スポンサーリンク

【つきまとう女- 1】『つきまとう女』|名作シリーズまとめ

スポンサーリンク
【つきまとう女- 1】『つきまとう女』|名作シリーズまとめ つきまとう女
スポンサーリンク
スポンサーリンク

つきまとう女

899 ◆lWKWoo9iYU sage 2009/06/11(木) 10:34:08 ID:T70ctGeH0

 

二年前の夏。俺はバイクで北海道ツーリングに出かけた。
目的は北海道一周。日程は3日間。気ままな一人旅だ。
北海道は予想以上に何も無い。街から街まで100kmを越えるときもある。
その間、コンビニはおろか、自販機すらない。
気楽に長距離ツーリングを楽しもうと思って来たが最後。
本当に長距離ツーリングが好きな人間以外には苦痛でしかない。

俺の旅のコンセプトはなるべく金をかけないこと。
その為、旅館やホテルには一切泊まらず、旅をする。
道中での悩みはガソリンスタンドが街にしかないことだ。24時間営業なんて論外。
大概のガソリンスタンドは19:00には店を閉じる。
早いところだと17:00に閉めていたところも在った。
俺のバイクは燃費が悪く、満タンで160kmしか走らない。
日程は3日間。夜も走らないと間に合わない。
だが、俺は頭の悪いことにガソリン携行缶を装備していなかった。
更に4日後には会社が始まるギリギリの日程。
間に合うはずが無い。俺はその事に半周した時点で気付いたのだ。
俺は考えた。
一周を諦めて、道央を突っ切り、函館からフェリーに乗って陸路で帰るか。
それとも意地で爆走し、小樽まで帰還して一周をやりきるか。
悩んだ挙句、俺は一周することを決めた。
「諦めたら、そこで試合終了ですよ」
敬愛する安西先生がそう囁いたのだ。

二日目の夜。俺は走っていた。
北海道の夜は静かで暗い。東京の夜が昼間に感じられる程に静かで暗い。
辺りは木々が連なり、まるで俺に覆い被さる様にそびえている。
気を抜くと木々の中に飲み込まれてしまうような深遠を感じさせる。
途中、メーターを見るとガソリン警告灯が点灯していることに気付いた。
「今日はここまでだな」
そう思った俺は道の駅にバイクを止め、そこで夜を明かすことにした。
俺が止まった道の駅は仮設トイレが設置されている以外に何も無い。
覚悟はしていたが、なんとも寂しい限りだ。
辺りには民家どころか人一人居ない。小さな街灯だけが、俺と俺のバイクを照らしていた。
携帯していた食料を平らげ、俺はコンクリートの上で横になる。
月がやけにキレイだった。こんな月も東京では見ることが出来ない。
俺は北海道に来たことを少しだけ嬉しく思った。
相変わらず木々に囲まれた深遠の暗闇の中で俺は眼を瞑る。
眠りに落ちかけた時、静寂を破る車のエンジン音が聞こえた。
時刻は2:00。こんな深夜に走る人間が北海道にも居るのだな、と思い眼を開ける。
どんな車が深夜の北海道を走っているのか、興味を持った俺は道路沿いに顔を出した。
なんのことはない。ただのトラックだった。
俺は踵を返し、再び眠りにつこうとした。
そのとき妙なことに気付いた。仮設トイレのドアが開いている。

ここに来たとき、仮設トイレのドアが開いていた記憶はない。
いつ開いたのかは判らない。
少なからず俺が居る間、誰も来てないし、俺も使っていない。
トイレの中までは角度的に見えない。
ドアは小さく音をたてながら揺れている。
僅かに近づくと白い布のようなものが見える。
「誰かいるのか?」
俺はトイレの中を覗いた。
瞬間、俺の心臓が脱兎の様に跳ね上がり、全身の毛穴が一気に開放される。
女が首を吊っていた。
俺は腰を抜かした。24年生きていて、腰を抜かすなんて初体験だ。
いつから?なんで?どうして?
そんなことばかりが頭を巡る。
全身が震えていた。嫌な汗が這いずる様に全身から流れ出ていた。
とにかく警察に連絡しなくては。
そう思った俺はバイクに置いてあるケータイを取りに行った。
その瞬間、大きな衝撃音が鳴り響いた。
驚きのあまり俺はその場で転倒した。
振り返ると女がトイレの前に立って俺を見ている。
怯える俺から女は目を離すことなく、ゆっくりと右腕を上げると仮設トイレを殴りつけた。
女の力で殴ったとは思えないような大きい衝撃音が鳴り響く。
現実離れした光景に俺は泣きそうだった。

女の首にはロープが巻きついたままだった。
汚い白のワンピース。長いぼさぼさの髪。長い髪の間から気味の悪い眼光が見える。
どうみても普通の女じゃない。
女は無表情で俺を見ながら、仮設トイレを殴りつけ、衝撃音を鳴り響かせる。
周りには誰も居ない。
暗い殺風景な空間に腰を抜かす俺と仮設トイレを殴る女。
女は首を吊っていたはず。生きている?なんで?
そのうち、仮設トイレを殴りつけるスピードが上昇し、女が小声で喋りだした。
「見つけた。見つけた。見つけた。見つけた。見つけた。見つけた。見つけた。見つけた。見つけた。見つけた」
俺の血液は沸騰した。
「なんだ!?なんなんだ、おまえ!?」
俺は大声で怒鳴った。
「いたずらなのか!?こんな誰も居ないところで、こんな悪趣味なことすんじゃねぇよ!!!!」
女は手を止め、そのままゆっくりとうなだれると「どうして?」とつぶやいた。
俺の血液は更に沸騰した。
どうして?意味が判らん。聞きたいのはこっちだ。
「なに言ってんだ、この!!!ボケアマァ!!!さっさとどっか行けぇ!!!!」
女は顔を上げ俺を睨む。
「嫌だ」
女はそう言うと自分の左腕に噛みついた。
「嫌だ。嫌だ。嫌だ。一人は嫌だ。一人は嫌だ。一人は嫌だ。一人は嫌だ」
つぶやきながら女は自分の左腕に噛みつく。
血が吹き出ても噛みつくことを止めない。肉の切れる音がする。
女は泣いていた。泣きながら自分の腕を食いちぎっていた。
女の口は血で真っ赤に染まっていく。腕からは白い骨が見え始めていた。
俺の脳裏に逃げろという言葉が閃光のように走る。
こいつは手に負えない。精神異常者だ。変態だ。変質者だ。

俺はバイクに向かって全力で走った。
逃げなければ俺が食われる。そんな思いが全身を駆け抜けた。
メットを手に取り、後ろを見るとあの女がいない。
なぜ、居ない!?
その瞬間、俺の肩に何かが触れた。
あの女の血まみれの左手だった。
女はいつの間にか俺の真後ろにいた。
「置いてかないで…」
女がそう言うのと同時に、手に持ったメットを女の顔面に叩きつけた。
これ以上無い程の全力で俺は女を殴った。
女は口と鼻から血を噴出しながら後ろに仰け反る。
それでも女は俺の肩から手を離さない。
俺は何度もメットを女の顔に叩きつけた。俺は絶叫していた。
ようやく女が俺の肩から手を放し、後方に倒れる。
メットを女の顔面めがけて全力投球した後、バイクで俺は逃走した。
なんだ!?あれはなんなんだ!?
恐怖と不安を振り払うように俺はアクセルを捻った。

次の瞬間、俺は見覚えのないベッドの上で目が覚めた。
病院?何で病院なんかに?
そこは明らかに病院だった。何故、自分がここに居るのか、全く記憶がない。
俺は北海道の道の駅でキチガイの女から逃げている最中だった。
なのに、その先の記憶がない。
何故か俺は病院の中に居る。
怪我はしていない。事故を起したわけでもない。
俺は病室の外に飛び出ようとした。
ドアが開かない。外側から鍵がかけられている。
「誰か、誰かいませんか!?」
すると看護師と思わしき男が出てきた。
「どうなさいました?」
「いや、あの、ここはどこですか?俺は何でこんなところに居るんですか?」
看護師は溜息をつくと
「担当の先生との診断がそろそろ行われますので、詳しい話はそこで」
そう言ってどこかへ行ってしまった。
俺は頭が混乱した。
ここはなんだ?何故、病室に俺は閉じ込められている?
ふと、ベッドの脇に目をやるとノートが置いてあった。
ノートを手に取り、中を見るとそこには俺の文字がびっしりと書き連ねて在った。

(助けてくれ。あの女が。殺したのに。誰も俺を信じてくれない)

内容の意味はさっぱり判らないが、筆跡は間違いなく俺の字だった。

暫くノートに見入っているとドアの鍵が開く音がした。
振り向くと、さっきの看護師の男と警察官の姿をした男が入ってきた。
警察官が俺の手首に手錠を嵌める。
「ちょっと、何で手錠なんか!?」
警察官は黙って俺を殴りつけた。
倒れた俺を見下しながら警察官は「面倒をかけるな」とだけ言った。
二人の男に連れられ、俺は診察室と書かれた部屋に入れられる。
白衣を着た医者のような男が待ち構えていた。
二人の男は部屋から出て行き、俺と医者の二人きりになる。
「調子はどうかね?」
医者が問いかける。
「訳が判りません。何故、俺はこんなところに居るんですか?俺は北海道に居たはずです。
俺は家に帰りたいです。家に帰して下さい」
「君に帰るところなどない」
「え?」

「君は所持していたヘルメットで女性を撲殺し、警察に捕まった。
その後、心神喪失と診断され、この病院に隔離されることになった。
君は社会的に完全に抹殺されているし、帰る場所も全て処分された。君に帰るべき場所はない」
こいつは何を言っている?俺が女を殺した?
俺の脳裏にあのキチガイの女が浮かんだ。
あいつを殺したのか?俺が?だからここに居る?そんな馬鹿な。俺に警察に捕まった記憶はない。
だが、隔離病棟に居る。それは俺が精神異常者で、記憶があいまいなのも精神異常者だから?
いや、違う。俺は正常だ。俺は。俺は。俺は。俺は。俺は。俺は。
「混乱しているようだね?」
医者が不意に話しかける。
「当たり前じゃないですか」
「君はもう社会的に死んでいる。気分はどうかね?」
「なんだと?」
こいつ俺を挑発しているのか?俺が社会的に死んでいるだと?何のつもりだ。そんな事があってたまるか。
「俺は誰も殺してない。社会的にも死んでなんかない!!お前は嘘吐きだ!!!」
「いいや、君は殺した!だから君は彼女と永遠に死ぬんだ!!
永遠に彼女とともに死ね!!!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!」
「何を言ってるんだ、テメェはぁ!!!」
激高する俺と訳のわからない事を叫ぶ医者。現実離れした異様な空間だった。
その時、俺の首に生暖かいものが巻きついた。
赤い血みどろの左腕。
俺の背筋に電撃が走った。

「見つけた…」
あのキチガイ女だった。
俺は絶叫した。これ以上の声は出せない程に絶叫した。
俺には女が暗く陰湿な冷たい壁に囲まれた永遠の監獄のように感じられた。
医者が立ち上がり、俺の両肩を掴む。
「君は奈々子を殺したんだ!君には永遠に奈々子と一緒に死んでもらう!!!
もう私には無理なんだ!!この子は暗闇の中で死んだ!!!
この子の孤独を君が共有してくれ!!!!」

「嫌だぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」

その瞬間、目の前が緑色に染まった。
気が付くと俺は道路脇の草むらの中で倒れていた。
どこにも怪我はない。バイクも横倒しになっていたが、無事だ。
夢…?俺は夢を見ていたのか?
周りを見渡すと、あの道の駅が見える。仮設トイレは無い。
時刻は8:00。俺は何をしていたんだ。
不思議な体験だった。きっと俺は夢か幻に踊らされていたのだろう。
その後、俺は無事に北海道一周をやりきり、自宅へと回帰した。

実を言うと、その後も俺はその女に付きまとわれることになる。
また、それは後日、暇な時に書く。
結果的には今はもうその女は居ない。
ある霊能者のおかげで、その女の退治が出来たんだ。
俺はその霊能者の人が居なかったら狂って死んでいたかもしれない。

 

つきまとう女 シリーズ 一覧

カテゴリ一覧
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
つきまとう女
kaidanistをフォローする
怪談ストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました