スポンサーリンク

『先輩と死体』先輩シリーズ【怖い話】|洒落怖名作まとめ

スポンサーリンク
『先輩と死体』先輩シリーズ【怖い話】|洒落怖名作まとめ 先輩シリーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先輩と死体

 

『来い。早く来い。面白いから来い』
三年の春。
先輩から電話があった。
「なんなんですか。来いってどこに」
『工場。潰れた方の。すぐ来いよ』
それだけ言って切れた。
その頃、俺と先輩の距離は少し開いていた。
別に仲が悪くなったわけではないが、その頃先輩は、俺の理解の遥か外側にいたし、前年度の終わり頃、ヨーコさんとの一悶着があり、俺からすればなんとなく気まずかったのだ。
まあ、呼び出しを断る程でも無かったし、先輩の様子がおかしかったのもあって、俺は港近くの廃工場まで自転車を飛ばした。
夕暮れが街を染め、影が長く伸びる時間だった。
工場に着くと、奥から先輩の声がする。
「来たか。こっちだ。奥の資材積んである所」
建物に反響した声は、別人のモノのようにも思える。
埃の舞う工場の奥、資材置き場だった所に先輩はいた。
ピラミッドのように積まれた鉄材のてっぺんに腰かけている。
抜けた天井から夕日が差し込み、逆光になっている。
先輩の顔は良く見えない。
「先輩。面白いって何がですか」
油の匂いと海の匂い。
それから埃の匂いの中に俺達はいる。

□ □ □

「見えないか。あるだろ、そこに」
すぐそば、床に何か黒い塊がある。
じっと見ていると、塊の表面が動いた。
どこかで聞いた音がする。
ぶ、ぶぶ。
ぶぶぶぶ。
びびっ。ぶわぁん。
塊の表面をびっしり覆っていたのは、黒い羽虫だった。
蝿だ。
飛び立った数匹に釣られるように、そのまわりから次々と飛び出し始める。
嫌な予感がした。
「死体だ」
黒い塊はもう黒くない。
わーんわーんと蝿の羽音が耳につく。
目のあるべき場所は窪んだ穴があるだけ。
恐らく生前は薄く桃色だったろう皮膚は、白く、所々に青や緑の斑点が。
腐りかけた体のラインから、辛うじて、女性とわかった。
「見えただろ。どうだ」
俺は吐き気を堪えるのに精一杯だ。
「どう思う。どう見る。お前は」
吐き気を飲み込んで、先輩を睨む。
「これは冗談じゃ済みませんよ。警察に……連絡しなきゃ」
先輩は笑う。声をあげて。
「警察。警察ねぇ。これを。お前、悪戯だと思われるぜ」
悪戯?
何を言うんだ。
現にここに死体があるじゃないか。
俺はもう一度死体に目をやる。
さっきと変わらず、窪んだ穴がこちらを見ていた。

□ □ □

「警察が動くのは人間の事件だ。死んでいるのは、猫じゃないか」
はっとして先輩を見る。
相変わらず逆光でシルエットしか見えない。
再び、視線を下におろすと、そこに転がっているのは女の死体……ではなく、黒い猫の死体だった。
「お前にはどう見えた。男か、女か、大人か、子供か、綺麗な死体か、腐りかけた死体か」
また、吐き気がした。
「ここは別に霊場じゃない。だが、正気の境界線だ。お前にはどう見える。まだ人か。それとも猫か」
不思議な感覚だった。
猫を見ていると同時に、女の死体も見ている。
二つの存在が重なって、そこにあるような。
「一度でも人に見えただけで、お前は有望だ。さて、どう見えるのが正気で、どう見えるのが狂っているのか」
わからない。
目眩がする。
シルエットの先輩が高笑いをする。
「面白いだろう。お前は知らず知らずそこに立っている。選ぶなら今のうちだ。どちらに倒れるか」
先輩の声を背後に聞きながら走る。
工場を出て、自転車に跨がり、全力で走る。
先輩の狂ったような笑い声は、工場に反響して、まるで別人のモノに聞こえた。
夕暮れ、影は長く伸びて、夜がくれば闇に溶ける。
先輩に、夜が訪れ始めていた。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました