スポンサーリンク

『異形のモノ』|やってくる系シリーズ【8】洒落怖名作まとめ

スポンサーリンク
『異形のモノ』|やってくる系シリーズ【8】洒落怖名作まとめ やってくる系シリーズ
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

異形のモノ|やってくる系シリーズ

 

中学の時に体験した奇妙なこと。今実家でニートしてて思い出したので書けるかな?

夏休みのある日、深夜徘徊にはまっていた。
というより、田舎過ぎてウロウロするしかやることなかったんだがな。

その日は、いつもの5人で集まってダベっていた。

「なーんか、暇だよなぁ」となって、誰からか「たき火しようぜ!」という流れになり。
山の畑へ行くことになった。今思うと山火事でもしたら大変だな。アホなガキだったわ。

 

自転車で真っ暗な農道へ入っていく、街灯もなくてかなり雰囲気ある農道を
自転車のダイナモの明かりを頼りに進んでいく5人

そのときは、火を扱えるというテンションと5人でヤンチャな年頃ということもあって恐怖を感じす真っ暗な道を進んでいった。

と言っても5分ほど農道を行くと目的の畑へついた。

自転車を止めると真っ暗な山から、変な音が聞こえてくることに気がついた。

人がうめいてるような、はたまた聞き方によっては無機質にも聞こえる声(?)
「・・・・・ンッフー!・・・・ンッアー!!・・ッカー!!」

やばい!なにかいる!とめちゃくちゃビビりながら
パッと声のする方を見ると、山の斜面にうっすらと白い影?がぼんやりと見える
形は、っぱと見ただけで異様と感じるその異形なナニカ
人の形なんだけど、頭がなくて本来頭のところが盛り上がってる感じ?でも顔は何故か認識できたのよ。
だって、なぜかめちゃくちゃ笑顔で怒ってるのが伝わってきたから。
そんで下半身は異様に細くて、ちょこちょこと小走りで山からこっちに向かって走ってくるのよ。

 

もうね。先頭の俺は必死に「あqwせdrftgyふじこl」なって
とにかく後ろの奴らに「逃げろ!」と叫んで自転車を猛ダッシュしましたよ。
みんな俺のヤバい雰囲気に気がついたし、後ろのやつも確かにナニカをみてるわけで
自転車を転けないように逃げる体制にして猛ダッシュだったわけよ。

幹線道路に出てコンビニまで一目散に逃げて、やばいのがいた!って友達と喋った。

そのあと、怖い話だと奴が出てきたり~とかあるんだろうけど。

実際には、なにもないもので。その後みんなでビビりながら家に帰った。
一旦あれはなんだったんだ?

 

んで、ここからが奇妙な体験
後日学校でその話を一緒にいた奴に持ち出すと。「怖かったよなー!」と一緒にナニカをみたやつと語っていた。
一緒にいた奴らと話すと、同じような感想。

ただ、みんなで確認すると5人全員の名前が出てこない。4人まではみんな出てくるんだけど。
あと一人名前が出て来なかった。もちろん自分を数え忘れてたってあほなことはなく。

みんながみんな5人居たと認識していて4人までしか名前が出て来なかった。
俺の感覚からしたら、その一人は確かに小学校から遊んでたし、存在がぼんやりあるんだけど
誰だったかは思い出せない。

今年24になって、その存在は記憶から薄くなっていくばかりだ。

 

やってくる シリーズ

1 マテヨー

2 やってくる

3 オキテタラヤル

4 邪視

5 新聞配達

6 白ずくめの人

7 紛れるモノ

8 異形のモノ

9 ゆっくりやってくる

10 掘る男

11 悲鳴

12 近づくモノ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました