなあ」

彼氏は耳を壁につけて様子をうかがいました。

ウィーン……壁越しにひときわ甲高い音が伝わってきたその瞬間、ボンッとかなり大きな音がしました……ウィンウィン。
彼氏の手が急に激しく震えたかと思うと、ビックリしたような表情のまま私に倒れ込んできました。
体が、硬直したままブルブルと震えています。

驚いて見ると、倒れている彼氏の後頭部に穿たれた穴から血と灰白色の液体が溢れ出していました……。

隣室の住民が棚を付けようと壁にドリルで穴を開けたところ、薄い壁を一瞬で貫通したドリルの刃が彼氏の後頭部に突き刺さったのです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました