スポンサーリンク

『模倣』|名作まとめ【巣くうものシリーズ】

『模倣』|名作まとめ【巣くうものシリーズ】洒落怖・怖い話・都市伝説 巣くうものシリーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
スポンサーリンク

『模倣』

 

去年の秋の話です。
H、コンパクトの件で懲りたのかと思ったら、懲りてない。
相変わらず『みえる』のを利用してちょいちょい稼いでるようで、
その奴の『小遣い稼ぎ』に関わる話。

いつもHはいらんことする、と奴の絡む話には常に不愉快
(でも他に“みえるひと”の知人がいないため縁切り困難)
のAが、文句より興味で根掘り葉掘り聞いてた、怖いよりは
珍しい(らしい)事例です。

コンパクトの件を投稿してから、何ヶ月かしたころ。
Hから連絡がきて、飲みに行くことになった。
んで呼び出された先が、変な場所だった。
少し距離のある市で、街外れに森っぽい林があって、その中。
おいおい、と思いつつ指示された通り砂利を敷いた道に入ったら、
何か寂れた石碑みたいなもんが奥にあった。
石碑の横で待ってたHに「おいこら」と言うと、奴は
「大丈夫、大丈夫。居るけど、しょぼい奴だから♪」
とかほざいて、カッカッカと笑った。

「そーか。んじゃ、とっとと出て飲みに行こうぜ」
と俺が言ったとこで、Hの携帯が鳴って奴が出た。
「はーい♪J(俺。以後、俺の略称はJとします)来たよ。あ、ここ」
Hが携帯を切り、砂利道を歩いてきたBに手を上げた。
「やっほー♪Jくーん」
手を上げ返しながら歩いてくるBの姿。手にはコンビニ袋。
「お疲れー。Bさん、コンビニ行くとき迷わなかった?」
「少しだけ。横道間違えちゃったみたいでした、ここ戻るときも」
答えたBが、コンビニ袋の中身――雑誌とかお茶ペットとかガムとか、
何か細々したものを、下げてたバッグに詰め替え始める。

その隙に俺がHを見ると、小声でコソコソ説明してくれた。
「頼まれごとで、話の段階じゃよくみえなくてさあ。最悪のケース想定して
Bさん呼んどいた。勇み足だったけどねー」
そう言や、会う日時と場所を指定したのはHだった。
何も知らない既婚女性のBを一対一で呼び出せる仲じゃないから、
俺を口実に使いやがったらしい(Cは嫌がったんだろう。怨霊塊憑男Iの
件以来、Bの話はしたくないっぽい様子だから)。

呆れた俺に構わず、Hは続けました。
「JとBさん、仲悪くはないんだよね?今日は一緒に飲みでオッケー?
一軒目でBさん帰して次行ってもいーよ。一軒目、俺おごるよ」
「や、B一緒で全然構わないし。3人でいんじゃね?」
で、そのまま飲む店の相談してたら、またHの携帯が鳴った。
携帯を見たHは、俺とBに向かって言った。
「悪い。ちょい待ってて。少しかかるかもしんないけど」
Bは「J君いるし、大丈夫~。お喋りしてます~」と能天気に答え、
Hは俺だけにこそっと、
「この辺、Bさんいたら寄っても来れない連中ばっかだからさあ。
全く心配しなくていーよ♪」
と言い、夕日の射し始めた木立の間に消えてった。

そいでBとダラダラ学生時代のこととか喋ってたら、ものの数分で、
「おい、J(俺)!!」ってHの声がした。
何か妙にあせった声だった。
「……?おう。何だ、早いじゃん」
「あー。ちょい、こっちきて!」
ややあって、道じゃなく横の林の中から現れたHは、頭に蜘蛛の巣を
引っ掛けて肩に葉っぱつけて、変に青ざめていた。
「………?H、何かあったのか」
俺が尋ね、Bも「Hさん~?」と不思議そうに聞いたが、
Hは答えもせずに凄まじい勢いで近づいてきた。
そして俺の腕をがっしり掴んで、結構な力で引っ張りつつ
「来いよ」と言った。
何か変だ、と思って、俺は何となく腕を引く力に抵抗して、
引っ張り合うようになったところへBが割って入るように
近寄って「Hさん、何したんですか?」と言った。

そしたら。ぶったまげたことに、凄い勢いで向き直ったHが
ぱっと俺を放したかと思うと、Bの胸倉を掴んで、ぶん殴った。
バキッと、グーで、女の顔面を。
悲鳴を上げて倒れるB。
俺は仰天して、動くことも出来ずにただHの形相を見ていた。

さらにBを引き起こして2発目を入れようとするHを、
やっと動いた俺が引き止めて手を放させた。
Bは、よろけながら立ち上がり、止める間もなく
「キャ―――――!助けて――――――――!」
みたいに叫びながら、林の中に走りこんで逃げだした。
慌てて追おうとした俺の肩を掴んだHを見て、表情に正直びびった。
これマジでHか?と思った俺の耳に、Aの声が刺さった。
『J君?Hさん?大丈夫――――――?』
「あ―――――――大丈夫!今、撃退したから!」
Hが張り詰めたような大声で返す。
「……ほい、J」
やっと少し表情の和らいだHは、携帯を俺の耳に突きつけた。
『J君?もう居ない?Bのニセモノ』
「……え?」
思わず聞き返した俺に、Aはざらっと説明してくれた。
……さっきまで俺と居て、Hを待ちながら俺と大学時代の話とかしてて、
Hに殴られて走って逃げたBは、Bじゃない、と。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました