スポンサーリンク

『嫁のメシがまずい』|洒落怖名作まとめ【長編】

スポンサーリンク
『嫁のメシがまずい』|洒落怖名作まとめ【長編】 長編
スポンサーリンク
スポンサーリンク

嫁のメシがまずい

 

結婚して50日。嫁の飯がまずいと結婚してようやく気付いた。
袋入りでソースが粉の焼きそばを、フライパンのふちいっぱいにたぷたぷに水を入れてこね回し、なんだかよく分からないぶよぶよで焦げ臭い塊に、パセリ(炭化)と白菜(生)セロリ(生)と鶏肉の切れ端(生)が混ざったものにしたのを出されてようやく、「駄目だ」と本格的に気付いた。

食欲がないと言って残したら、次の日の弁当に無理矢理割ったそれが入っていて、会社の同僚に見つかった。 泣きついた。
その夜は同僚の家にお邪魔した。同僚の奥さんはかなりのメシウマ。
同僚も奥さん本人も「上手くない。凝った料理は作れない」と言うが、基本の料理をきちんと作れて、家庭のお惣菜はなんでもこいの、昔のおかんという感じの人。

超うまいチキン南蛮と、自家製青じそドレッシングのかかった京菜と新玉ねぎのサラダと、新じゃがいものきんぴらと豆腐とあぶらげの味噌汁と、真っ白いごはんを食っていたら、泣けてきた。本当にどんどん泣けてきて、ついに号泣。

29の男がおんおんと声をあげて泣いた。同僚と奥さん唖然。俺も正直唖然。
どんどん食べな、とごはんを追加で炊いてもらって、ごはんを鍋で炊いているのに更に泣いた。
本当に、どれだけうまい飯が嬉しくて、まずい飯がどれだけ堪えるか知った。
ごはんを2合食って、泣きながら「嫁の飯がまずくて、どれだけ言って聞かせても逆ギレするだけ」と話した。

弁当箱の中に残していたやきそば的なものを見せて、泣いて話した。
奥さんは「私も他人のこと言えないよ?」と同情的だったが、それを見て絶句。やきそばだと言うと、「うーん…」と困り顔。
奥さんも仕事を持って忙しいが、「本当に基本のことなら、私で良ければ…」と料理を嫁に教えてくれると言ってくれた。
帰って嫁に「同僚のAの奥さんが料理を教えてくれるって。よかったら、教わってみないか?」と言ったら
嫁ガン切れ。「結婚したときのパーティのあと、Aさん送っていったときに見たわよあの人!!

あ ん な ブ ス に 教 わ れ る は ず な い じ ゃ な い ! !」

いろいろあって、今離婚協議中。あーあ…。 (

ものすごく長くなりそうだけど、書いていいなら…。 思い出すだけであのときの涙が蘇る。

ちょっときつい性格だとは思っていたし、自分が美人なことを知ってる性格だったけど そこがまた可愛いと思ってたんだ…。浅はかすぎた…。

あ、言っておくけど別に同僚の奥さんはブスじゃない。
特別美人でもないが、いつもは普通に可愛い人だ。
送っていったときは既に明け方で、化粧なしにパジャマに髪も何もしてなかったんだから、野暮ったく見えて当然だと…。

嫁もそれ言ったあとにバツの悪そうな顔をしたが、俺はもう何も言う気力もなく寝室に引っ込んでしまった。
次の朝起きて、朝食のときに、揚げ餃子とセロリの入った味噌汁が食卓にあって
「なあ、本当に教わってくれよ。俺も一緒に教わるよ。一緒に頑張ろう」と諭してみたが、無視。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました