『お願いだから戻ってきて』など短編5話 – ロミオメール体験談

短編5話 - ロミオメール体験談

 

スポンサーリンク

ロミオメール体験談【短編 – 傑作選】まとめ – 全5話

 

 

1

同棲していた彼氏からのロミオメール。
私は鳥が大好き。しかし彼氏が鳥嫌いなので飼うことはできなかった。
だから鳥萌えを補充するために花鳥園に行ったりスズメやムクドリに餌をやったりしていた。
鳥のかわいいキーホルダーやぬいぐるみも集めていたが、それすら彼は嫌がったので実家に保管している。
その日は友人と花鳥園に行く予定だった。毎回彼氏の都合で花鳥園に行く予定が潰れていたので、今回こそ!と意気込んでいた。

今回はやけにあっさり許可をくれた彼氏。少し不自然に思いながらも楽しみにしていた。
当日、出かけようとしたら財布が無い。通帳も無ければカードもない。涙目になって探すが見つからず。
犯人は彼氏だった。私の財布と通帳とカードを隠しやがった。「やっぱり私ちゃんをあんな畜生のところになんか行かせたくない」と涙目に。
私は激怒し、バッグを持って部屋を飛び出した。そのまま予定通り花鳥園へ。お金を友人に事情を話して立て替えてもらった。
そのあいだジャンジャン鳴る携帯が鬱陶しく、電源を切っておいた。

その後、私たちは揉めまくって別れた。同居も解消。私は実家に戻った。
彼氏の最後の捨てセリフが「今から焼き鳥でも買って祝勝会するわw」だった。(何に対して勝ったのか不明)
そして一週間もたたないうちにロミオメールがきた。

件名 なし
本文 あれくらいのことで別れるなんてあまりに短絡的すぎないか?
あの日私ちゃんが花鳥園へ行くのを止めたのは、
俺の両親に挨拶に行こうと思ったからだよ。
そんな思いに気づかずに友人と約束を取り付けてしまうなんてひどいと思わない?

無視した。

 

そして数日後に、実家の玄関に3羽の文鳥、1羽のオカメインコが置き去りにされてた。
その鳥籠に貼り付けられてたメモに、

これで機嫌を直して。
お願いだから戻ってきて。
結婚していっぱい赤ちゃんを作ろう。
名前は君が好きな鳥をもじって男の子なら韻湖、女の子なら鈴芽や葉都子なんてどう?

というマジキチな内容が書かれていたのでKに通報。彼は愛護動物遺棄罪で捕まると思いきや
不法投棄で捕まった。
ちなみに文鳥3羽は寿命で天国へ、オカメちゃんはまだ元気に生きている。

 

 

2

二十代で付き合ってた彼氏が、欲しがるので合鍵渡したらよく私のアパートに勝手に入り浸るようになり、
「合鍵は渡したけど事前連絡無く勝手に来るのはやめて」と言ったら何度か喧嘩になった

ある日夜勤明けで家に帰る途中、近所にある障害者を多く雇用してるパン屋さんから良い匂いがして、
店を覗いたら「ぶどうパン焼きたてですよ」と声を掛けられ思わず即買いした
パンの匂いを嗅ぎながらホクホクして帰ってきたら、また勝手に彼氏がいた
その日仕事休みで泊まってたらしい

で、私の持ってるパン見て「何それ」と言うから説明したら値段を訊かれ伝えたら、
スマホいじり始め、「見ろよ、同じようなパンが大手メーカーのならネットスーパーで50円安く売ってるよ
お前はその偽善と情弱と食欲の衝動に50円払ったんだよ、わかる?」
と言われた
「俺ぶどうパンは飯じゃないと思ってるから、何か作って」とも言われた

その場で激昂し、私の剣幕にビビった彼氏から合鍵を取り上げて「二度と顔見せるな」と荷物投げて追い出した
すぐ業者呼んで鍵変えて、着信拒否設定した
しばらくすると、知らないアドレスから、
「俺だけどさ、この前のあれ別に悪気ないし、怒ること?
そんなんじゃお前結婚出来ないよ?」
とメールが来たので、知らないアドレス誰それ怖いと消した
またしばらくすると、
「わかる?この前のあれ、プロポーズだから」と知らないアドレスからメール来たので、
やだ怖いこの前のあれって何いやらしい話?と消した

その後、部屋の玄関前にスーパーで売ってる仏壇用のみたいな百合の花束(特価300円のシール付き)があって「君みたいな百合で買いました」と書いた付箋紙があったので、
「どなたか仏様用のお花落とし物ですよ」とメモ紙貼って廊下の柵に立て掛けておいたら、
翌日無くなってた

 

元彼も誰だか奇特な寛容な女性と近々結婚するとか噂に聞いたので、
末永く平和な休息を味わって欲しい

元カレ乙とは言わないですが、「仕事の後に混雑した最寄り駅で待ち合わせは疲れるから俺が一足早い時は家上がらせて待たして欲しい、合鍵欲しい」と言われて渡したんです
合鍵渡されたら家主が不在の日でも事前許可なくても断りなく家に上がって、
気ままに家電使って冷蔵庫の物飲み食いして暮らして良い、と言うのが一般認識なら、鍵渡した私は若くて未熟でした
元カレ乙

3

今日、お見合いした。
私、20代後半。
相手の人は3つ年上で、割烹の板前さん。

紹介者の叔父と一緒に、某喫茶店で待ち合わせ。
叔父さんが帰ったあとしばらくお話したあと、彼の車で某有名水族館に行き、夕方に家まで送って頂きお別れした。

ついさっき彼から届いたメール。
別れた相手からってわけではないのですが、これもロミオかなと思って。

「今日はお疲れさま(片目ウインクの絵文字)」
今日はありがとう。とても楽しい(ヒヨコの絵文字)一日でした。
今、何をしていますか?
夕飯ですか?それともお風呂・・・?
おっと想像したら鼻血が止まらなくなりました(汗の絵文字)・・・な~んてね!(片目ウインク舌出し絵文字)
あなたとお別れしてからも、ずっとあなたのことが頭から離れないのは本当なんですよ?(サクランボの絵文字)
ぽっちりとした唇(絵文字)、さらりとした髪、華奢な腰つき、長い足(ハイヒールの絵文字)・・・
あなたの全部が愛おしく思えてしまって・・・。
許されるならいますぐにでも抱きしめたい(ハートが飛んでる絵文字)な、なんて。
あはは、ちょっとせっかち(走ってる人の絵文字)だったかな?
次はもっともっとあなたのことを知りたいですね・・・。僕のことも、じっくりたっぷり知ってもらいたいですし(笑顔の絵文字)。
また連絡しますね。次、会える日が今から楽しみ(サムアップ絵文字)です。
その前に・・・今夜の夢(zzzの絵文字)で会えるといいですね。いや、きっと会いましょう!
ではおやすみなさい!(手の平?パーの絵文字)

叔父に断りの連絡をしようと思います。

 

 

4

付き合ってたことを無かったことにしたいくらい、今思えば気持ち悪い人だった、
当日私17元彼37別れたのが20の時、付き合ったのは汚点です

当時は、携帯も全部監視されてて、別れることが中々できなかった、多分洗脳されてたのだと思う。男の顔は叩くな、
なのに、私の鼻の穴に指を入れようとする。何度やめてと言っても無理、
制服を破かれる、
スポーツ大会で作ったシャツも破かれる
その他モロモロで、このまま私は奴隷みたいに生きないといけないのかなと思い。
やっとのことで別れることが出き、
NSNも新しい名前で初めたとこバレた……

来るメールは、
(仮名です)
「ゆ○な?
ゆ○なだよね?
やっと見つけたよ。
もう一度なり直そう?
今度はちゃんといろんなとこ行こうね。」

「ゆ○な俺お前がいないと生きていけないよ。
仕事も見つけてきたんだよ?
(何度仕事をして欲しいと頼んでも、口出すんじゃねぇとこ不機嫌になる)」

「ゆ○なが行きたがってた。釣りに行こうよ!」
他にも来てたけど、読まずにNSNごと消した、
返事は一回もしなかったのに…

後で分かったのだけど、
別れて、携帯を新規契約し私と連絡が出来なくなって、私の友達に連絡してたこと、
「ゆ○なの彼氏だけど、喧嘩したら、連絡がとれなくなったんだ、
新しい携帯の番号を教えて。」
と、
友達は、「こんな電話あったよ?大丈夫?知らないって、知ってても教えること出来ないって言っといたからね」と電話で教えてくれた。
友達には、電話の事を謝罪して、着信拒否して貰った、
番号は私が寝ているときにでも盗み取ったんだと思う
。人のメールを勝手にみて、あんただれ?や、今彼氏いるから二度と連絡しないで、とメールをしていた事

来たメールも送信履歴も消すのでほんとならもっと勝手に連絡してたと思う。
勝手に留守電聴かれて。消されて、夜に怒鳴られたときは。怖かった…しかも、その留守電は消されていた、そしてその番号を着信拒否設定してあった、

 

別れてすぐに、復縁しないと首をくくるとロープをくくってる写真が送られてきたり
別れ話をすると、元893らしく人に頼んで、まわして貰うと首を絞められ脅されたり、
家に突っ込むと連絡がきたり、
怨みの遺書のコピーが送られてきたり、

その時に精神面をやられてしまいました
今は、だいぶ良くなりましたが通院中です、

付き合うきっかけは、親戚同士で、分骨されているお骨を一つにするためです、
17だった私は、お骨を返してほしい、お墓を一つにしたいから、頑張ってこいと頼まれ、断ることが出来ませんでした。

今考えれば相手側への生け贄だったんでしょうね、

 

今現在は、幸せな毎日を過ごしてます。

 

 

5

五年前に別れた元彼からのロミオメール。

〇〇ちゃんが僕と復縁したいという情報を風の噂で聞きました。
なにもかもが僕の予想通りです。
どんな苦難があろうとも、結局は僕の所に戻ってくるのはわかってたよ。
でも正直、まだ君の事は許せないよ。

母さんも君の事を僕の人生の最大の汚点だと思っているし、
君のせいで新たな彼女は僕に一銭も貢ぐことなく去っていった。

でもね、君に反省の気持ちがあるなら
それを確かめたい。
つきましては〇月〇日に僕の実家にて
テストと面接をとり行います。
午前九時には始めたいので遅刻はするなよ。

これが一通目。

5分後に二通目。

テストの内容は以下の通りです。

一、貯金テスト

二、胸部テスト

三、接触テスト

四、露出テスト

持ち物・・・通帳 印鑑 ロープ デジカメ 透明のレインコート
※ブラはしてこないでください。白いTシャツを着用すること。

 

五年前に付き合っていたが、性癖があまりにもキモかった為、別れた。
公衆電話に入れられ、「そこで胸出して立ってて」と、交際二日目で言われてドン引き。
即別れてしばらく音沙汰が無かったんですが・・・

 

【傑作選】ロミオメール体験談 一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ロミオメール
kaidanstをフォローする
リアルストーリーズ

コメント

error: Content is protected !!